CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年09月14日

退職シニア夫婦の旅は二泊三日の一都市滞在二連泊をお薦めします

団塊世代シニア、定年退職世代の集まる情報掲示板に二回目の定年を迎えるご主人を持つ女性の方から以下のようなような書き込みがありました。

夫が2年ぐらい前から白川郷に行きたいと言っています。
来年2回めの定年なので、できたら実現したいです。
東京からだとどのように行くのが良いでしょうか。


掲示板のURLは http://wwweb.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi

この書き込みにたいして色々な方がコメントしています。
この掲示板は全国の同じ世代のかたがご覧になり、交流しておりアクセスは3000/dayほどで、
首都圏よりも若干、東海地方にお住まいの方が多いようで、地元なりのアドバイスしております。

往路は、凡そ次のようなルートが考えられます。
1 東京(新幹線)名古屋(高速バス)白川郷
2 東京(新幹線)名古屋(高速バスorJR)高山(高速バス)白川郷
3 東京(高速バス)高山(高速バス)白川郷
復路は、往路を戻るルートの他に凡そ次のようなルートが考えられます。
1 白川郷(高速バス)富山(新幹線)東京
2 白川郷(高速バス)金沢(新幹線)東京

以降は省略 掲示板をご覧ください。


どうやら東海地方にお住まいの方にとって、白川郷は日帰り、或いは金沢を含めても一泊二日感覚なのでしょう。解ります。

しかし、私は65才を過ぎたシニアご夫婦には少しゆとりある日程の旅をお勧めします。
勿論、団体パック旅行ではなく、夫婦二人単位の旅行の形態のお話です。
sirakawago.jpg
1,一泊二日の旅は、出発からその日の宿まで、小型なりに荷物・バッグを持って歩かなくてはなりません。例えば、東京・名古屋経由で白川郷観光から金沢泊まり場合、づっと荷物を持つか、観光の都度コインロッカーを探すことになります。
旅の二日目、帰京する時間帯にもよりますが、朝はもう帰る支度、心の準備が必要になり、ゆっくり、リラックスした旅にはなりません。

2,一日目あるいは二日目が雨だったりすると、観光予定が大幅に違ってきますが、二泊三日なら、三日間雨が降り続ける可能性は低く、或るていど予定は取り戻せます。

3,泊まる所は、温泉旅館や豪華なリゾートホテルである必要はなく、シティーホテルクラスで十分です。食事付プランは避けて下さい。一般的なシティー・上ランクビジネスホテルの朝食は結構高く、二人で3〜4000円ほどです。二人で朝早く起きて、町を散歩すれば、特に関西圏でしたら早い時間から、喫茶店やイートインパン屋さんが空いています。

4,高速バスより列車での移動を。観光バスより路線バスを。
別に急ぐ旅ではないのですから、夫婦二人で見知らぬ町を、暮らすように歩くには、普通の交通手段が一番です。

旅行のスタイルについて、それまでの旅の経験や、暮らし方、目的によつて十人十色どころか千人千色です。
お二人で色々な場所へ、色々な旅の形態をお試し下さい。
posted by 西沢 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック