CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月27日

今時の国内旅行ガイドブック、今日から沖縄四日間、現地ツァーのネット予約の不安

今朝の朝二番のフライトで沖縄へ行きます。
自宅を6時に出て、羽田発7:40、那覇到着10:35は、いつもの新幹線こだまで京都に行くよりも、早い時間に着きます。
沖縄は、現役の70年代から何度となく仕事関係の懇親旅行で行き、退職直後から、「終の棲家」探しで行っていて今回で10回目です。
今回の目的地は
1,慶良間諸島のホエールウオッチング
2,日本一早い桜開花の今帰仁城址の桜まつり
3,何度か行こうと思って果たせていない、斎場御嶽です。


rurubu.jpg勿論、個人自由旅行なので旅の計画する際に色々下調べをしなくてはなりません。
昔は、本屋さんでガイドブックを買い、旅行前の数か月、電車のなかで読んだり、お風呂に持ち込んでいく前まで数か月の間楽しんでいたのですが、現代はもっぱらネットと云う時代です。
しかし、カミサンはネット音痴の為、やはり従来通り、下調べ、予備知識で行く前から楽しむと云う意味で、毎回買っているのですが・・・
最近、国内旅行ガイドブックは様変わりしています。
今回買った、「るるぶ沖縄」を広げると、まるでネットのポータルサイトのようです。
昔は、沖縄の名所・史蹟、人気の場所の紹介と、行きかたなど詳しいページがあったのに、今はたったの一ページに大きな写真と短い紹介文だけです。

では、この厚く重たい、持ち運びに不便な旅行雑誌の中身はなにか?
全ページほとんどが、「るるぶ」発行元JTBと提携している、ショップ・レストラン・ツァー会社情報ばかりです。どこを捲っても、今注目のカフェ、人気のスィーツ、一度は食べたい沖縄料理の類で、細かい情報は全く有りません。

理由は何か、スマホとインターネットなんです。
旅行雑誌・地図の発行元「昭文社」が経営危機を報じられたのは昨年のことでした。
もう、大きな旅行雑誌を片手に、旅する若い女性の姿はありません。
確かに、ガラケーでは無理ですが、スマホが有れば旅先でも、確実に最新情報・行きたい場所、今自分がいる場所、時刻表まで手にはいるのですから。

今の旅行雑誌は、旅先に持っていってもらおうとは考えていません。
広告から本文か解らないようなページ構成で事前チェック用記事は全て、URLが書かれています。スマホが必須の今の若い旅行者は事前に、それを登録して旅にでます。
そして、雑誌には、旅先でお得なクーポンもついています。勿論、紙のクーポンではなく、QRコードクーポンです。

全てネットの予約で不安はないか?
今回の個人自由旅行用のホテル&エアーパックは大手「楽天トラベル」で購入しました。
ホテルは那覇市内の国際通りに近い、シティーホテル、ツイン20平米以上3泊と、エアーはフライト時間がチョイス出来るタイプのANAで、二人で66,000円と、かなりリーズナブルです。が・・・・
誰でもが、このホテル&エアーパックを上手に利用できるかと、と云うとそうではないです。
かなり、ネット・パソコンに通じていないと出来ません。
この楽天のパックが安いのには理由があり、完全ペーパーレスです。旅程はおろか、航空券のEーチケットさえ送ってきません。
Eーチケットは、ANAのページにログインして、自分がダウンロード・印刷です。
おまけに、登場する座席の指定を確定しないと、ダウンロードが完了しない仕組みです。
全ての手続き、案内はメールとネットなのですから、ネット・パソコンに不安のある方は止した方がよいでしょう。



そして、現地ツァーのネット予約の不安
ネット全盛時代ですから、今回のメインの一つ慶良間諸島のホエールウオッチングを扱う会社をネットで検索してみました。
ほとんどどの会社の同じような内容、料金ですから、google検索で一番上に表示された会社にしようと、先ずは問合せをしてみました。
当然メールなのですが、3日経っても返事が有りません。
このような天候に左右される「ホエールウオッチングツァー」の場合、頻繁に、確実に相手先と連絡がとれないと困ります。
3日経って返事がないので、再び雑誌るるぶを開くと、ホエールウオッチングツァーを扱う会社がありました。
ここには、メールアドレス、ホームページURLの他に、電話番号が固定と携帯が書かれており、実リアル店舗の住所が書かれていました。
最終的にこの会社にしました。

日本国内ならトラブルも少ないでしょうが、海外のマリンリゾートでは、ネットだけの会社はゴマンとあります。
くれぐれも選択は自己責任でご注意ください。
携帯番号・URL・メルアドは、何時でも自由に捨てることが出来ますが、固定電話番号とリアル店舗がある会社ならある程度信用できるでしょう。

では行ってきます。





posted by 西沢 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック