CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月06日

18才と81才の違い、老人クラブのような雰囲気が漂よう自虐的な投稿記事

私が管理人を務める定年後の過ごし方・ロングステイ・みんなの伝言/掲示版
http://wwweb.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi
は、一日2,000人のVisitがある、定年後シニア、団塊世代が中心の投稿サイトです。

81.jpg最近、私を含めサイトの常連の団塊世代の方々は、古稀を迎え、来年は干支の猪で72才になり、海外ロングステイなどの過去に盛り上がった情報は少しづづ、静かに、確実に減っていき、最近は老人クラブのような雰囲気が漂った自虐的な話題が増えてきています。
今回の18才と81才の違い・・・ですか。
ネットでみると、日曜日の「笑点」のお題となって盛り上がったようです。
団塊世代はまだまだ先の話と誰かが書いてくれると良いのですが、妙にこの投稿
内容に共感しているじぶんがいます。

・人生につまずくのが18歳、
 小石につまずくのが81歳

・心がもろいのが18歳、
 骨がもろいのが81歳

・恋におぼれるのが18歳、
 風呂でおぼれるのが81歳

・道路を暴走するのが18歳、
 道路を逆走するのが81歳

・知らないことが多いのが18歳、
 忘れたことが多いのが81歳

・東京オリンピックに出たいと思うのが18歳
 東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳

・偏差値が気になるのが18歳、
 血糖値が気になるのが81歳

・受験戦争を戦っているのが18歳、
  アメリカと戦ったのが81歳

・まだ何も知らないのが18歳、
 もう何も覚えていないのが81歳

・「嵐」というと松本潤を思い出すのが18歳、
 鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳

・自分探しの旅をしているのが18歳、
 出かけたままわからなくなって、皆が探しているのが81歳

まだまだありそうですね。
posted by 西沢 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック