CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
被災地支援活動
その他の全記事はこちら
【報告】活動経過報告書No.2 (活動開始〜9/30まで)
(12/12)これからの活動について思う事 及川智
石巻県北がツイッターで活動情報発信を開始!
被災地障がい者センター全県同時アンケート調査中(ご協力のお願い)
『講師派遣依頼 申込み書』を設けました
(9/1現在)活動経過(これまでの活動と現在…)
「永六輔さん・小室等さんと話そう会 in 長町仮設住宅」の報告
“石巻支部”“県北支部”“県南支部”が発足
(5/10現在)活動経過報告 1
被災した避難生活で困っていませんか?何でもご相談下さい
被災状況をお知らせください(地震津波の被災にあった障害者団体へ)
『被災地障がい者センターみやぎ』が発足 (ゆめ風基金と宮城県内の14の障がい者団体で構成)
ゆめ風基金にご協力お願い致します



[ CILたすけっと活動内容 ]



■CILたすけっとの活動
       ・ILP(自立生活プログラム)
           ILP(自立生活プログラム)とは?
           一人暮しする為の方法
           交通機関の乗りかた紹介
       ・ピアカウンセリング
           ピアカウンセリングとは?
       ・相談受付情報提供
           情報提供の内容
           地域出前講座
       ・有料介助者派遣サービス
       ・人権擁護・ピアサポート活動
           差別・虐待・プライバシー侵害などのご相談はこちら
       ・交渉
       サロン交流会

■協働・連携の活動
       ・障がい者差別禁止条例(通称 『条例の会 仙台』)
       ・みやぎアピール大行動実行委員会
       ・ゆめ風基金宮城支部
       ・タウンモビリティー事業
       ・イベント参加報告
       ・協力&共催イベント情報

■情  報
       ・障害者自立支援法の動き
       ・スタッフ日記
       ・他団体の情報
       ・バリアフリー福祉機器紹介

■募集内容
       ・ボランティア募集掲示板
      ・随時ヘルパー募集中


■介助者派遣事業
       ・介助者派遣事業「NPO法人 地域生活オウエン団せんだい」(電話1(プッシュホン)022-248-6016)

■移動サービス事業
     ・移動サービス事業「NPO法人 あくせすふらり」(電話1(プッシュホン)022-746-8037)

■寄付を頂いた報告
       ・CILたすけっと普段の活動に対する寄付のご報告
       ・被災障がい者支援活動に対する寄付のご報告

■アクセス・スタッフ紹介
     ・当事務所へのアクセス方法
     ・事務局スタッフ紹介
【情報】(2/18.土) ボランティア育成事業NPOに参加するきっかけに!市民活動カフェ/小椋も登壇します [2017年01月24日(Tue)]
講演情報

(2/18.土) 平成28年度 ボランティア育成事業
NPOに参加するきっかけに!市民活動カフェ

≪CILたすけっとスタッフ 小椋が登壇します≫


●日時:平成29年2月18日(土) 13:30〜15:45
●ゲスト:CILたすけっと 事務局スタッフ 小椋亘さん
     NPO法人アマニ・ヤ・アフリカ 理事長 石原輝さん
     認定NPO法人あかねグループ 理事長 清水福子さん
●会場:みやぎNPOプラザ 交流サロン
●内容:NPOとボランティアのいろは
・ボランティアとともに活動するNPOの実践者の話を聞こう!
・ゲストに気になることを聞いてみよう!
※終了後、交流会(自由参加)



「プライベートの時間を活用して地域や社会のために何かをしてみたい」
「セカンドライフは社会貢献活動に邁進したい!」

『市民活動カフェ』は、そんなあなたに来てほしい場所です。

誰かの役に立ちたい、何かをしたいというのは難しいことではありません。
私たちのまわりには、困りごとや問題を解決しようと日々奮闘しているNPOが数多くあります。
団体に共感し、活動を始めたという人たちもいます。

そんな先輩たちの声をヒントに、一歩踏みだす「きっかけ」を一緒に見つけましょう!

■ゲスト

●小椋 亘さん(CILたすけっと事務局)
2017_0218_guest1.gif


【プロフィール】仙台市生まれ、仙台市育ち。在学中、ボランティアサークルを立上げ、校内でVTセンターの役割を担う(その活動中に、CILたすけっとと出逢う)。2007年、県内初の障がい種別を越えたネットワーク(みやぎアピール大行動)の事務局を担当。2009年、地元のコミュニティサイトを立上げ、日本財団カンパンブログ大賞2010にノミネート。2011年、せんだい・みやぎNPOセンターより推薦を受け、アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミーを受講。東日本大震災以降、被災地障がい者センターみやぎの事務局を担い、述べ1,500名へ支援。2016年4月施行の仙台市障害者差別禁止条例の制定活動団体の事務局を担当。22歳から今も毎年1〜2回、地元の同級会を開催。繋がりを大事に、それを楽しみながら活動しています。

●石原 輝さん(NPO法人アマニ・ヤ・アフリカ理事長)
2017_0218_guest2.gif


【プロフィール】石原輝(いしはら あきら)。1974年生まれ、仙台市出身。NPO法人アマニヤアフリカ理事長、国際NGO Amani ya Africa Kenya 代表。27歳の時に旅行でケニアのスラムに住む人々と出会い、支援活動とフェアトレード活動を開始。一時的に終わる支援ではなく、長期にわたって続く支援を目指して活動を行っている。

●清水 福子さん(認定NPO法人あかねグループ理事長)

2017_0218_guest3.gif


【プロフィール】宮城県気仙沼市生まれ。六十二歳。夫の転勤にて仙台市へ。平成十三年、私にもできるボランティアを希望してあかねグループに入会。配食サービスのボランティアとして調理・献立作成・発注・配達を経験。平成十八年、配食事業管理責任者。高齢者の食事、お弁当の必要性、自宅で暮らし続けるための食習慣の大切さを実感。平成二十六年理事長。あかねグループ設立時の思い、理念をふり返り、今だからこそ出来る助け合い活動、地域活動の在り方を会員と協力しながら「何とかしなくちゃ」に挑戦中。

◆メニュー
 ・NPOとボランティアのいろは
 ・ボランティアとともに活動するNPOの実践者の話を聞こう!
 ・ゲストに気になることを聞いてみよう!
 ※終了後、交流会(参加自由)

●日時 平成29年2月18日(土) 13:30〜15:45
●場所 みやぎNPOプラザ 交流サロン
●内容 ・NPOとボランティアのいろは
・ボランティアとともに活動するNPOの実践者の話を聞こう!
・ゲストに気になることを聞いてみよう!
※終了後、交流会(自由参加)
●対象 NPO・市民活動、ボランティアに興味のある方
●定員
20名(先着順)
●参加費 500円(税込) ※茶菓子付き
●申込方法 参加申込書にご記入の上、FAX、郵送、メールにてご送付下さい。
 http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/img/2017_0218.pdf
 http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/jigyou/npocafe_20170218.html

主催 宮城県(みやぎNPOプラザ)
企画実施 認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
連絡先 みやぎNPOプラザ
〒983-0851 宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地
TEL:022-256-0505  FAX:022-256-0533
E-mail:npo@miyagi-npo.gr.jp
【報告】(12/23.祝)サンタパレード2016へ参加してきました!! [2017年01月18日(Wed)]
CILたすけっとサロン


(12/23.祝)サンタパレード2016へ参加してきました!!


S_5508238037608.jpg


12月23日(金)に開催されたサンタの森の物語”サンタパレード2016へ参加してきました。
今年も、たくさんのボランティアさんに集まっていただくことができました。

パレードの最中は、参加者とボランティアさんでグループを作り、光のページェントの下を歩きました。


IMG_0044.JPG


参加者の方々もボランティアさんと一緒に、それぞれ楽しい時間を過ごせたことと思います。

今回、参加していただいた皆さん、ありがとうございました!!
【報告】(1/15.日)新年会を楽しもう!! [2017年01月17日(Tue)]
CILたすけっとサロン


新年会を楽しもう!!


S_5508197055260.jpg


1月15日(日)に2017年初めてのサロンが行われました。新年会ということで今年はJR長町駅近くのホテルふじやで開催しました♪


S_5508489065598.jpg



今回の新年会では、カラオケはもちろんの事ですが、その他に景品の抽選会や参加者の方の楽器演奏がありましたカラオケ

みなさん、テンションが上がりまくっていてすごく楽しそうでした!!
年初めのサロンをみなさんと一緒に盛り上がることができて、よかったです(^^)

また、初めて参加された方もいて良かったです!
情報:「ハートインみやぎ1月21日開催決定!」 [2017年01月10日(Tue)]
他団体のイベント情報

ハートインみやぎ1月21日開催決定!


以下、ハートインみやぎさんのイベント情報です。

1月21日、第23回目となるハートインみやぎを以下の内容で開催いたします。
今回は精神保健福祉法の改正や相模原殺傷事件、地域包括ケアシステムなど、精神保健福祉関連のさまざまな問題についてざっくばらんに意見交換する場にしたいと思います。

これを機会に見識を深めたいという方、ただいま勉強中という学生の皆さんも大歓迎です。終了後には懇親会も予定していますので、お誘いあわせの上お気軽にご参加ください。


日 時 : 平成29年1月21日(土)14:00〜16:00 (終了後、希望者で懇親会を予定)
場 所 : 原クリニックHCビル1階  仙台市青葉区昭和町2−25
発言者: 佐藤大介 氏 (仙台市健康福祉局・障害者支援課)
       山本 潔 氏 (宮城精神しょうがい者団体連絡会議 副議長)
       原 敬造 氏 (ハートインみやぎ理事長/原クリニック院長)

NPO法人ハートインみやぎ事務局(渡部)
【告知】(1/15.日) 新年会のお知らせ! [2016年12月26日(Mon)]
新年会のお知らせ!


日時:平成29年1月15日(日) 13:00〜16:00
場所:ホテルふじや2階(宮城県仙台市太白区長町5丁目3−23)
   ※JR長町駅西口向い徒歩1分
対 象:障がいのある方も障がいのない方も (種別は問いません)
テーマ:友達を誘ってカラオケも楽しもう!
定員:30名
参加費:1500円(介助者300円)※1ドリンク&軽食あり
☆交通費は各自でお願いします
締切:平成29年1月9日(月)

《問合せ・申込先》
CILたすけっと サロン担当
住所:〒982-0011 仙台市太白区長町1丁目6−1
TEL:022-248-6054/FAX022-738-9501
メール:ciltasukettosalon★ yahoo.co.jp (★⇒@)
(サロン担当:佐藤順子・鎌田慎也・横山拓哉 )
【告知】(12/13.火)「JICA本邦招へいプログラム CILたすけっと第2弾」開催のお知らせ [2016年12月12日(Mon)]
被災地障がい者センター、CILたすけっと


JICA本邦招へいプログラム
CILたすけっと第2弾 開催のお知らせ


日  時:2016年12月13日(火) 9:00〜10:30
場  所:JICA東北
テ ー マ:「ジェンダー・多様性からの災害リスクの削減」
協力団体:CILたすけっと、ありのまま舎活動センター
参 加 者:30名(チリ、スリランカ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、ブータンの方々)
内  容:講義「障がい者とDRR(防災・減災)の取組み」


■プログラム
1.CILたすけっとの紹介(20分)
 東日本大震災以降の活動
  ・CILたすけっと
  ・被災地障がい者センターみやぎ

2.被災体験を語る(20分)
  佐藤順子さん(10分)
  及川智さん(元被災障がい者センターみやぎ代表)(10分)

3.被災地障がい者センターみやぎとCILたすけっとの活動紹介(10分)

4.震災後、現在の課題の変化(10分)

5.復興、減災に向けた、私たちの今後の役割(10分)

6.質疑応答(20分)

以上
Posted by CIL たすけっと at 14:55 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【告知】(12/10.土) 忘年会2016開催のお知らせ! [2016年11月25日(Fri)]
忘年会2016開催のお知らせ!

日時:平成28年 12月10日(土)14:00〜16:30
場所:焼肉レストラン ひがしやま 長町駅前店
   ※地下鉄南北線 長町南駅 徒歩5分
    JR常磐線 長町駅 徒歩5分
対 象:障がいのある方も障がいのない方も (種別は問いません)
テーマ:今年1年の事を振り返りつつ交流を深めよう !
定員:30名
参加費:2000円(食事をする介助者は 1000円 )
※お酒は別料金です
 交通費は各自でお願いします
締切:12月7日(水)

《問合せ・申込先》
CILたすけっと サロン担当
住所:〒982-0011 仙台市太白区長町1丁目6−1
TEL:022-248-6054/FAX022-738-9501
メール:ciltasukettosalon★ yahoo.co.jp (★⇒@)
(サロン担当:佐藤順子・鎌田慎也・横山拓哉 )
【報告】第10回 みやぎアピール大行動の様子が新聞で取り上げられました [2016年11月08日(Tue)]
みやぎアピール大行動実行委員会


第10回 みやぎアピール大行動の様子が
新聞で取り上げられました

≪開催日時≫
2016年11月3日(木・祝) 12:30〜@エルパーク仙台

■新聞記事はこちら→2016年 第10回 みやぎアピール大行動 新聞掲載記事.pdf
・2016年 11月4日 朝刊 毎日新聞
・2016年 11月4日 朝刊 朝日新聞
・2016年 11月4日 朝刊 河北新報社
Posted by CIL たすけっと at 19:31 | みやぎアピール大行動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】(11/2.水) 常磐線新駅のバリアフリー調査をおこない読売新聞で掲載されました [2016年11月08日(Tue)]
バリアフリー活動

(11/2.水) 常磐線新駅のバリアフリー調査をおこない
読売新聞で掲載されました


■読売新聞の記事はこちら
読売新聞 11月5日(土)朝刊.pdf
2016年11月5日(土)朝刊


【報告】(11/2.水) 常磐線新駅のバリアフリー調査をおこないました/NHK WEB NEWS紹介されました [2016年11月08日(Tue)]
NHK NEWS WEBニュース詳細

(11/2) CILたすけっとメンバーも参加し
常磐線新駅のバリアフリー調査をおこないました
NHK WEB NEWSで紹介されました


-----------------------------------------------------------

常磐線新駅でバリアフリー調査

11月02日 19時21分

常磐線バリアフリー.png


東日本大震災の影響で不通となっているJR常磐線の一部区間の運転が12月に再開されるのを前に、山元町に新たに作られた山下駅では、障害者の自立などを目指す社会福祉法人の人たちが構内のバリアフリー設備を調査しました。
これは12月10日に常磐線の浜吉田駅と福島県の相馬駅の間の運転が再開されるのを前に、仙台市の社会福祉法人「ありのまま舎」が企画しました。
山元町内に新しく整備された常磐線の山下駅には、目や耳の不自由な人などが実際に訪れ、駅の構内やホームを利用する際に不便を感じないようになっているか設備を確かめました。
このうち車いすを利用している人は券売機や窓口の高さを確かめ、また耳が不自由な人は、列車の運行情報を知らせる掲示板などが設置されているか見て回りました。
また弱視のため色が分かりづらいという人からは「階段のかどの部分を濃い黄色にして段差がわかるようにしてほしい」といった意見が出されました。
駅のホームでは視覚障害者の女性が安全にホームを歩くことができるか確かめました。
ホームには転落防止用の「ホームドア」は設置されていませんが、女性は白杖を使ってはばを確かめながら歩き「距離が十分あるので、安心して歩けそうだ」と話していました。
社会福祉法人ありのまま舎は、今回の調査結果をまとめて、JRに要望書として提出することにしています。
JRによりますと、宮城県内にある新幹線と在来線の駅のうちホームから線路に転落するのを防ぐための「ホームドア」が設置されている駅は、東北新幹線の「くりこま高原駅」だけということです。
くりこま高原駅は、線路の本数が少ないため停車せずに通過する新幹線がホームのすぐそばを通り、危険だとして「ホームドア」が設置されたということです。
一方、仙台市交通局によりますと、地下鉄南北線と東西線はすべての駅にホームドアが設置されているということです。
駅のホームの安全対策を巡っては、視覚に障害のある人がホームから転落して電車にはねられる死亡事故が相次いだことなどを受け、国土交通省は10月、鉄道事業者にホームドアや点字ブロックの設置など対策を急ぐよう指示しています。
JR東日本仙台支社は「列車の緊急停止ボタンなど、必要性の高いものから各駅への設置を進めている。ホームドアについては、費用の面も考えながら、順次普及の検討をしていきたい」としています。

以上
【告知】(11/3.木祝) 第10回 みやぎアピール代行動2016開催のお知らせ/藤井 克徳さん講演・当事者アピール [2016年10月28日(Fri)]
告知・みやぎアピール代行動2016年

(11/3.木祝) 第10回 みやぎアピール代行動2016
開催のお知らせ

活かそう障害者権利条約!今こそ差別のない社会の実現を!
〜藤井 克徳さん講演・当事者アピール〜


05_fujii.jpg


みやぎアピール大行動実行委員会は、障害者自立支援法“応益負担反対”を訴え、10年前に県内の障害者、支援者、家族で結成され、現在36団体がつどい、より良い障害者福祉を求め精力的な活動を行っています。
 毎年300人程がつどう集会&パレードを行う取り組みを柱に、各種要請活動をおこなっています。



日時:2016年11月3日(木・祝) 12:00開場
会場:エルパーク仙台 6階(ギャラリーホール)

※住所:仙台市青葉区一番町4丁目 11番1号 (141ビル) 022-268-8300
情報保障:手話通訳・要約筆記 あり
資料代:500円


《内容》
■12:30〜アピール大集会

・13:00〜講演 講師 藤井克徳さん(日本障害者協会代表、きょうされん 専務理事)
・14:10〜当事者アピール

○藤井克徳(ふじいかつのり)さんプロフィール
1949年、福井県生まれ。東京都立小平養護学校教諭、埼玉大学教育学部 非常勤講師を歴任。
現在、日本障害者協議会代表、きょうされん専務理事など役職多数。

■16:00〜アピール大行進(パレード)
コース(予定)/勾当台公園グリーンハウス前広場→一番町アーケード→仙台駅前 仙都会館前で解散


主催
みやぎアピール大行動実行委員会
事務局/仙台市宮城野区松岡町17-1(コッペ内)
Tel:090-9740-7799(代表:鷲見) FAX:022-299-1279
Posted by CIL たすけっと at 14:12 | みやぎアピール大行動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】(10/22.土)「2016年 長町交流フェスタ」で 占い・ゴロ卓球・ボッチャの体験をおこないました [2016年10月25日(Tue)]
CILたすけっとサロン


(10/22.土)「2016年 長町交流フェスタ」で
占い・ゴロ卓球・ボッチャの体験をおこないました


S_5135054010982.jpg


S_5135057455505.jpg


毎年、参加させて頂いている長町交流フェスタ。
今年も、多くの地域の方々が参加してくれました!
例年通り小学生が多く、今回はゴロ卓球体験が大盛況でした。
それから占いやボッチャ体験も盛り上がりました。
来年は今年やらなかった車いす体験を復活させたいと思います。

そして参加してくださった皆さんありがとうございました。
来年もぜひお越しください。

日時:2016年 10月22日(土)
会場:太白区中央市民センターの別館3階体育館
内容:CILたすけっと活動紹介のスライドショー、占い、ボッチャ体験、ゴロ卓球体験
【新聞掲載】(10/5実施) 尚絅学院高校での出前講座の様子が、河北新報に掲載していただきました [2016年10月24日(Mon)]
地域出前講座・報告

尚絅学院高校での出前講座を
河北新報に掲載していただきました


支援・配慮 自分らしく
〜尚絅学院高生 障害者と意見交換〜


2016年10月5日(水)
仙台市青葉区の尚絅学院高校で5日、障害者への配慮や支援について考える学習会があり
生徒20人と障害者3人が意見交換をしました。


■掲載新聞
河北新報 朝刊 2016年10月18日(火)
新聞記事はこちら→尚絅学院高生 障害者と意見交換.pdf

以上
Posted by CIL たすけっと at 15:43 | 地域出前講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【告知】(10/22.土)ながまち交流フェスタを楽しもう! [2016年10月16日(Sun)]
CILたすけっとサロン

CILたすけっとに関わる皆さま

たすけっと10月サロンは
ながまち交流フェスタを楽しみましょう!!
CILたすけっとも団体として参加しています♪


○CILたすけっと10月サロン○

ながまち交流フェスタを楽しもう!


仙台市太白区中央市民センターまつり
《ながまち交流フェスタ2016》のお知らせ

日時:平成28年 10月22日(土)10:00〜15:00
会場:太白区中央市民センター〈たいはっくる〉
(仙台市太白区長町5ー3ー1)
主催:ながまち交流フェスタ実行委員会

■長町ゆかりの団体の舞台発表・サークル展示・体験コーナー・飲食コーナーなど盛りだくさんなおまつりです。各コーナーごゆっくりお楽しみください(*^▽^)/★*☆♪

■《CILたすけっと》は〈たいはっくる(別館)3階体育館〉にて活動紹介のスライドショーなどを流します。ぜひ遊びに来てください♪

■申込み不用・入場料無料ですが各コーナーでの飲食代や参加費については当日会場のパンフレットや案内をご覧ください☆

■集合時間・解散時間は特にありませんので《ながまち交流フェスタ2016》開催時間内に各コーナーご自由にお楽しみください。そして《CILたすけっと》コーナーもぜひのぞいてみてください( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


○問い合わせ先○
CILたすけっと事務局
住所:〒982-0011 仙台市太白区長町1丁目6−1
TEL:022-248-6054 
FAX:022-738-9501
MAIL: mailto:ciltasukettosalon@yahoo.co.jp
担当者:サトウジュンコ・ミヤモトチカ・カマダシンヤ・ヨコヤマタクヤ
新聞掲載:「相模原 障がい者殺傷事件の犠牲者をしのび事件について考えるなんでも吐き出そう!座談会」の様子を河北新報に掲載していただきました [2016年10月14日(Fri)]
新聞掲載・活動報告・CILたすけっと トウカカフェ拡大企画

殺されていい命なんかない!死んでいい命なんかない!
『相模原 障がい者殺傷事件』犠牲者をしのび事件について考える
なんでも吐き出そう!座談会

河北新報で掲載していただきました


IMG_0886.JPG

≪実施日≫
日 時:2016年10/10(月・祝) 13:30〜16:30
場 所:太白中央市民センター 3階 中会議室(仙台市 太白区長町5丁目3番2号)
参加費:無料(事前申込み不要。障がいの有無に関係なく、「殺されていい命なんかない」という大テーマに共感している方であれば、誰でも参加可能です)
情報保障:手話通訳、要約筆記
参加人数:27名の参加がありました


≪新聞掲載 報告≫
殺されていい命はない 座談会記事.png

2016年10月13日(木) 河北新報 朝刊
記事はこちら→殺されていい命はない 座談会記事.pdf
以上
【告知】(10/10.月・祝) 殺されていい命なんかない!死んでいい命なんかない!『相模原 障がい者殺傷事件』の犠牲者をしのび事件について考える なんでも吐き出そう!座談会 [2016年10月09日(Sun)]
CILたすけっと トウカカフェ

殺されていい命なんかない!死んでいい命なんかない!
CILたすけっとサロン・トウカカフェ拡大企画

『相模原 障がい者殺傷事件』の犠牲者をしのび事件について考える
なんでも吐き出そう!座談会


この事件を受けて、当事者として、そしてともに活動する仲間として、怖い気持ちや不安な気持ち、怒りやその他、いろいろなことを感じてると思います。しかし、そういった気持ちをなかなか話す場がなく、自分の心に溜めてしまい込んでいる方も多いのではないでしょうか。CILたすけっとには、事件発生以来、不安や怒りを訴える電話が来ています。
そこで、今回は、なんでも良いので気持ちを吐き出す場をとして、座談会を企画しました。

私たちCILたすけっととして、世間に訴えたいこと、それは「殺されていい命なんかない!死んでいい命なんかない!」ということです。この思い、みんなで共有したいと思いますので、障がいの有る無しに関係なく、この座談会にご参加下さい。


日 時:2016年10/10(月・祝) 13:30〜16:30
場 所:太白中央市民センター 3階 中会議室(仙台市 太白区長町5丁目3番2号)
     ※地下鉄「長町駅」から徒歩5分
参加費:無料(事前申込み不要。障がいの有無に関係なく、「殺されていい命なんかない」という大テーマに共感している方であれば、誰でも参加可能です)
情報保障:手話通訳、要約筆記 有り

※通常のトウカカフェは、同じ会場で11:00〜13:00に開催しますので、こちらもご参加下さい!


■『バクバクっ子・いのちの宣言』
どのいのちも、ころしても、ころされても、じぶんでしんでもいけません
とおとい しにかたは、ありません
とおとい いきかたと、とおといいのちがあるだけです

バクバクの会〜人工呼吸器とともに生きる〜(旧:人工呼吸器をつけた子の親の会)2010年7月31日より

※私たちCILたすけっとも、この宣言文に共感します!
※殺された障がい者19人は、紛れもなく私たちである


問合せ・申込先 :CILたすけっと
住所:〒982-0011 仙台市太白区長町1丁目6−1
TEL:022-248-6054/FAX022-738-9501
メール:ciltasukettosalon★ yahoo.co.jp (★⇒@)
(担当:杉山裕信)
【報告出前講座】西多賀病院・支援学校共同文化祭に参加しました! [2016年10月06日(Thu)]
地域出前講座


西多賀病院・支援学校共同文化祭へパネル展示を行いました!!


28年度 西多賀文化祭_6332.jpg


 先日、9月30日〜10月1日に西多賀病院と西多賀支援学校共同企画である文化祭が開催されました。
たすけっとでも去年と同様に教室の一角を使用し、スライドショーでたすけっとの活動の紹介やスタッフの活動の紹介させて頂きました。

28年度 西多賀文化祭_6161.jpg


28年度 西多賀文化祭_6389.jpg


28年度 西多賀文化祭_9734.jpg


 今回は急に参加することになり、準備に時間がなかった割には良いものが出来、思ったより多く人が来てくれたので良かったです。
 ただ来年やる時は展示だけでは、これ以上多くの人は見込めないと思いました。
次からは、参加するかどうか早く決めて準備に取りかかりたいと思います。

 最後になりますが、色んな方々と交流を深められて良かったです。観に来てくれた皆さんありがとうございました

担当:横山拓哉
Posted by CIL たすけっと at 20:03 | 地域出前講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【動画】CILたすけっと&ゆめ風基金の20周年記念イベント「風街フォーラム」の動画がインターネットに掲載されました [2016年10月06日(Thu)]
CILたすけっと20周年記念イベント

CILたすけっと&ゆめ風基金の
20周年記念イベントの動画が
インターネットに掲載されました


東日本大震災 その時 障害者は
〜ドキュメンタリー映画「逃げ遅れる人々」出演者の4年後〜




▼1部


▼2部


皆さん、こんにちは
CILたすけっと&ゆめ風基金の20周年記念イベントの動画が、「せんだい メディアテーク」内の、「3がつ11にちをわすれないためにセンター」のご協力により、インターネットに掲載していただきましたので、ご案内します。
振返りに観て頂いたり、ぜひ当日参加できなかった方々などにも、ご紹介下さい。

この、「東日本大震災の時に、障がい者や社会的弱者が、どのような状況に陥ったか」という講演記録が、日本や世界で今後起こる震災時に、一人でも多くの方の命が助かるように活かされることを強く願っております。
小椋


■開催日

日 時:2015年3月29日(日)
    第1部 10:00〜12:00
    第2部 13:00〜16:00
会 場:仙台市シルバーセンター7階 第1研修室
情報保障:手話通訳・要約筆記有
主 催:CILたすけっと&認定NPO法人 ゆめ風基金
映像協力:せんだいメディアテーク「3がつ11にちをわすれないためにセンター」


■第1部 10:00〜12:00 (受付 9:30〜)
“そよ風のように仙台へ出よう”
〜障がい者運動の先達から私たちが受け継ぐための会〜

《内容》
第1部はCILたすけっとの20年を振り返りつつ、東日本大震災後に仲間になった当事者が、長年障がい者運動を続けている私たちの大先輩“牧口一二さん”にいろいろお聞きして、これからの活動のヒントにしたいと思いました。
 CILたすけっと、ゆめ風基金、ともに20周年。阪神・淡路大震災から20年。東日本大震災から4年。時が過ぎるのは早いものです。障がい者運動が続いていくためには、新しい仲間に先達がおこなってきた経験を知っておいてもらいたいのです。
 せっかくの貴重な機会ですので、多くの方にこの会に参加していただきたいと思います。障がい者運動の“大切なところ”が聞けるはずです。



■第2部 13:00〜16:00 (開場 12:40〜)
津波・原発・障がい者、あの日と今とこれからと
〜ドキュメンタリー映画 東日本大震災と障がい者「逃げ遅れる人々」のその後〜
《内容》
2011年3月11日に起きた東日本大震災。その時障がい者に何が起こったのかを記録したのがこの映画である。福島県を中心に、被災した障がい者とそこに関わる人々の証言をまとめたこの映画は、2012年に発表して以来、多くの人々に見ていただいた。
「障がいがあるということは、災害時には普段以上のハンディとなる」このことは大震災直後からいたるところで起きていた。この映画に出演していた人々が口々に訴えていた。
あれから4年。この映画に出演していた人々は『その後』どうしているのだろうか。4名の方をお招きして、この映画を撮った飯田基晴監督とともに、今の生活の様子やこれからのことなどをお聞きし、マスメディアでは断片的にしか取り上げられない、被災地の障がい者を取り巻く新たなる課題や問題点を浮かび上がらせたい。

主催
CILたすけっと&認定NPO法人 ゆめ風基金
CILたすけっと
仙台市太白区長町1丁目6-1、電話 022-248-6054、FAX 022-738-9501
メール cil-tasuketto★k6.dion.ne.jp (★→@)
http://blog.canpan.info/tasuketto/
認定NPO法人 ゆめ風基金 http://yumekaze.in.coocan.jp/


映像協力
3がつ11にちをわすれないためにセンター(せんだいメディアテーク)

980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
tel:+81-22-713-3171 fax:+81-22-713-4482
naoki.hamada@smt.city.sendai.jp
www.recorder311.smt.jp http://www.smt.jp/
【報告】(10/1) 仙台市 太白中央市民センター×CILたすけっと コラボ企画! バリアフリー街歩き [2016年10月06日(Thu)]
出前講座 報告

仙台市 太白中央市民センター×CILたすけっと コラボ企画!
「バリアフリー街歩き」を実施しました


securedownload.jpg
▲車いすに乗って、車いすを押してみる体験をしながら、長町を歩きました

日時 2016年10月1日(土) 10:00〜
対象 小学生、親子、成人、約20名の方々に参加いただきました
共催 仙台市太白中央市民センター、CILたすけっと

コラボ企画の第2弾
この日は、暑いくらいの秋晴れ。予報では雨だったので、一時は外を歩けなくなるかもしれないなぁ…と心配してましたが、最高にいい天気に恵まれました(^.^)

当日は、小学生、幼稚園生の親子など、計20名ほどの方々の参加がありました。
第1回目の、お菓子作りの際に参加して下さった親子もおり、嬉しかったです。

まずは
車いすの操作の仕方や注意事項などを説明し、2グループに分かれて、太白中央市民センターからCILたすけっとの事務所まで、街歩きをしました。車いす体験も含めており、車椅子を押す人、乗る人に分かれ、全員が両方体験していただきました。
また、途中に、障がい者の作業所に寄り、そちらの活動も見学させていただきました。最後に、たすけっとの事務所にて、たすけっとの活動を紹介。事務所では、障がい当時者の代表の永井さんが、なぜCILたすけっとを作ろうと思ったのかを、施設の体験や思いなどを話しました。

rgaer.jpg
▲長町にある、障がい者の就労施設を見学させていただきました

今回も、CILたすけっとの障がい当事者スタッフがグループに同行することで、障がい者の生の声を聞きながら、一緒に街を歩きながら、バリアフリーチェックや、不便さや便利さなどを確認して回ることができました。

btgsbs.jpg
▲CILたすけっと事務所にて、CILたすけっとの活動紹介

参加者の感想では、実際に車椅子に乗り外を歩いてみて、自転車が怖かったとか、車椅子から見る景色は違かったなど、また車椅子を押す側の感想では、不安だった等の感想がありました。
皆さん、実際に障がい当事者の外出の方法を見たり、自分が車椅子に乗ったりしてみて、いろいろなことを感じてくれたようです。
また、気軽にお茶を飲みにでもCILたすけっとの事務所に遊びに来て欲しいと思います(^.^)


次回の第3弾は
第1回目のお菓子つくり、第2回目のバリアフリー街歩きの、振り返りの会です
そこでも、皆さんといろんな感想やお話ができることを楽しみにしております
小椋
Posted by CIL たすけっと at 15:01 | 地域出前講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】第9回 熊本地震募金活動の報告 [2016年09月29日(Thu)]
募金活動報告

《第9回》 熊本地震募金活動をおこないました

bgs.jpg

bstsr.jpg

■第9回 熊本地震募金活動
日時:2016年9月17日(土) 14:00〜16:00
場所:仙台市 藤崎デパートGucci前

当日は、8名の方々が集まり、共に声を出しながら街頭に立ち、熊本地震で被災した障がい者への支援金の募金活動をおこないました。
今回、集まったお金は、¥24,426円でした。全額、被災障がい者支援に役立てる為に「ゆめ風基金」に送金しました。

CILたすけっとは、これからも毎月1回のペースで募金活動を続けていきます。
Posted by CIL たすけっと at 19:41 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)