CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« WG:森部 | Main | WG:お百姓クラブ»
プロフィール

トランジション藤野さんの画像
トランジション藤野
プロフィール
ブログ
最新記事
■メルマガ「トランジション藤野」を読んでみませんか?(購読無料)
Powered by groups.yahoo.co.jp
カテゴリアーカイブ
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
リンク集
ガイガーカウンターお引っ越し [2011年05月17日(Tue)]

みなさま

明日の計測値より、下記グーグルサイトに移転します。

グラフ化されより見やすくなりますので、今後はこちらをご参照ください。

http://goo.gl/pLDSl

また、こちらのガイガーカウンターの数値が一般的な数値より

高く出る傾向が続いているため、販売元に確認しようと思います。

場合によってはしばらく計測値をご報告できない可能性もありますので

ご了承くださいますようお願い致します。

この度は多くの方に購入資金をご賛同頂き誠にありがとうございました。

引き続き、賛同者の方への貸し出しも行っていますので

ご希望の方はご連絡ください。

           里山長屋 山田愛 
aiyamada@hotmail.co.jp
4/22(金)の測定値 [2011年04月22日(Fri)]

おはようございます。

里山長屋の山田愛です。

ガイガーカウンター購入への賛助、どうもありがとうございました。

遅くなりましたが、本日からほぼ毎日、

放射線の計測値をこちらでご報告させて頂きます。

おでかけ前の参考になればと、午前中の計測にしました。

それでは、今朝の測定値をお知らせします。

計測場所:里山長屋(名倉、シュタイナー学園すぐ) 
計測時間:9:00

室内 :0.14  μsv/h(木造家屋1F)
室外 :0.33 μsv/h(地上140cm)
土の上:0.33 μsv/h

************************************
※尚、データは本計測装置での計測値であり、
機械による測定誤差があると思われるため、正確に値を示しているとは限りません。
まずは数値のみお知らせいたします。
「値が高いか低いか」のご判断は各自にお任せいたします。
また、事故前から計測している他の場所のデータ等を見ると
もともと自然界では時間によって値の幅があるようです。
適宜、他のガイガーカウンターのデータも掲載できればしていきます。
それらを総合的に見て各自ご判断ください。
************************************
震災について [2011年03月23日(Wed)]

この度の東日本大震災とそれに続く福島の原発事故によって、心穏やかでない日々を過ごされている方も多いことと思います。亡くなられた方々のご冥福と被災された方々の心身の安全を心よりお祈りいたします。

私たちトランジション藤野でも、このような時に何ができるだろうかということで、震災以来いろいろな人たちと話し合っています。そのような中、同じトランジション仲間で山梨県の都留市でトランジション活動をされている加藤大吾さんが被災現地に救援物資を届けるプロジェクトを立ち上げられたことを聞きつけ、地域通貨よろづやに加入されている会員の皆さんを中心に義援金の収集および救援物資の供出や仕分け、梱包、そして配送に積み込み作業、さらには炊き出しなどに、この1週間ほどはエネルギーを注いでいました。

ちなみに、集まった救援物資の数は相当なもので、収集場所となった里山長屋のコモンハウスにはダンボール箱がうず高く積み上げられました。また、集まった義援金も優に30万円を超えました。春休みで郷里に帰省している人たちからも、物資の買い付けや配送などの手が差し伸べられ、まさに地域を挙げた一大プロジェクトとなりました。私たちも今回ほどコミュニティの力を感じたことはなく、「これならば藤野は何があっても大丈夫!」と大いに意を強くした次第です。

20日の夜には、カフェレストランShuさんの場をお借りして、『ヒバクシャ〜世界の終わりに』という映画の上映会を行いました。この映画は、来月10日にトランジション藤野の主催で上映される予定の『ミツバチの羽音と地球の回転』という映画をつくった鎌仲ひとみ監督の作品で、放射能汚染に苦しむ人たちを描いたものです。この時期に観ると、非常に現実感をともなって迫ってくる内容でしたが、集まった20人くらいの人たちの間では、その後熱い議論が繰り広げられました。これをきっかけに、『ミツバチ〜』の上映会の準備にも拍車をかけていきたいと思っています。

なお、この上映会の詳細は先日もお伝えした通りですが、当日は鎌仲ひとみ監督と藤野在住のアーチストであるUAも駆けつけてくれる予定になっており、ぜひたくさんの人にご参加いただけることを願っています。



タネバンク! [2009年08月04日(Tue)]

タネバンクを始めようと思います。



畑をやりたい!野菜やお花を育てたい!どうせならいろんな種類のものを育てたい!
って思って、野菜やお花の種、買って蒔いてみたものの、蒔ききれず
結局あまってしまった種を持て余してはいませんか?

そんなあまってしまった種を交換するというのはどうでしょう!

出来れば自家採取可能な種を買って、たくさんとれた種を交換する。
そうなれば、いずれはコミュニティの中で、完全持続可能な食料自給ができるかもしれません!


場所:カフェてくてく(共同作業所たんぽぽ)にて

交換方法
 1.小袋を用意しますので、その中に適量の種を入れる
  (畑およそ1平米分)
 2.小袋の表面に、作物の名前、蒔き時、簡単なコメントを
  書いて小袋の個数分交換します。
 3.交換したい種がない場合は、代わりに種カードをお持
  ち下さい。

参加費:場所をお貸しいただいたお礼として、その種で収穫
    した作物ををてくてくさんにお裾分けして下さい。


赤紫蘇漬け報告〜 [2009年07月09日(Thu)]

赤紫蘇漬け込み無事完了致しました。

報告致します。



まずは茎ごと洗ってから物干し竿でこのように干します。



乾いたら赤紫蘇の葉を茎から丁寧に摘み取る。

みんなでやればあっという間です。








そして紫蘇を塩で揉みます。

やぶらないように注意しながら揉んで絞ってを繰り返します。

揉んだ紫蘇を漬け込んで完了です。



このまま梅雨明けまで待ちます。

土用干しのタイミングはまたブログでお知らせします。

お疲れ様でした〜。
究極の保存食?いやお薬です。 [2009年06月21日(Sun)]



じゃ〜ん!

究極の保存食ならぬ薬、「梅肉エキス」づくりを教えてもらいました。

梅は江戸時代より薬として利用されていたようですが、

この梅のエキスを10時間ちかく煮詰めた「梅肉エキス」は、

豊富に含まれるクエン酸や強力なアルカリ性食品のため

現代人の酸化した身体にとても良い働きがあるそうです。



「梅肉エキス」にはじまり、古来より家庭の常備薬として重宝されてきた知恵を

藤野 沢井在住の食養の先生、武田さんより教えていただきました。

今回のテーマは「梅」。

会場もご自宅をご提供いただき、お昼にはすいとんも振舞ってくださいました〜♪





そしてこちらは「玄神」

玄神?!と初めて耳にする方も多いはず。

私も当日会場で初めて出会いました。

こちらはフライパンでおよそ1時間半くらいひたすら煎った玄米。

風邪をひいてなかなか下がらない熱やガンで食事ものどに通らない時など

に使用するようです。




つづいて、「梅みそ」。

こちらは武田先生ではなく、大和さんより教えてもらいました。

この「梅みそ」をダシでのばしたそうめんつゆは最高に美味しかったです。





↑↓ これは「梅ジュース」。

上の写真は漬けたばかりのもの。

下の写真は数週間置いたもの。






最後に写真が入りませんでしたが、「梅醤油」。

サラダなどにドレッシング代わりにかけたり、

冷奴にかけると美味でした。


と、梅レシピ満載☆でしたが、今年は去年の豊作と打って変わって大不作。。

どこの地域でも梅がなかなか手に入らず、残念です。


保存食のワークショップ [2009年05月19日(Tue)]

第一回保存食のWSが開催されました。

今回は小梅の塩漬けと竹の子の様々な保存の仕方をやってみよう!ということになりました。

毎年竹の子がにょきにょき生えてくるからなんとか保存法を会得しなければ、と計画したものの、時期的に竹の子がそろそろない?今年は不作!イノシシに荒らされて竹の子全滅!など心配しましたが、10本分くらいの竹の子が用意され、瓶づめ、塩漬け、焼酎漬け、干し竹の子、を作ってみました。