CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«藤沢市TBG協会 2019年3月活動計画・実績 | Main | 藤沢市TBG協会 第17回総会»
プロフィール

若ちゃんさんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/tbg-fujisawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tbg-fujisawa/index2_0.xml
レクリエーションTBG 169 [2019年04月04日(Thu)]

レクリエーションTBG 169

   レクリエーションTBG 169
                      中 山  次
                       (横浜市TBG協会会長)
 レクリエーションTBGを考える。
 筆者の区のTBG活動は四ヶ所で、月曜日から金曜日までの午前中に、そのどこかでTBGの練習会が行われているので、週に2〜3回はその練習会へ足を運ぶように心掛けている。また、月に一回行われている例会に参加し優勝を目指してTBGを楽しんでいるが、集中力が続かない私は、ミスショットをするとまたミスショットが続くので、いつも悪い結果になる。そのとき。体力維持を考えて120%のスイングをすると良いショットになり気分爽快になることがある。これが筆者のストレス解消になるTBG人生と考えてプレーを楽しんでいる。
 このような筆者でも月一回の例会は、沢山のハンデがあるのでいつも優勝したいと考えてプレーを楽しんでいるが、思うようにならないTBG人生である。少し心を入れ替えて、昨年の夏頃からTBGを楽しむために、また、少しでも良い結果を目指すために、籠入れのミスを少なくすることを考えて、その稽古を実施している。「集中力を継続する体力と知力がないので、どのように改善するか。」と考えて見たとき、それがストレスにならない方法を考えながら行っている。
 このような状況の中で、昨年の暮れに80歳になった。今年からは、区のルールでティショットの位置がミドルティになり、例会でティショットがフルスイングしなくても良いことになったと考えている。
 1月の例会へ参加したがミスが多くストレスにならないように楽しくプレーしていつもの結果に終わったが、2月になって例会の会場に着いたとき、無風で曇りで気温がほどほどで気分が爽快であった。例会のプレーがスタートし体調も非常に良くショットの乱れも少なく、籠入れのミスも少なく、これは奇跡が起きたと感じた。するとハンディ・キャップにも恵まれたので快勝することになった。考えて見ると3年ぶりの出来事であった。
 会員の皆様、TBGのお稽古を楽しくもくもくと継続していると、筆者のような楽しみのあることを信じてくれるかな、と思いつつレクリエーションTBGの喜びをかみしめている。  以上

 『横浜TBGだより 第220号 2019年4月』から転載しました。



 若林信男 記
コメントする
コメント