CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年04月04日

安部首相夫人・安倍昭恵さんは天真爛漫?

森本学園問題の国会証人喚問はやはり思っていたように尻つぼみで終わり、野党は安部首相夫人安倍昭恵さんを国会の場に引き出そうとしてしているようですが、先ず実現はしないでしょう。
理由は
夫として、男として、自分の妻をあのような公衆の糾弾の場に引き渡す政治家はいない。
もししたら、安倍晋三の政治生命は絶たれるでしょう。
政治家としてよりも、一人の人間としての信用性や、尊厳を失うことになるでしょう。

abe.jpg安倍昭恵さんを知る人がマスコミで語る昭恵像は決まって
「とても良い人」
「裏表のない人」
「何事にもアクティブな人」
「明るく天真爛漫な性人」と云います。

TVでこの番組を見ていた我が家のカミサンは
「天真爛漫」って「何も深く考えんない莫迦」ってこと?
うーーーん、この安部首相夫人の場合に使われる天真爛漫は、そうなるだろうね。

四字熟語辞典によると
てんしん-らんまん【天真爛漫】の意味 飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。
生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気なさま。
▽「天真」は純粋な性格、「爛漫」は自然のままに輝き現れる様子。

天真爛漫と表現は誉め言葉かと云うと微妙です
今回の森本問題ででてくる安部首相夫人・安倍昭恵さんに対して使われる時、かなりのニュアンスは「仕方ないか、何も考えずに行動する、天真爛漫な女性なんだから」ですから。

安部首相夫人・安倍昭恵さんは何も政治的に関与していません。
確実に彼女はそう思い、発言し行動しているのでしょう。
一人の子供いない女性として、積極的に社会に出て、発言したい。行動したい。
普通の女性、我が家のカミサンが私の所属するNPOセンターに来て、何かしたいと云うのと日本国のプライムミニスターの婦人、ファストレディーとして海外で扱われる女性の発言・行動の一つひとつは、一個人としてではなく、首相夫人として捉えられるのを彼女は認識をしなくてはいけないのです。

安部首相夫人には、総理府から女性事務官が付きます。
この事務官に、籠池氏から頼まれた土地取得の経過を財務省に確認するのをお願いしたのは
事実でしょう。

先日の報道によると、安倍昭恵さんは安倍晋三氏が首相になってから、名誉職に就任した各種団体は30以上有り、最近全てを辞任したようです。
当たり前です。各種団体からすれば、自分の団体のCMキャラクターを無料で安部首相夫人という
知名度・影響度抜群の人材を獲得できたのですから。

誰がこの問題の責任者かと云うと、安倍首相ご本人です
女性人権団体から見れば、夫と妻は対等関係で、妻の行動、社会的地位は夫が関与すべきではないと云うでしょうがそれは一般の人の場合で、一国のリーダーの場合は別です。
安倍昭恵さんは、自分の行動、発言が全て、首相夫人として受け取られることを、もっと早くから気が付くべきであり、それを伴侶に認識させる義務は、政治家としての安倍首相にあるのす。

posted by 西沢 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック