CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 障害者自立支援法の動き | Main | 交流会 開催のお知らせ»
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
【告知】(9/14.木)「介護保障ネットより仙台シンポジウム」のお知らせ [2017年08月04日(Fri)]

介護保障ネットより仙台シンポジウムのお知らせ


弁護士と障害者の会全国ネットの
9月14日 仙台シンポのチラシを添付します。
20170731チラシ(仙台シンポ).pdf

東北にはまだ24時間の重度訪問介護があるということ自体を知らない人が福祉
関係者にも多いので、特に東北の情報の届いてない各地の障害者団体や個人に拡散希望です。
お知り合い等とSNS等でつながっている皆さんにも広報お願いしたいです。
※CILたすけっとでは事務局長の杉山さんが出ますよ!

[以下署名]
全国自立生活センター協議会
〒192-0046
東京都八王子市明神町4-11-11-1F
TEL:042-660-7747 FAX:042-660-7746
E-mail:(団体)office@j-il.jp
HP:http://www.j-il.jp/
【情報】(3/27.月)『性的マイノリティのカミングアウトと自尊感情』のお知らせ [2017年03月23日(Thu)]
他団体のお知らせ

(3/27.月) セクシュアリティ夜間学校 1時限目
卒論報告 性的マイノリティのカミングアウトと自尊感情

開催のお知らせ




日時:2017年3月27日(月) 19:00〜21:00
会場:仙台市市民活動サポートセンター セミナーホール
※仙台市青葉区一番町四丁目1-3 (TEL.022-212-3010 会場問合せのみ)
資料代:100円

自らの性のありよう(セクシュアリティ)を表明する〜カミングアウトは、性的マイノリティが本来の自分自身を受け入れ周囲の必要な人に知ってもらい、人間関係の再構築を行うものです。これは単に「秘密の告白」をすることではなく、自分らしい生き方を始める一歩となる大事な営みで、その範囲は自分自身で受容することから社会に広く発信することまで、その人一人一人のライフスタイルに応じて自己決定されます。

前向きな姿勢を示す反面、カミングアウトにより周囲からの拒絶・排除にあうリスクもあり、性的マイノリティにとって表明するか否かに悩むところです。本人の意思に反してばらされてしまう〜アウティングはその人の人生に大きな傷を残すこともある深刻な事態です。

カミングアウトの実態とそれが及ぼす状況の変化について知ってもらい、自分らしく生きることについて、参加者みんなで熱く話し合えたらと思います。


1 研究の背景
〜性的マイノリティの人権とは?
レインボー・アドボケイツ東北 小浜 耕治

2 尚絅学院大学卒業論文報告
セクシュアルマイノリティのカミングアウトにおけるセクシュアリティに焦点化した被受容感が本来感、自尊感情に及ぼす影響
白鳥 颯也

3 ディスカッション

★「セクシュアリティ夜間学校」とは?
毎月第4月曜日あたりの19:00〜21:00 に開催ですが、会場、日時はこのセクマイ夜話ブログでご確認ください。セクシュアリティに関わる様々な知識、状況、課題についての学習会です。マジョリティも含めすべての人が学ぶ事ができる場です。

○次回は特別篇「共に暮らす性的マイノリティ〜地元当事者スピーカーのメッセージと仙台・宮城地域の課題」

2017.4.22(土) 14:30-17:00 エルソーラ仙台大研修室  
特別授業のため、昼間の開催となります。

★「セクマイ夜話」 http://blog.canpan.info/rainbowyawa/
毎月第2月曜日あたりの19:00〜21:00 
会場、日時はこのブログでご確認ください。
次回は3/7(火)開催。

主催・問合せ
レインボー・アドボケイツ東北  
rainbow1000dai-radv★yahoo.co.jp(★→@)
http://blog.canpan.info/touhokurainbowadv/
2/26(日) 障がい者プロレス オダズナの試合のお知らせ!! [2017年02月06日(Mon)]
他団体のイベント情報

障がい者プロレス団体 ODAZUNA(オダズナ)
の試合のお知らせ


aro;fei.png


チラシはこちら
オダズナのチラシ.pdf


日時 2017年 2月26日(日)
場所 宮城野障害者福祉センター 1F 訓練室
時間 13時30分 開場 14時試合開始
入場 無料
お問い合わせ 090-4559-6918 (小笠原)まで

■オダズナのブログ
http://ameblo.jp/odazunda/entry-12242442928.html
(2/26.日) 学習会「いまさら聞けない 障害者総合支援法」のお知らせ [2017年02月03日(Fri)]
他団体イベント情報

学習会「いまさら聞けない 障害者総合支援法」
が開催されます


▼チラシはこちら
総合支援法 学習会.pdf

≪概要≫
日時:2017年2月26日(日)10:30〜12:00
会場:宮城県障害者福祉センター
内容:どんなふうに使うの?、他にはどんなサービスがあるの?、サービスを切り替えたいときは?などなど
参加費:無料
主催:宮城県障害者福祉センター カラフルバー寺子屋
以上
(2/28.火) 映画「風は生きよという」上映会のお知らせ [2017年02月03日(Fri)]
他団体イベント情報

(2/28.土) 映画「風は生きよという」
の上映会が開催されます




以下、情報です
映画「風は生きよという」の上映会が開催されます

CILの活動をしている、海老原さんが出演しています
まだ観てない人、また観たい人などなど
素晴らしい映画ですので、お知り合いにも声がけし、ぜひご覧になって下さい

≪概要≫
日時:2月28日(火) 13:00〜上映、14:50〜監督との対談
会場:仙台市 福祉プラザ 1階プラザホール
参加費:入場無料
主催:宮城県患者・家族連絡協議会
以上
情報:「ハートインみやぎ1月21日開催決定!」 [2017年01月10日(Tue)]
他団体のイベント情報

ハートインみやぎ1月21日開催決定!


以下、ハートインみやぎさんのイベント情報です。

1月21日、第23回目となるハートインみやぎを以下の内容で開催いたします。
今回は精神保健福祉法の改正や相模原殺傷事件、地域包括ケアシステムなど、精神保健福祉関連のさまざまな問題についてざっくばらんに意見交換する場にしたいと思います。

これを機会に見識を深めたいという方、ただいま勉強中という学生の皆さんも大歓迎です。終了後には懇親会も予定していますので、お誘いあわせの上お気軽にご参加ください。


日 時 : 平成29年1月21日(土)14:00〜16:00 (終了後、希望者で懇親会を予定)
場 所 : 原クリニックHCビル1階  仙台市青葉区昭和町2−25
発言者: 佐藤大介 氏 (仙台市健康福祉局・障害者支援課)
       山本 潔 氏 (宮城精神しょうがい者団体連絡会議 副議長)
       原 敬造 氏 (ハートインみやぎ理事長/原クリニック院長)

NPO法人ハートインみやぎ事務局(渡部)
【情報】10/2(日) 「障害者プロレスODAZUNA トークライブ」開催のお知らせ [2016年08月26日(Fri)]
他団体イベント情報

10/2(日)
「障害者プロレスODAZUNA トークライブ」
開催のお知らせ


及川智選手、庄司俊哉選手(仙台障害者プロレス ODAZUNA所属)によるミニトーク
「障害者プロレスって何?」


<吉岡宿にしぴりかの映画祭2016 内>

10月2日(日)

【スケジュール】
10:30『DOG LEGS』上映
12:00 及川智選手、庄司俊哉選手(仙台障害者プロレス ODAZUNA所属)によるミニトーク「障害者プロレスって何?」
12:20 休憩
13:20『破片のきらめき』上映
14:40 高橋愼二監督、出演の本木健(出演者)によるトーク「病といきること」
15:40『わたしたちに許された特別な時間の終わり』上映
17:50 終了

<会場>
にしぴりかの美術館
〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
電話:070-5011-0028(代表:小野田)
【情報】10月1(土)&2(日) 「吉岡宿にしぴりかの映画祭2016」開催のお知らせ [2016年08月26日(Fri)]
他団体の情報

10月1日(土)、2日(日)の2日間
宮城県黒川郡大和町で開催される映画祭
吉岡宿にしぴりかの映画祭2016

13925082_1074019452652101_6584271608695331210_n.jpg

詳細・パンフレットはこちら
映画祭.pdf


<吉岡宿にしぴりかの映画祭2016プログラム>


1日目:10月1日(土)

【上映作品】
■『ちづる』(赤ア正和監督/2011年/79分)
https://www.youtube.com/watch?v=x2BqF3x9uXw
■『もっこす元気な愛』(寺田靖範監督/2005年/86分)
https://www.youtube.com/watch?v=5PL4M4GdD4U
■『Start Line』(今村彩子監督/2016年/112分)
https://www.youtube.com/watch?v=7f_OMs5r0qA
※映画監督らによるトークや座談会もございます。

【スケジュール】
10:30『ちづる』上映
12:00 休憩
13:00『もっこす元気な愛』上映
14:30 宍戸大裕監督によるミニトーク「『もっこす元気な愛』その後の話」(予定)
14:50『Start Line』上映
16:50 今村彩子監督によるトーク「私が旅で学んだこと」
18:20 吉岡宿ショートムービー座談会〜蔵で語り合うそれぞれの生きづらさ〜@吉岡宿叶蔵
19:50 終了予定

2日目:10月2日(日)

【上映作品】
■『DOGLEGS』(ヒース・カズンズ監督/2015年/89分)
https://www.youtube.com/watch?v=OG4YoJfRcYw
■『破片のきらめき』(高橋愼二監督/2008年/80分)
https://www.youtube.com/watch?v=OVvSba6t5tQ
■『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(太田信吾監督/2013年/121分)
https://www.youtube.com/watch?v=UFRPmItit3w
※映画監督らによるトークもございます。

【スケジュール】
10:30『DOG LEGS』上映
12:00 及川智選手、庄司俊哉選手(仙台障害者プロレス ODAZUNA所属)によるミニトーク「障害者プロレスって何?」
12:20 休憩
13:20『破片のきらめき』上映
14:40 高橋愼二監督、出演の本木健(出演者)によるトーク「病といきること」
15:40『わたしたちに許された特別な時間の終わり』上映
17:50 終了

<会場>
にしぴりかの美術館
〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
電話:070-5011-0028(代表:小野田)

※チケットなどの詳細は添付の画像をご参照ください。
【情報】(8/27.土) 第16回 政宗さんの川狩り〜伊達政宗公がこよなく愛した広瀬川のアユ漁〜 [2016年08月25日(Thu)]
他団体のイベント情報

第16回 政宗さんの川狩り
〜伊達政宗公がこよなく愛した広瀬川のアユ漁〜

広瀬川でアユを、捕って、見て、食べてみて


日時:平成28年8月27日(土) 午前10時〜12時(受付9:30〜)
※雨天決行!
場所:八本松河原 じゃぶじゃぶ池 会場(河川敷)駐車場
(※「じゃぶじゃぶ池」には、車いすで川に入れる、川にむけてひかれているスロープがあります)
参加費:子ども 400円、大人600円 (アユの塩焼きと飲物付き)
締切:8月25日(木) ※先着200名
申込みは、往復はがき、FAX、メールにて、氏名、年齢、住所、電話番号、参加人数記載の上、お申込み下さい。

主催:NPO法人 広瀬川の清流を守る会
電話:022−247−6522
FAX:022−290−3205
MAIL:info@hirosegawa.com
【情報】(9/22.木)社会福祉法人 つどいの家 主催/ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法 声をあげる私たち 」上映会 [2016年08月22日(Mon)]
他団体のイベント情報

(9/22.木)社会福祉法人 つどいの家 主催
ドキュメンタリー映画
「不思議なクニの憲法 声をあげる私たち 」上映会

不思議なクニ.png



上映日時 2016年9月22日(木・祝) 18:45開場、19:15開演(21:20終演)
場  所 宮城野区文化センター(パトナホール)
チケット 一般(前売り1,000円)当日 1,200円


(※以下、HPより引用)
監督 松井久子
憲法には「私はどう生きるべきか」が書いてある。

この映画は、憲法論議が政治によって進められるのでなく、主権者である 私たち国民の間に広がることを願ってつくられたものです。
国のかたちをきめる憲法に、誰もが当たり前に関心を持ち、正しい知識を得、 そして理解を深めるために、歴史的事実を重んじながら 「意見」よりも日常に根ざした「人びとの声」に耳を傾けます。 怒りや憎しみから出発する議論は広がっていきません。
対立よりも冷静な選択を−。 私たち一人ひとりが個として大切にされる自由な社会を守りたい。
映画にメッセージがあるとすれば、その一点の「希い」のみです。

<映画の内容>
●立憲主義って何? ●歴史に学ぶ(敗戦から日本国憲法の成立まで) ●Peopleを主役に(国民主権) ●侵されてはならぬもの(基本的人権の尊重) ●封建的家族制度からの解放(男女平等)
●進む憲法の空文化(9条・戦争放棄をめぐって) ●戦後の日米外交史 ●沖縄は憲法を手にしているか ●未来に向けて−18歳選挙権と若者の政治参加 ●そしてあなたは何を選ぶのか?(自民党の改憲案・護憲派の主張・護憲的改憲派からの提案)
| 次へ