CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月25日

ガラケーからスマホに変えた。 定年後の生活費設計、イニシャルコストとランニングコストを考える

友人がついにスマホに変えた。
あれほど、スマホは必要ないと云っていたのに、どうしてと尋ねると、ガラケーをトイレ便器に落とし水没させてしまった。普通の綺麗な水なら自然乾燥させて、再度充電させて使えるかどうかも考えるけどさすがトイレ便器での水没では、諦めざるを得ない。
ショップに行ったら、今更ガラケーとも云えず、ついにスマホにした。と云う。

だって、あれほどスマホは必要ないっていってたじゃない。
某大手電機メーカーを60才で退職し、その後、地元の超有名高級料亭で火曜日〜金曜日まで週4日雑用係(本人はそう云ってます)として働いており、通勤もなく、常時ネットにつなぐ必要もないのでガラケーで十分だと云っていたのに。
彼の定年後の生活の中心は、週末のランニング大会、全国のマラソン大会、海外のマラソン大会に参加することです。
国内地方の場合、泊りがけになるので土曜日から月曜日までは空けているそうです。
そうそう、地方のマラソン大会がある訳でもないので、空いている月曜日は、私の処でNPO広報のお手伝いをお願いしています。

スマホつて高いでしょう、月幾らなの?garake.jpg
二年縛りで、毎月9200円。
エー高すぎない、Yモバイルとか、楽天モバイルとか、UQとか、実際には接続速度とか解らないけどもつと安いじゃないの?の
ガラケーがSBだったもんで、そのまま番号が使えるし、契約登録も支払いも今までのとおりで簡単だったから。
本体・通話料込々で9200円!
接続環境速度とか、容量制限とかは?
良く解らない・・・・おいおいエンジニアの君がどうしたの!

初期投資イニシャルコストはゼロかもしれないけど、ランニングコストはづっと続くことになります。2年縛り、9,200円X24ケ月=220,000円、超高速スビート動画処理能力のノートパソコンが楽勝買える金額です。
スマホ実機の値段はいくらと調べても、シムフリーと大手通信会社は3倍も違い、スマホ音痴の私には解りませんがイニシャルコストは一度だけ、ランニングコストはこれからづっと続くと思うと、年金シニアおじさんは、一度だけの初期投資を選びます。

ガラケーとスマホ二本もちの友人のケース
何でも新しい物好きの先輩友人は、ドコモとのスマホ契約を二年で解約しました。
当然、電話機能は無くなりました。しかし、無料wifiは使えます。そしてアイフォンの持つカメラ機能など全て使えます。インスタも、ツィターも、フェースブックも何もその場でUPしなくても、自宅のwifiでUPしています。
クラブ仲間のラインもメールのように、自宅或いはwifi環境のある場所でやつています。
そこで、電話機能だけで良い、ガラケーを持つことになったのです。
月々の支払いのガラケーの電話代月に千円程度と、自慢していました。


そして「車は退職年金シニアにとって最大の金食い虫、捨てろ。」と叫んでいます。
車はイニシャルコストがかかるのに、ランニングコストも固定収入の年金生活の大きな部分を占めるが持論の私ですが
勿論、多くの反論・ご意見は解っています。
・都会の交通の便が良い所に住んでする人に云われたくない。
・車は男を自由にしてくれる。
・旅先では車は必須。

でも、云わせて・・・
首都圏の土地の高い所の持ち家マンション内の駐車場代は月に2〜3万するのよ。
ちょっと街中に車で出かけても、先ずは駐車場探しから。
月に一度しか乗らなくても、税金・車検代や保険代はかかるし。
何時かは壊れる、価値が無くなる、新車が数百万するなんて。

車もスマホも、人それぞれ、外野がどうこう云うことではない。
定年退職後、一定固定収入の年金シニアにとって、毎月の生活費が一定であるほうが、管理しやすいという事なんです。
posted by 西沢 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック