CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 企画運営チーム | Main | メディア掲載»
プロフィール

トランジション藤野さんの画像
トランジション藤野
プロフィール
ブログ
最新記事
■メルマガ「トランジション藤野」を読んでみませんか?(購読無料)
Powered by groups.yahoo.co.jp
カテゴリアーカイブ
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
リンク集
新ブログ里山長屋暮らし [2011年05月31日(Tue)]

<新ブログ>
里山長屋ブログが引っ越しました。
アメーバブログ「里山長屋暮らし」

旧ブログ「里山長屋暮らし〜藤野プロジェクト」
6月の土壁作りワークショップのご案内 [2010年05月26日(Wed)]

里山暮らしのはじめかた シリーズ 第5 回
《竹小舞かき・土塗り》



■ 日 時:平成22 年6 月2日(水)、5・6 日( 土・日)、13 日( 日)、16 日( 水)、
19・20 日( 土・日)、22 日( 火)、26・27 日( 土・日)、30 日(水) 
9:00 〜 17:00(小雨決行)  
※1日だけの参加でも大丈夫です。
※7 月以降も作業は続きます。
詳細が決まりましたらブログでご案内します。

■ 集 合:毎回9:00 ごろ JR藤野駅前ロータリー
    新宿方面からの電車 9:01 着( 休日) 8:59 着(平日)
 
■ 主 催:里山長屋暮らし〜藤野プロジェクト 
  後 援: NGO ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
  協 賛:トランジション藤野

■ 作業内容:
《 竹小舞かき作業 》
  竹を割って加工した竹を格子状に組み、縄で固定する作業です。
  かき方やコツは指導します。
 《土塗り作業》
  発酵させた土を、竹小舞に塗りつけていきます。
  塗り方やコツは指導します。

■お昼は、玄米のおむすびなどマクロビオティックの昼食をご用意します。
  お腹がすきそうな方は、ご自身で余分をご用意ください。

■マイ皿、マイ箸、マイカップをお持ちください。

■小雨の場合は決行します(雨具の用意をお願いします)。

■ 募集人員:子ども〜大人(小学生以上)10 名〜 60 名

■ 持ち物等:動きやすい服装、防寒具、飲み水、雨具( カッパ)、軍手。
 ※ヘルメットをお持ちの方は、ご持参いただければありがたいです。
 ※土塗り作業は、洋服が汚れますので、カッパや着替えなどをご用意ください。
 ※作業の後、温泉 へ行きたい方は、温泉の道具をご用意ください。
  (東尾垂の湯へご案内できます。土日祝はバスタオル、タオル付きで850 円)

■ 参加費:無料です。

■ お申し込み方法:昼食の準備、車の手配の都合上、また、集合時間など予定変更す
ることがありますので、 必ず前日の17 時までにお申し込みください。
☆参加申込日、参加者全員のお名前・ご住所・性別・年齢・連絡先、携帯電話(雨天の
場合など、当日の緊急連絡先)、クルマあり・なし、を明記し、メール:satonagaya☆
yahoo.co.jp(☆を@ に変更してお送りください)にお申し込み下さい。
( 万一の事故に備えてボランティア保険に加入させていただきます、保険料は当方および
協賛団体のハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンで負担させていただきます)
なお、クルマで来られる方で、他の参加者が同乗可能な場合は、乗れる人数をお知らせ
いただければ幸いです。なお、定員となり次第、締め切らせていただきます。
竹小舞かき/土壁塗りワークショップのお知らせ [2010年04月30日(Fri)]

「里山暮らしのはじめかた シリーズ 第5 回
土壁のつくり方: 竹小舞かき/土壁塗り」参加受付中







里山暮らしのはじめかた シリーズ 第6回

《竹小舞かき》
■ 日 時:平成22年5月9日(日)・15日(土)・16日(日) 9:00〜17:00(小雨決行)

《土壁塗り》
■ 日 時:平成22年5月22日(土)・23日(日)9:00〜17:00(小雨決行)
※大工さんの行程、竹小舞の進行具合によりますが、4月末の時点では22日(土)・23日(日)は土壁塗りを行う予定にしています。詳しくはブログでご案内します。

■ 集 合:毎回9:00ごろ JR藤野駅前ロータリー
    新宿方面からの電車 9:01着(休日) 

■ 主 催:里山長屋暮らし〜藤野プロジェクト 
  共 催:ハビタットフォーヒューマニティの学生連盟
 協 賛:トランジション藤野

■ 作業内容: 《竹小舞かき作業 》
 竹を割って加工した竹を格子状に組み、縄で固定する作業です。
 かき方やコツは指導します。
 《土壁塗り作業》
 発酵させた土を、竹小舞に塗りつけていきます。
 塗り方やコツは指導します。

■お昼は、玄米のおむすびなどマクロビオティックの昼食をご用意します。
 お腹がすきそうな方は、ご自身で余分をご用意ください。

■マイ皿、マイ箸、マイカップをお持ちください。

■小雨の場合は決行します(雨具の用意をお願いします)。

■ 募集人員:子ども〜大人(小学生以上)10名〜60名

■ 持ち物等:動きやすい服装、防寒具、飲み水、雨具(カッパ)、軍手。
 ※ヘルメットをお持ちの方は、ご持参いただければありがたいです。
 ※特に汚れる作業ではありません。
 ※作業の後、温泉 へ行きたい方は、温泉の道具をご用意ください。
  (東尾垂の湯へご案内できます。土日祝はバスタオル、タオル付きで850円)

■ 参加費:無料です。

■ お申し込み方法:昼食の準備、車の手配の都合上、また、集合時間など予定変更す
ることがありますので、 必ず前日の17時までにお申し込みください。

☆参加申込日、参加者全員のお名前・ご住所・性別・年齢・連絡先、携帯電話(雨天の
場合など、当日の緊急連絡先)、クルマあり・なし、を明記し、メール:satonagaya☆
yahoo.co.jp(☆を@に変更してお送りください)にお申し込み下さい。
(万一の事故に備えてボランティア保険に加入させていただきます、保険料は当方および
協賛団体のハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンで負担させていただきます)
なお、クルマで来られる方で、他の参加者が同乗可能な場合は、乗れる人数をお知らせ
いただければ幸いです。なお、定員となり次第、締め切らせていただきます。
竹小舞かきワークショップのお知らせ [2010年04月21日(Wed)]

里山暮らしのはじめかた シリーズ 第5回
土壁のつくり方、竹小舞かきのワークショップのお知らせです。

■ 日 時:平成22年4月24日(土)・25日(日)
  9:00〜17:00(小雨決行)
※5月以降も、竹小舞の作業をを土日、平日問わず行っています。
 詳細はブログをご覧ください。または、お問い合わせください。

■ 集 合:毎回9:00ごろ JR藤野駅前ロータリー
    新宿方面からの電車 9:01着(休日) 

■ 主 催:里山長屋暮らし〜藤野プロジェクト 
  共 催:ハビタットフォーヒューマニティの学生連盟
 協 賛:トランジション藤野

■ 作業内容: 竹小舞かき作業
 長屋の建築現場で作業します。
 竹を割って加工した竹を格子状に組み、縄で固定する作業です。
 編み方やコツは指導します。
 お昼は、玄米のおむすびなどマクロビオティックの軽食をご用意します。
 小雨の場合は決行します(雨具の用意をお願いします)。

■ 募集人員:子ども〜大人(小学生以上)10名〜60名

■ 持ち物等:動きやすい服装、防寒具、飲み水、雨具(カッパ)、軍手。
 ※ヘルメットをお持ちの方は、ご持参いただければありがたいです。
 ※特に汚れる作業ではありません。
 ※作業の後、温泉 へ行きたい方は、温泉の道具をご用意ください。
  (東尾垂の湯へご案内できます。土日祝はバスタオル、タオル付きで850円。
   平日はバスタオルなどなしで400円です。)

■ 参加費:無料です。

■ お申し込み方法:お弁当の準備、車の手配の都合上、また、集合時間など予定変更することがありますので、 必ず前日の17時までにお申し込みください。
☆参加申込日、お名前、ご住所(町名まで)、携帯電話(雨天の場合など、当日の緊急連絡先)、参加人数、クルマあり・なし、を明記し、メール:satonagaya☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)にお申し込み下さい。
なお、クルマで来られる方で、他の参加者が同乗可能な場合は、乗れる人数をお知らせいただければ幸いです。なお、定員となり次第、締め切らせていただきます。

詳細は下記URLにて。
http://blog.canpan.info/nagaya/archive/352
greenz.jpさんのサイトで紹介されています [2010年03月29日(Mon)]

greenz.jp(グリーンズ)さんのサイトで、トランジション藤野との共同プロジェクトの「里山長屋暮らしプロジェクト」をとりあげてくださいました。

http://greenz.jp/2010/03/23/satoyama_nagaya/

greenz.jp(グリーンズ)さんは、タイトルにもある通り、
「クリエイティブで持続可能な世界に変えるグッドアイデアを毎日伝える Web マガジン」
環境、持続可能、コミュニティなど、興味深い話題を伝えてくださっているWebサイトです。

greenz.jp
http://greenz.jp

どうぞ、ご覧になってみてください!
土造り作業が延期になりましたが、埋炭したいと思います [2009年12月05日(Sat)]

土造り作業の告知をしたばかりですが、基礎工事の作業が雨などで遅れているため、

土造りの作業をする場所が確保できず、延期せざるを得なくなりました。


12月17日、18日に作業を予定していたのですが、1月中旬頃になりそうです。

作業日は決まり次第、ご案内させていただきます。



それに代わって、

12月17日、18日には埋炭をしたいと考えています。

「イヤシロチ」作り、

竹炭を基礎の中に入れる作業です。


また、竹小舞用の竹の伐採、加工も検討しています。

竹小舞用の竹伐り、竹割り、ふし落としなど、

参加ご希望の方はご連絡下さい。

http://blog.canpan.info/team-80/archive/78
土壁につかう土を一緒に練りませんか? [2009年12月03日(Thu)]

里山暮らしのはじめかた シリーズ 第4回

土壁の作り方 その1:土造り


「里山長屋暮らし」と「トランジション藤野」のコラボ企画です。

〜藤野プロジェクト主催イベントのシリーズ第4回目〜

里山長屋ではすべての壁を土壁で作ります。

その体験ワークショップの最初として、土造りから始めます。

呼吸する壁、昔ながらの家作りをいっしょに体験してみませんか?

今後順次、竹小舞編み、土塗りと順をおってワークショップを開催する予定です。




● 日 時:平成21年12月17日(木)18日(金)

       9:00〜17:00(小雨決行)

       * 1日だけのご参加ももちろんOKです。

● 集 合:毎回9:00ごろ JR藤野駅前ロータリー

      新宿方面からの電車 8:59着(平日)

● 主 催:里山長屋暮らし〜藤野プロジェクト

  協 賛:トランジション藤野

● 内 容: 土造り作業

長屋の建築現場で作業します。

埼玉県で採取した荒木田土という、田んぼの耕土下や河川敷などの下層に堆積した粘土質の土と、

稲藁と水を混ぜて来年の3月頃まで寝かせておきます。

藁を切ったり、土を運んだりする作業が主になる予定です。

解散17:00ごろ
 
小雨の場合は決行します(雨具の用意をお願いします)。

また、参加人数が多い場合は竹小舞製作作業に分かれて作業する場合があります。

お昼は、玄米のおむすびなどマクロビオティックの軽食をご用意します。


● 募集人員:大人(中学生以上)10名〜20名

● 持ち物等:動きやすい服装、長靴、スニーカー、飲み水、雨具(カッパ)、軍手。

※作業でかなり汗をかき、汚れますので着替えがあると便利です。

また、作業の後、温泉 へ行きたい方は、温泉の道具をご用意ください。

(東尾垂の湯へご案内します。平日はバスタオルなどなしで400円です。)

● 参加費:無料です。

● お問い合わせ、お申し込み方法:お弁当の準備、車の手配の都合上、

また、集合場所など予定変更することがありますので、

必ず前日夕方までにお申し込みください

参加申込日程、お名前、ご住所(町名まで)、携帯電話(雨天の場合など、

当日の緊急連絡先)、参加人数、お弁当の有無、クルマあり・なし、を明記し、

メール:satonagaya☆yahoo.co.jp(☆を@に変更してお送りください)にお申し込み下さい。

なお、クルマで来られる方で、他の参加者が同乗可能な場合は、

乗れる人数をお知らせいただければ幸いです。

なお、定員となり次第、締め切らせていただきます
ふんどし!!! [2009年06月26日(Fri)]



山の中にポツンと白く見えるのは、トランジション藤野のロゴマークでもあるラブレター。

そのラブレターを背景に舞うには、ズバリ、ふんどしです♪

かわいいでしょう??

「ふんどし」と聞くと、どうしても飛脚のイメージが拭えなかったのは私だけしょうか?

こんなにステキなふんどしが世の中にはあるのです。



という訳で、「ふんどし」作りをワイワイみんなでやってみました。

パンツのようにリンパの流れや身体を締めつけない下着、「ふんどし」が今密かにブームになってます。

そこで、私たちは麻布を草木染めしてふんどしを作ってみることに。




なんでも草木染というのは、着る漢方薬と言われているくらい(!)で、

薬効のあるものを着ることが本来の「服用」の意味なんだとか。



今回は、インド茜の粉末で染めてみました。

ざっくり一通りの工程です。


1: 一晩水につけた大豆をミキサーにかけ搾った豆汁(ごじる)に麻布をつけ、乾かす

2: その麻布を水に浸し、脱水後、アルミ媒染液に一晩つける

3: 茜の染液を煮出し、80℃位にし、麻布を投入

4: 麻布を一度取り出し、絞り、空気でパタパタ空気媒染

5: 3と4を繰り返す

6: 茜に染まった麻布を水洗いし、干して完成!




後日、この茜で染めた麻布をちくちくみんなで縫い、

マイふんどしを作りました♪

これまでふんどしには縁のなかった方々もたくさん参加していたので、

ふんどし人口がこれで少し増えたかな?!