CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年09月26日

中学生の職場体験受け入れレポート


岸本です。

朝夕が大分涼しくなってまいりましたね。
夏のイベントラッシュが落ち着いたのも束の間、相変わらずバタバタと忙しくしておりますが、
収穫の秋の恩恵をうけ、美味しいモノには喰いっぱぐれずに充実した日々を過ごさせていただいています。(今日は丸々としたサツマイモをいただきました♪)


さて、今回は学生の職場体験レポートです。
てごねっとでは、この夏〜秋、学生のインターンを各所から受け入れており、
先週は江津中学校3年生の女子学生1名に、職場体験ということで3日間仕事を手伝ってもらいました。

3日間のスケジュールは以下のとおり。
---------------------------------------
@ 18日(水)【1日目】
---------------------------------------
9:00  オリエンテーリング
9:30  スタッフ定例ミーティング参加
10:30  万葉の里商店会フィールドワーク(やじん商店、タビラ、BARドルなど)
12:00  昼休憩(スタッフ岸本とカタリバ)
13:00  商店会加盟店(Yurusato)へのインタビュー取材準備(下調べ、質問作成、マナー研修)
16:00  1日目のふりかえり
16:30  1日目終了

---------------------------------------
A 19日(木)【2日目】
---------------------------------------
9:00  アンケート集計(万葉亭)
10:30  スタッフ盆子原とカタリバ※
11:30  商店会加盟店(Yurusato)のインタビュー取材
13:30  商店会ホームページリニューアルの打合せ同行
14:30  インタビューまとめ(テープ起こし、ライティング、キャッチコピー作成)
16:00  2日目のふりかえり
16:30  2日目終了

---------------------------------------
B 20日(金)【3日目】
---------------------------------------
9:00  駅前新聞のコラム原稿作成
10:30 アンケート集計(前日の異業種交流会)
12:00  昼休憩(スタッフ三浦とカタリバ※)
13:00  商店会青年部が運営するコミュニティバーの見学
14:00  商工会議所と空店舗、空家調査マップ作成補助
14:30  江津本町フィールドワーク
15:30  3日間のふりかえり
16:30  職場体験終了

※カタリバとは...
NPOカタリバが、高校生の心に火をともす「きっかけ」づくりとして始めたキャリア学習プログラム。
先生や両親との”タテ”の関係でも、友達同士の”ヨコ”の関係でもない
少し上の世代の先輩や、地域の人との ”ナナメ”の関係とのつながりを通して
まだ眠っているだけかもしれない「ホンキスイッチ」に火をつける活動。
-----------------------------------------------
と、また盛りだくさんにしてしまいました^^;


事前の打合せで、
「自分のやりたいことが分からない」
という課題をかかえていることが分かっていたので、
今回は3日間の短期間ということもあって、「仕事とは何ぞや」というよりは
「自分の住むまち=自分とは」という視点で職場体験ができるよう
プログラムを組んでみました。


昨年から多くの学生と接する中で感じていることの一つに
「自分のことがよくわからない、何をしたいのかがわからない」
という子は、たいてい「自分の住む町のことを何も知らない」ということがあります。
そういった子と、江津本町や駅前の商店街を一緒に回って、気になるところを写真にとったり、お店の方と話をしたりすると、

「自分の住む町にこんな素晴らしいエリアがあるなんて知らなかった」
「ごうつは何にもないところだと思っていたけど、自分が知ろうとしないだけだったのだと気づいた」
「友達にも教えてあげたい」

と、こんな感想がでてきます。


こうして、ひとつ自分の町に誇りが持てると、不思議なもので自分自身にも自信がでてきたりします。
それから、地域で働くいろんな方々と接し、話をすることで、将来の職業まではなかなか見つからないかもしれませんが、「出逢い」が、自分の人生を形成していく重要な要素であることに気づけたりします。


今回のインターン生はとくにそれが顕著にあらわれて
一日目と最終日に帰って行く時の表情が別人のように変わっていました。
たった3日間でしたが、ここでの経験が、今後の彼女の行動の変化となって現れることを期待したいと思います。


最後に彼女の3日間の感想を載せます。
------------------------------------------------
3日間、職場体験でお世話になっている、江津中学校3年の坂田響です。

進路学習の一環として、私はてごねっとで3日間程、仕事について勉強することになり、
3日前から、てごねっとの活動を体験していました。

1日目は、
・ 万葉の里商店会フィールドワーク
・ 『Yurusato』のインタビュー取材準備
を主に活動しました。

商店会加盟店をまわり、いろいろな話を聞いてきました。
そして、新しくできたBAR『Yurusato』のオーナー余村さんへのインタビューの原稿などを考えました。
インタビューの準備を1から一人でしたことは今まで一度もありませんでした。
取材の際のマナーも勉強でき、とても良い体験になりました。

2日目は、
・ 万葉亭のアンケート集計
・ 『Yurusato』へのインタビュー取材
・ 商店会HPリニューアルの打ち合わせに同行
・ インタビューのまとめ
を主に行いました。

 本格的な取材をするのは初めてだったので緊張しました。
でも、取材はとても楽しかったです。
そして余村さんに、進路について相談に乗っていただきました。
取材の内容を帰ってまとめるのには、少し苦労したところもありました。
キャッチコピーがなかなか決まらず、大変でした。

そして最終日の今日。
・ う・まいんどのアンケート集計
・ 52Berの見学。
・ 江津本町のフィールドワーク
を主に行いました。

52Berがとてもきれいで、良い雰囲気ですごいな、と思いました。
そして、江津本町のフィールドワーク。
歩いてみると、初めて行ったところだらけでした。
本町は家から近いのに、全然行ったことがなく、今日はとても良い機会になりました。


3日間を通して、いろんな方に進路についての話をしていただき、本当に助かりました。
てごねっとの岸本さん、盆子原さん、三浦さんの話
Yurusatoの余村さんの話
ためになる話ばかりでした。
みなさん、いろいろな仕事を経験しておられて、びっくりしました。

これからは高校を決めて、将来のこともいろいろ考えていかなきゃならない時がくるので、
3日間で沢山の話を聞いたので、それを参考にして、考えたいと思いました。

3日間の経験を生かして、これからいろいろ頑張って生きたいと思います。



てごねっとのみなさん、3日間お世話になりました。



以上

坂田さん、お疲れさまでした!
また、お友達も連れて気軽にてごねっとに寄ってくださいね^^


岸本


.
同じく、商工会議所に職場体験中の同級生2名、担当の佐々木さんと意見交換中。


posted by てごねっと石見 at 16:19| Comment(0) | 人材育成、セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く