CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月06日

シニア70代女性3人により立ち上げたhtml手書きホームページ    「鎌倉の環境を愛する会」 

鎌倉市のNPO・市民活動を支援する私たち中間支援NPO団体「鎌倉市市民活動センター運営会議」の広報部では、市内の活動団体向けに、ホームページ講座を毎年9月より開講しています。
12年前から開講して、これまでに80団体ほどの、ホームぺ―ジの作成・立ち上げを支援してきました。スマートフォンの普及で、ブログ、フェースブック、ツィター、インスタなどによる情報発信手段が増えてきている昨今ですが、依然、パソコン/スマホ対応のホームページのニーズは増しています。

ホームページが必要な理由の一つが助成金申請です。
昔に比べて、各企業の社会貢献度は社会から注目され、ある一定の企業評価基準となっています。沢山の大手企業が、NPO・NGO或いは法人化された一般市民活動団体に対して、助成金をだしています。
このブログCANPANを提供している、「日本財団」はその最たる存在で、市民活動・公益活動する団体に対して多くの助成金を支給しています。

助成金申請には、当然ながら審査があります。
その団体活動が、継続可能な、本当に公益に叶う活動をしているのか?
助成金は本当に有効に使われるのか?
これまでの財務状況はどうなのか?
全て、書類審査にて行われています。

その中の重要な審査項目の一つが、その団体の活動は広く、公に、情報公開がされているか?です。つまり、21世紀現代において、何かしら方法、インターネット上で、誰でもが知ることが出来るか?が重要です。
ブログ・フェスブック・ツィターなど色々ありますが、最も評価が高いのが、webサイト・・つまりホームページです。
ホームページは元々、htmlと云うwebプログラミング言語、この世界では一番簡単な記述言語で成り立つていますが、もっと簡単に誰でもがホームページを造れるように、これまで色々なホームページ作成ソフトが世に出回ってきました。
一番有名なのが、「ホームページビルダー」であり、最近はもっと簡単、直観的に作成できる「Jimdo」とか「ワードプレス」とかが、htmlの知識のない方にとって人気となっていますが、実際にはそう簡単ではなく、あくまでもソフト側で提供する「テンプレート」が基本ですし、ソフト自体が有料であったり、公開するネットサーバーに制限があったりし、無料に拘ると小さいながらコマーシャルが入ります。
総じて全くwebページ知識がない方には、ハードルが高く、自作するにしても、何かしらのサポートが必要になります。

鎌倉市市民活動センターの講座は、受講料3時間1,500円×12回分はいただきますが、ソフトなどを使わずに、一般的なパソコン内に入っているもの(メモ帳)だけで、「テンプレート」に頼らない、自分たちの思うままデザイン・色構成で、世間に通用するレベルのホームぺージが出来上がります。

昨年、9月この講座に3人の70代の女性が参加しました。
「鎌倉の環境を愛する会」と云う、鎌倉のゴミ問題・環境問題を市民レベルで見つめ、一般市民に情報発信する団体のメンバーです。
この講座の説明会に来ていただく時に、参加される方のパソコンスキル・基礎体力を拝見するためにパソコン持参で来ていただきました。
幾らhtml言語が簡単で、小学高学年の子供でも出来ると云え、最低限のパソコン基礎がないと困ります。
事前にチェックさせていただいたのは、パソコンの基礎体力です。
1,メモ帳を開けて、簡単な文章を造り、デスクトップに保存すること。
2,デスクトップに新しいフォルダーを造ること。
3,そのフォルダーの名前をローマ字小文字で変更すること。
4,そのフォルダーをコピーして、ドキュメントにペーストすること。
5,自分のデジカメから、写真1枚を取り出し、そのフォルダーに保存する事。


これらが、html手書きでホームページを造るのに、最低限のパソコン基礎体力なのです。
しかし・・・
私より二つ年上の彼女は、こちらからのサポートなしでは出来ませんでした。
これは、困った・・ちょつと無理かなと思案しました。
すると、その参加希望女性は、
・私たちは3人で参加します。
・後の二人は私よりづっとパソコンが出来ます。
・私たちの団体の会議で、ホームページが絶対必要と決議され、私が代表で参加しました。
・私たちは何よりも、市民に対して情報を伝えると云う義務感があるので、絶対にやり遂げます。


解りました。
市民活動団体が自分たちのホームページを立ち上げるのに必要なのは、パソコンスキルよりも、会をあげて社会に自分たちの活動を知ってもらいたい、と云う意欲がもっとも大事ですから、ご協力致します。と、ご返事致しました。

講座はこの「鎌倉の環境を愛する会」の三名だけに限定して9月からスタートしました。
9月〜12月の4か月、講座一コマ3時間×月3回合計36時間、2018年12月31日、完成UPしました。
https://kamaeco.sakura.ne.jp

鎌倉市市民活動センター運営会議広報部のweb講座は、全くweb言語htmlの知識のない方には、9月〜12月は基礎講座として教え、翌年の1月〜3月で実践講座とて、現代のホームページには必須のデザインの為のスタイルシートを教えるのですが、今回に限って、大枠ページデザイン・メニューのみは私がサポートし、他は全て、鎌倉の環境を愛する会」の三名のシニア女性のみで立ち上げました。

70代半ばの女性だって(失礼・・)意欲さえあれば、出来ることを、今回証明してくれました。
どうぞ、日本財団のブログをご覧の方、見てあげて下さい。
鎌倉市市民活動センター運営会議広報部は、湘南・横浜・逗子で活動する市民活動団体のホームページ立ち上げを、今年も支援致します。
posted by 西沢 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック