CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 2009年02月»
プロフィール

トランジション藤野さんの画像
トランジション藤野
プロフィール
ブログ
最新記事
■メルマガ「トランジション藤野」を読んでみませんか?(購読無料)
Powered by groups.yahoo.co.jp
カテゴリアーカイブ
<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク集
発祥の地イギリスよりはるばるやってきます! [2009年01月31日(Sat)]

2009年3月4日(水) 18:00〜20:30


気候変動やエネルギー危機という地球規模の問題に対し、市民が中心となって脱石油型の地域づくりをめざす「トランジション・タウン」。この活動は、約3年半前に英国南部にある人口約8000人の町トットネスから始まり、今や世界中に広がっています。

藤野町と同じく芸術の町でもあるこの小さな町から湧き起こった地球規模の活動をその立ち上げから今まで支えてきた2人がこの藤野町にやってくる機会をとらえ、この活動の実際および実例について語ってもらおうと思っています。ぜひふるってご参加ください!

● 日時:平成21年3月4日(水) 18:00〜20:30

● 場所:藤野・芸術の家

● 定員:60名

● 参加費:1000円

● お申し込み:不要

● 問い合わせ:小林恵里奈  chererina@gmail.com (@マークを半角に変更してください)

● ゲストスピーカー:

ナレッシュ・ジアングランデ(Naresh Giangrande)
トランジション・トットネスをトランジション・タウン運動の創始者であるロブ・ホプキンスとともに立ち上げる。現在は、当地でエネルギーのワーキング・グループを主宰するとともに、トランジション・トレーニングの普及に努める。

ソフィー・バンクス(Sophy Banks)
やはりトランジション・トットネスの中心人物。心理療法のセラピストとしての経歴を持つ彼女は、当地でハート&ソウル(心と魂)というワーキング・グループを主宰し、主に内なるトランジションの重要性について普及・啓発を行っている。

藤野のはじめの一歩 [2009年01月31日(Sat)]

2009年2月15日(日) 14:00〜17:00

**************************

藤野で持続可能なまちづくり トランジション藤野

**************************


生活の隅々に行きわたった石油製品、
そのために人が本来持っている力と自然の恵みを
活かさない暮らしを私達はおくっています。
石油に頼らない社会とは?そんなことは可能なのか?
一人ひとりが気づいて、考えて、実践するためにはどうすればいいのか?
すでに持続的なまちづくりを目指し活動している個人の方や
団体の皆さんと連携し、一人の100歩でなく100人の一歩で
持続可能なまちづくりを実現させるはじめの一歩を
ふみ出せればと、この機会を設けました。
どなたでもお気軽にご参加ください。

*トランジション・タウンとは
トランジション・タウンとは、ピークオイルと気候変動という危機を受け、
市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら
脱石油型社会へ移行していくための草の根運動。
イギリスにはじまり世界中に取組みがはじまりつつある。

*ピークオイルとは
石油の産出量が世界的にピーク(上限)に達すること

  <日時>   2月15日(日) 14時〜17時

  <場所>   場所未定(藤野町内) 
          *決まり次第、ご連絡いたします。

  <参加費>   300円

 <プログラム> 
トランジション・タウンについて説明させていただいたあと、
ご自分が住む地域の課題や気になっていることなどを共有し、
持続可能なまちづくりをするために、どんなことができるか、
どんなことがやりたいかを参加していただいた皆さんと一緒に
考えたいと思います。

 <お申込み・お問合わせ>
小林恵里奈 E-mail:chererina☆gmail.com 
(☆マークを@に変更してください)         
         
* 簡単なおやつ・お茶をご用意しております。
  マイ皿、マイカップをお持ちください。
  持ち寄りおやつ大歓迎です。


「新春の集い」にて [2009年01月31日(Sat)]





「トランジション 藤野」について [2009年01月31日(Sat)]

気候変動やエネルギー危機という地球規模の問題に対し、市民が中心となって脱石油型の地域づくりをめざす「トランジション・タウン」。

この活動は、約3年半前に英国南部にある人口約8000人の町トットネスから始まり、今や世界中に広がっています。

この石油に頼らず、自然の恵みを活かした暮らし方をしていこう!という活動を藤野町でも実践するために藤野町民によって2008年秋に「トランジション藤野」は結成されました。
「トランジション・タウン」とは? [2009年01月31日(Sat)]

トランジション・タウンとは、ピークオイルと気候変動という危機を受け、市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら脱石油型社会へ移行していくための草の根運動です。

パーマカルチャーおよび自然建築の講師をしていたイギリス人のロブ・ホプキンスが、2005年秋、イギリス南部デボン州の小さな町トットネスで立ち上げ、3年足らずの間にイギリス全土はもちろんのこと、欧州各国、北南米、オセアニア、そして日本と世界中に広がっています。