CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 活動実績 | Main | 横浜市TBG協会»
プロフィール

若ちゃんさんの画像
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
安洋
長後クラブ月例競技会 (10/07)
http://blog.canpan.info/tbg-fujisawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tbg-fujisawa/index2_0.xml
コンパス方式 [2010年11月06日(Sat)]

 横浜市TBG協会が毎月発行している「横浜市TBGだより」の一面トップは、いつも中山会長が寄稿されている。
 私は、いつも興味深く読ませていただいていますが、2010年11月発行の第119号には、コンパス方式についての所見が掲載されている。
 神奈川県TBG協会の交流会で、「ほぼ90度近く曲がったホール」でコンパス方式を理解していないプレーヤーが多いと書かれている。
 10月の座間市での第1回交流会の最も南のホールが、左へ90度近く曲がっていたが、たぶんこのときのことを書かれているものと思われますが、全く同感であります。
 私のパーティでも、左へ曲がっているので右へOBした場合には、下がる必要があるのにコースロープに近いところにプレースされ、結果としてかなりホールに近づいた方がおられた。

 県交流会に参加されるようなプレーヤーは、競技規則を十分理解する必要があると思われるが、中山会長の文には、正しく理解してプレースしたのは確認した20名のうちただ1名だったと書かれている。
 また、「同伴プレーヤーもそのことに気付かず交流会は進められたが、正しく処理できるように意識と勇気を高めて欲しいものです」とも書かれているが、同伴プレーヤーが注意するのはなかなか難しく、私も気がつきながらエチケットリーダーではなかったこともあり注意はしませんでした。
 これからは勇気を出して注意をするように心がけたいと思っています。



                                若林信男 記