CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«藤沢市TBG協会 2018年5月活動計画・実績 | Main | 神奈川県TBG協会 関東甲信越ブロック大会予選会»
プロフィール

若ちゃんさんの画像
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/tbg-fujisawa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tbg-fujisawa/index2_0.xml
レクリエーションTBG 158 [2018年06月01日(Fri)]

レクリエーションTBG 158

 レクリエーションTBG 158
                            中 山  次
                            (横浜市TBG協会会長)
 レクリエーションTBGを考える。
 TBGの指導者の資格に思う。4月に開催された県TBG協会の総会の質問の中にTBGの技術指導を希望する声があった。私たち県の指導員は、ルール・マナー・安全の指導が主で、TBG競技技術の指導の内容は含まれていない現状を理解しているが、TBGのフィニッシュのホールインの基礎知理論は、TBGの仲間より手ほどきを頂いた記憶がある。県協会の指導員の資格取得養成講座の内容では、10m・7m・3mのホールインの実技テストはあるが、そのホールインの基礎理論の指導は含まれていなかったと記憶している。
 当市協会の中では、会員から「指導員の資格」に技術指導に内容を含むことを希望する声を耳にしているが、結論は得ていない中、それを実施している会員がいることは事実であると考えると、筆者は、TBGの競技技術トレーナーの存在が生まれていると考えている。
 TBGの業界を見回すと実際にそのトレーナーに近い指導を実施している仲間が存在しているように目に写るが、そのような資格を組織して認めて育てていく必要性があると考えた時、レクリエーションスポーツとの考え方に葛藤を感じる。
 今は、会員が個人的に自分に相応しい師を探し、その師に指導を受け個人的に努力したものが、良い結果につながっていると考え、個人的にどれだけ自己トレーニングに努力できたかが結果になる。各大会で常に上位に成績を収めている会員は、それなりにハードトレーニングを行っている会員と考えられる。
 過去に当協会のトップレベルのK会員は、関東大会や全国大会で常にトップレベルの成績を保っていた。その会員は、千葉県の伊予ヶ岳のTBG場へ年に何回か通ったことを今思い出している。「昼食の休憩も惜しんで練習していちこと。」にそのオナーも感嘆していた。また、K会員が所属していた他の会員達は、「K会員のTBGの練習への取り組みは誰も真似をすることは出来ない練習量であった。」と耳にしているが、K会員は、TBGを愛し十分楽しんでいたことを考えるとレクリエーションTBGの範囲内であると筆者は考えている。     以上

 『横浜TBGだより 第209号 2018年6月豪』から転載しました。



 若林信男 記
コメントする
コメント