CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月28日

定年退職予備軍に向けた情報の氾濫 定年までに捨てるもの

月曜日の朝刊に必ず広告として掲載されているものに一つとして、「週刊現代」と「週刊ポスト」の今週発売の週刊誌のキャッチコピーがあります。
統計によると、「週刊現代」と「週刊ポスト」の最大購読者は、電車通勤の40代から60代の男性だそうです。
それ故に、世相を反映して、退職予備軍を惹きつける記事が必ず見受けられます。
今週の「週刊ポスト」は
・60歳以上対策「狙い撃ち値上げに」怒れ。毎月マイナス5万円の家計費の穴埋めはこれで解決
・「離れて住む家族」を守る知恵。台風・地震・豪雨・・・遠くにいて出来る事
・「定年後ボランティア」失敗しない始め方
「週刊現代」の今週号は
・定年したら税金を納めないで済ます方法
・60才を超えたら「受けてはいけない手術」、70才を超えたら「やったらいけない手術」

確かに、定年退職予備群世代の興味を惹きそうな記事のオンパレードです。
一時間を超す、通勤電車のなかスマホを手にして眺めているよりは、少しはマシかなとは思いますが、実際に手にして読んでみると、私たち既に退職・年金生活に入っている世代から見ると、あまりにも当たり前、知っておかなくてはならない常識範囲の記事が多いのです。
「税金を納めないで済ます方法」に至っては、退職する前から手をうっておかないと、無理な手法が書かれていました。
それでも、今、私の周りの退職直前の60代半ばの人達を見ていると、あまりにも何も手を打たず、計画がない男性がおおいことか?

週刊誌の見出しだけではなく、ネット上でも多くの定年退職予備軍に向けた情報が氾濫しています。その一つに、私のこのブログや本サイトhttp://www.tt.emnet.ne.jp/~soy7686/index.htmlもあるのですが。
現代の出版事情では、如何にネットで、情報を拡散させるかが重要なテーマになっています。
興味の惹きそうなテーマ、タグを如何にリンク・引用させるかのテクニックが重要視されています。
今週、1日3,000アクセスを超す、退職者世代の交流掲示板にも、興味惹かれる引用リンクがありました。http://wwweb.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi
「定年退職までに捨てるもの 」と云うタイトルである記事へのリンクでした。

内容は
定年後の7戒
(1)飲み会参加は控える
(2)同窓会は行かない
(3)実家や田舎の墓を整理する
(4)クルマは小さいものに乗り換える
(5)駅前へ転居する
(6)夫婦で行動しない
(7)「孤独力」をつける!

定年したら処分すべきもの
(1)2度と読まない本
(2)スーツ、ネクタイ
(3)古い機種のカメラ、オーディオ
(4)使わないスポーツ用品
(5)社内コンペレベルのトロフィー、記念品
(6)古いレコードCD、DVD
(7)写真(整理して廃棄)
(8)名刺、書類、仕事関係の新聞・雑誌
(9)古い年賀状
(10)女性からの手紙

解らないものではありませんが・・・団塊世代リタイヤ―は、当の昔から実践してる常識です。
これらの記事は、暇な退職世代ではなく、これから退職計画をたてる、50代前半の方々に読んで欲しいものでした。

最後に書かれていたのは捨てるか拾うか定年後の選択10

捨てる
(1)最も輝いていた時代の「肩書(意識)」
(2)「利用しよう」と寄ってくる人(投資話も含む)
(3)面倒な親戚付き合い
(4)内容が想像できる「飲み会」と「二次会」
(5)仕事・趣味で使わない「本・雑誌・資料」
(6)10年以上使わない「衣類」「靴」「カバン」

拾う
(7)仕事に追われてできなかった「趣味」
(8)気軽に「食事に誘える」人
(9)「肩書なし」で付き合える友人・知人
(10)「新たな視点」を与えてくれる若い男女

これが出来たら立派な、優雅な、理想的な退職リタイヤライフでしょうね。きっと。
これを実践するには、先ずは、ゆとりある老後資金と、一言書いて欲しかった。
posted by 西沢 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック