CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月03日

退職後のスポーツ 二か月ぶりのバドミントン、二時間はキツイ

昨日午後から二か月ぶりのスポーツで体育館へ行ってきました。
月四回、毎週火曜日午後のバドミントンクラブです。

今年の八月、九月の暑さで二ケ月全休してました
10月第一週は3か月分の会費の徴収(一か月800円×3か月分2,400円)もあるので、3時からの練習に行くと20名が来ており、「お久しぶり」「何処かへ出かけていました?」
と声を掛けられました。皆さん、8月、9月のこの暑さ、TVの気象情報で屋内スポーツ危険と出でいたのにやっていたようです。
バドミントンは空調のない室内体育館を閉め切ってやるので夏向きのスポーツではないのです。

bado.jpg退職直後、何かスポーツをしなくてはと、硬式テニスとバドミントンを始めました。
バドミントンのメンバーは15年前は、50〜60代の女性中心で12名程度で、市の体育館の利用登録団体10名ぎりぎりで娯楽程度のバドミントン同好会でしたが、初心者の私にちょうど良いレベルでした。
やがて、メンバーが齢とってやめていき、登録団体としての10名を切るようになりました、代表の反対を押し切ってホームページを造りUPしました。

効果はてき面、退職リタイヤした男性が来るようなるのは、想定どおり、想定外だったは30代から40代の若いママさんで、高校時代バドミントンをやっていた世代です。
子育てが一段落して近くで手軽にバドミントンが出来るところを、ネットで探すようになったのです。特にこの世代を意識していなかったのですが、スマホ用に、簡単・簡潔に作ったのが、彼女らに好評だつたようです。

メンバーは30人を超すようになり新規会員募集を停止し、世代はどんどんとと若返り、私は古いメンバーの上から3番目となってきています。
もう、昔のおばさん相手と違って簡単に勝てなくなってきていますし、ネット際へのドロップショットは、足がもつれてもう捕れません。
2時間身体が持たなくなってきていますし、試合にも勝てなくなってきています。
そろそろ、もっと簡単なゲームスポーツに転換する時期かもしれないと感じててきています。

そしたら、今日「太極拳」を薦められました。
まだ、太極拳ははやい
もっとアクティブな勝ち負けのあるスポーツがしたい。
posted by 西沢 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック