CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年11月17日

週刊誌の特集記事とキャッチコピー 団塊夫のトリセツ

新聞休刊日の朝刊には、何時もよりも多くの週刊誌の広告が掲載されていました。
現役時代と違って、朝はゆっくりなので、朝食をたべながら、そしてトイレのなかでじっくりと目をとおして拝見しています。
自分が古稀目前の60代の高齢者なのかも知りませんが、最近の週刊誌の話題は何故か、高齢者をターゲットとした特集が目立ちます。

週間朝日
・終の棲家をめぐる究極のの選択と準備「あなたの最後は自宅か高齢者ホーム」か?
・ブチ切れ老人になるな
・認知症に似た「高齢発症てんかん」の治療法
サンデー毎日
・看取りに強い特養はこう探せ
・「減塩食」は早死にする
週間現代
・最後まで自分の歯で食べたいのなら「絶対に歯を削るな」
週間ポスト
・実はシニア向け番組が充実の「ネットテレビ」簡単ガイド
AERA
・人生100年時代の大問題
 不安にならない往き方
 尊厳死の現場
 知られたくない「デジタル遺品」死後こっそり消すサービス
婦人公論
・団塊世代に増殖中「家庭内管理職」夫のトリセツ
・「夫婦の賞味期限」子育て終了、セックスレス、夫の定年が3つの壁
女性自身
・定年退職金いまどき相場&損しない受け取り方
週間女性
・あなたの知らない在宅看護・介護の闇
・歩くだけでらくになる歩行禅
プレシデント
・徹底検証「認知症」予防対策のウソ・ホント

新聞系週刊誌の他、男性向け、女性向け、経済紙に至るまで、記事のボリュウムは違うにしろ、高齢者/シニア向けの何かしらの記事が掲載されています。
調べてみると人口比率、購買年代層からして当然の結果と理解しています。
若者は週刊誌はマンガしか買いませんし、スマホの普及で活字媒体は読まない、買わないのです。

2013年とちょっと古いですが、ネット上に週刊誌購読者層のデーターがあります。
それによると最大購買者層は
週間現代  男性60代、全体の29%、女性70代13%
週間文春  男性70代、全体の24%、女性70代22%
週間新潮  男性70代、全体の25%、女性70代22%
週間朝日  男性70代、全体の19%、女性70代16%
週間ポスト 男性50代、全体の21%、女性50代 2%
女性自身  男性60代、全体の 4%、女性70代33%

このデーターをとった時の各誌の特集記事の内容によって違うと思われますが、いずれにしろ
シニア・高齢者が実際にお金を出して購入しているのですから、編者者側としても、これらの世代をターゲットとしているのは間違いないでしょう。
データーリンク http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3969b.html
posted by 西沢 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック