CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 差別禁止条例(仙台)活動 | Main | たすけっとの活動内容»
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
【紹介】交通バリアフリーから共生社会を考えよう(誰もが どこでも 行きたいところへ) [2013年01月11日(Fri)]
バリアフリー、共生、中学生向け教材


交通バリアフリーから共生社会を考えよう
〜誰もが どこでも 行きたいところへ〜

無題.jpg



▼全内容はこちら
doc01783620130110165354.pdf



公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団が制作した、この教材
中学生向けに作られたものですが、内容が非常に分かりやすく、いろいろな活動で活用できます。
 当CILたすけっとでは、近隣の地域校や支援学校の生徒さんのインターンシップや、特別授業で講演することがありますが、この教材を使ってバリアフリーや共生社会を説明するのに役立てています。
Posted by CIL たすけっと at 17:19 | 交通機関の乗り方紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
車椅子での飛行機搭乗手順 [2009年12月15日(Tue)]
飛行機もちろん♪車いす利用者も飛行機に乗れます♪

車いす利用者の飛行機搭乗手順のご紹介

【予約時】
@予約時に『スカイアシスト』(介助)の利用を申し込む。
A歩行状態について説明する。(歩行不可能・歩行は可能だが階段の上り下りは不可能・歩行は可能だが長距離の歩行は不可能など)
B車椅子のサイズ(縦・横・高さ)、重量、バッテリーの種類(電動の場合)を申告する。

【チェックイン】
@チェックインの際に用意された車椅子に乗換え、自分の車椅子は受託荷物として預ける。
※チェックインは基本的には60分前までに済ませる。
A保安検査を通過し、ゲートへ。(通常と同じ)
B優先搭乗を利用すれば、最初に機内に案内される。
C機内に入る際に機内用車椅子に乗り換えるか、補助を受けて一般の座席に座る。

【到着後】
※降機は最後になる。
@機内用車椅子で降機し、空港用の車椅子に乗って荷物返却カウンターへ。
A車椅子は、先に係員が出しておいててくれる。
B自分の車椅子に乗り換えて到着ロビーへ。

さぁ!いざ観光に出発だぁ!!太陽


↓飛行機で沖縄に行ってきました♪綺麗な海でした♪


(溝江)
Posted by CIL たすけっと at 10:24 | 交通機関の乗り方紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
電動車いすでも新幹線にも乗れます♪ [2009年11月18日(Wed)]
電動車いすでも!新幹線に乗れます!
もっと新幹線を利用して旅に出よう♪

みなさん、電動車いすで新幹線に乗っている方を見たことがありますか?
電動車いすでも、もちろん新幹線に乗る事ができます!!ウインク

今回は、見たことがな〜ぃ!知らなかった!という方の為に、CILたすけっとの当事者スタッフが新幹線に乗る様子と、乗る際の手続き方法をご紹介します。
(JR仙台駅の場合)


新幹線に乗る際の手順(JR仙台駅の場合)
@パソコンのインターネットなどで新幹線の時刻を調べよう!
  ○駅から時刻表
  ○yahooの路線情報サービス  などが便利です

A乗りたい新幹線が決まったら
1.新幹線の車種
2.自分が乗りたい駅と新幹線の発車時間
3.自分が降りたい駅と新幹線の到着時間
以上3点をメモする

Cいざ!席を電話予約しよう!
1.連絡先は仙台駅駅長事務室(022―266―9666)

D駅員が電話に出たら以下を伝えよう
1.自分の名前
2.車いすで乗車する旨・スロープを用意してもらいたい旨
3.先ほどの「A」のメモを見ながら、利用する日にち・新幹線の車種・自分が乗る駅と発車時間・自分が降りる駅と到着時間を伝える。

E駅員が希望する新幹線の車いす席の空き状況を調べてから折返し電話をくれる

F車いす席が確保(予約)できた!!

G予約した切符を仙台駅に買いに行こう
1.自分の都合の良い日に仙台駅に行く
2.一階の駅長事務室に行き、予約の時間などが書かれた紙をもらう
3.その紙を持参し、駅3階の「みどりの窓口」に行く
4.紙を窓口の係に渡し、切符代を支払う
※この時、障害者手帳を提示すると乗車券が半額になる(特急券は半額にはなりません)

H切符も買えたし準備は完了!

I新幹線利用当日
1.発車時刻の20分くらい前に駅長事務室に行く
2.駅員さんが新幹線乗車まで誘導してくれる(一般の方とは別なルートで)
3.駅員がスロープを出してくれるので、乗るのもラクラク♪

Jいざ出発!



■アドバイス
1.上に書いた手順は、あくまでもJR仙台駅が指定してきた方法です。しかし、実際は他にも乗る方法はたくさんあります。
例えば、急遽新幹線に乗ることになった場合、いちいち事前予約などしていられません。なのでそのまま「みどりの窓口」に行き車いす席ではなく空いている席を取ってしまいます。そして、車両のデッキに乗るのです。(下の写真参照)
また、上では出発前に駅長事務室に行きと書いてありますが、これも付添いの介助者がいれば一般の方と同じ改札口から自由な時間に乗る事だってできるのです。
また、身体状況的や車いすの大きさの関係により、座席に移ったり車いす席への座位が困難な方もいると思います。そのような方は、デッキがありますのでデッキに乗る事も可能です。なので車いすが空いてないからと言って乗車を諦める必要はないです。

2.新幹線の中は狭い。トイレも狭いです。
新幹線の中は狭いです。座席の間の通路も電動車いすでは通れない位です。トイレも狭くて利用できない事が多いので、事前に済ましておくか、尿器を持参しておくと良いです。


■及川代表のひとり言
一般の方は、他の駅にある「みどりの窓口」でも指定席が取れるのに、なんで車いす席だけはわざわざ仙台駅の駅長事務室に行かなければ予約できないのだろう…。面倒だ。
それに、一般の方が切符を買う際には名前を聞かれないのに、何故障がい者が切符を買う際には名前を聞かれるのか…。不快。
それに、乗る場所(車両)がいつも勝手に決められる(しかも端っこ)。東京ではどの車両に乗りますか?とちゃんと聞いてくれるのに、これも不快。
一番不快なのが、駅員は必ずと言って良いほど同行している介助者に行先などを伺うこと。利用するのは私です!介助者はあくまでも私のサポートです。


とまぁ、不満な点や不便な点はまだまだありますが・・・。
電動車いすでも、新幹線に乗る事ができます♪ぜひ皆さんも新幹線を利用しちょっと遠くへ旅行など、友人に会いに行くなど、たまにはどうですか♪「若さは旅から」というように、やっぱり旅はワクワクしますし楽しいですよね♪


↓スロープを用意してもらい車両に乗り込む様子(車両や車種によってドアの幅が違う)ほとんどの電動車いすは問題なく乗車できるが不安な場合は駅に問合せしてみると良いと思います。

↓こっちのドアの幅は上の車両よりも狭い

↓このように、目的地までデッキに乗ったままでいる。広い車両だと同じデッキに電動車いす2台入れる。



Posted by CIL たすけっと at 18:17 | 交通機関の乗り方紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)