CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«暑い夏には、やっぱり「トランジションPARTY」でしょ | Main | ひかり祭り、存分に楽しみました〜»
プロフィール

トランジション藤野さんの画像
トランジション藤野
プロフィール
ブログ
最新記事
■メルマガ「トランジション藤野」を読んでみませんか?(購読無料)
Powered by groups.yahoo.co.jp
カテゴリアーカイブ
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
リンク集
夏休みスペシャル企画!!! [2009年08月09日(Sun)]



オーストラリア在住で愉しく心地よい半農自給暮らしをされているデジャーデンゆかりさんが、

今回はダンサーとして全国ツアーのため愉快な仲間と共に来日されます。

ツアー中に相模湖・藤野にも寄られるとのことで、急遽ゆかりさんのトーク&ライブを企画しました。


今世界中で模索されている、より持続可能で平和な暮らしの中では、

自然と調和のとれた農はアートそのもの。

今回は誰もが豊かで幸せに暮らせる社会を目指して、ゆかりさんが地域で取り組んでいる

パーマカルチャーを使ったスクールガーデンについてお話をうかがったあと、

アフリカン音楽をとおして、皆さんと共にその空気を体感していただける

初来日のバーラバージョのライブを行います。


大人から子供までどなたでも参加可能。

夏休みの想い出に、そして おいしい暮らしのスパイス、アフリカン音楽を知る機会として、

ぜひとも御家族、お仲間ご一緒にお越し下さい。もちろん、お一人のご参加も大歓迎です。



ゆかりさんからのメッセージ

アフリカの風を、音楽とダンスそしてドラムを通じて皆さんの暮らしの中に運び、

土着的かつスピリチュアルな彼らの文化のルーツを知ってもらいたいこと。

日本を含む先進国の不公平不平等な分配と、搾取の犠牲となって苦しみ、

今日も今この瞬間も飢餓や病気、犯罪や様々な負のスパイラルに巻き込まれ、

亡くなっている人たち、子供達が、アフリカの地にはまだまだ大勢居ます。

そんなアフリカの人々のために、私たちにできることは環境保護活動や経済的支援活動だけでなく、

シンプルに彼らの存在を讃え、感謝の気持ちを踊りや音楽で一緒に表現すること、

彼らの文化を知り、謳歌し、共に祝福することも、素晴らしい支援活動であることを、

知って欲しいのです。

でも、何よりも一番の趣旨は、みんなで、地球人として生きていること、

ボーダレスに家族として繋がっていることを、今回はアフリカン音楽に乗りながら 

一緒にエンジョイしましょう!!

人生いろんなスパイスやカラーがあるほうが楽しいですから・・・ね!



とき:2009年8月27日(木)15:00〜17:00

ところ:しのばらの里(交通案内)

参加費:1000円 小学生以下無料

●スケジュール:

 15:00〜16:00 デジャーデンゆかりさんと語ろう「スクールガーデンの取り組み

 16:00〜17:00 アフリカン音楽&ダンス

   ケニア人のサム、ガーナ人のニアマの二人による アフリカン・ダンスと音楽のレッスン。

   心地よい太鼓のリズムに、思わず体が動き出す、心が歓ぶ、嫌なこと忘れる、細胞が元気になること 間違いなし!

   年齢や国籍を超えて お一人でも御家族連れでもどなたにも 参加して頂けます。

 17:30頃〜 トランジションパーティー

   ライブ終了後、ゆかりさんたちを囲んで気軽に食事持ち寄りのパーティーを行います。

   ご自身の食べる分、飲む分、マイ箸、マイ皿、マイカップはご持参ください。

   また、当日は自分で焼くオリジナル石焼ピザ(一枚500円)や生ビール(一杯400円)もご用意します。



●お申し込み方法

 以下までお名前、参加人数とパーティー参加有無をお知らせください。

 sagamiko2009★gmail.com(★を@にしてください)

●持参するもの

 動きやすい服装、水、汗をかくかもしれないため帰りに着替えたい人は着替え用の服、

 アフリカン楽器を持っている人は 是非持参ください。(ジャンベー、シェイ

カー、マラカスなど)

 

●プロフィール

■バーラバージョ

バーラバージョ ガーナ語で「共に歌い、共に踊ろう!」という意味

〜音楽、歌、ダンスを通してアフリカの風をあなたへ〜

2007年度、クィーンズランド・マルティカルチュラル・アチーバー賞受賞

ガーナ生まれのニ・アーマ、ケニア生まれのサム・オコスの二人は、アフリカ文化と音楽をこよなく愛すミュージシャンであり、シンガー及びダンサーである。

出身国はもとよりオーストラリア、台湾など国内外においてエネルギッシュかつ美しいメロディーを併せ持つパフォーマーとして知られている。演奏だけでなく、アフリカ文化と芸術の教授活動にも力を入れている。伝統リズムとモダンリズムを融合し、独自の情熱的でオーセンティックな音をクリエイトする彼らの演奏は、年齢を問わない幅広い層に受け入れられている。

オーストラリア・クイーンズランド州で今日最も活躍しているアフリカン・ドラム&ダンスユニットとして知られている。ブリスベンとサンシャインコーストでは毎週ダンスとドラムのワークショップを開催し、個人レッスンも受け付けている。

オーストラリア国内の有名フェスティバル、政府やプライベートファンクションでの演奏は定期的に依頼され、公私立託児所、幼稚園、小学校にては何千人もの子供達が彼らの演奏に魅了されている。

ニ・アーマとサム・オコスは2007年にCD「ススマ」をリリース。同年にはオーストラリアクィーンズランド政府より、クィーンズランド・マルティカルチュラル・アチーバ賞を受賞した。

今回、日本人女性 デジャーデン・ゆかり も加入し、3人組ユニットとして日本各地をコンサート及びダンスとドラムのワークショップをして周る予定。



■デジャーデンゆかり

3人の子育て真っ最中のお母さん、隠れダンサー。

兵庫県出身、高校よりアメリカで過ごし、国際博覧会や万博など イベント業界にてバブル時代は地球を渡り鳥生活。

阪神大震災で被災、出産と人生の転機が訪れ その後家族と共にオーストラリアへ移住。現在は自給自然暮らしを謳歌しながら、ホリスティックライフ体験民宿「ささやく樹」を運営。自然食醗酵食の料理教室を自宅で開催ほか、豪国のクイーンズランド州東洋医学大学でマクロビオティックを指導。

コミュニティーデザイン・ファシリテーター、パーマカルチャー・デザイナー、認定講師として国内外で活躍。

共著に「個人のライフスタイルとコミュニティーの自立」東洋企画