CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« CILってなぁにぃ?? | Main | 協力・共催イベント情報»
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
外国の当事者・福祉関係者と情報&意見交換交流を行いました [2011年02月21日(Mon)]
外国の当事者・福祉関係者と
情報&意見交換交流を行いました


内閣府「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」
宮城県プログラム(障がい者分野)

テーマ:「地域で生きる〜障害者が地域で自分らしく生活を送るためのネットワークづくり〜」

2011年2月18日(土)
上記プログラムの一部で、CILたすけっと事務所に外国で障がい者福祉に携わっている方々が、見学にこられました。

当日は、ニュージーランド・ドイツ・イギリスから、障がい当事者・障害福祉関係のNPO団体職員・行政職員など約25名が来て、国境を越えて障害者福祉の現状や、地域との繋がり方、について情報&意見交換を行いました。

当日の詳細は、後日このブログにアップします♪
お楽しみに♪
NPOが行う電話相談 色々 [2011年01月20日(Thu)]
情報提供
NPOが行う電話相談

生活の中でできる様々な悩みや不安・・・
忙しい中で抱えたまま、過ごしてはいませんか?
自分のことや身の回りのことを相談し、
整理することで悩み解消への道が見えてきます。

※相談受付曜日、時間はそれぞれ違います。
 お気を付けください。


電話相談一覧はこちらをクリック

分野
子ども・青少年、人権、女性、環境
障害は、個人の課題から社会の課題へ! [2010年12月01日(Wed)]
障害は、個人の課題から社会の課題へ!
年齢、疾病の種類などの制限なく
みんなが生きやすく!

■今までの障害は、「医学モデル」という考え方でした。
その内容は・・・
「障害は、個人の身体・知的・精神の機能の障害であり、障害は個人の課題」という考え方でした。
例えば・・・
@歩けないから、2階にいけない(歩けないことが障害)
A漢字が読めなくて、書類が読めない(漢字が読めないことが障害)

■これからの障害は、「社会モデル」という考え方です。
その内容は・・・
「障害は、社会のバリアにより、生活に制限を受ける状態であり、障害は社会の課題」という考え方です!
例えば・・・
@階段しかないことが障害!(階段があって、2階にいけない)
Aふりがながないことが障害!(ふりがながなくて、書類が読めない。)

誰もが、時にケガや病気などにより、社会生活に不便を感じます。
また、誰もが加齢により心身の機能が低下します。そのように、社会の中で感じる『障害』は、全ての人に共通のものと言えます。
障害のある人も、ない人も力を合わせて、社会のバリアを解消し、誰もが暮らしやすい社会を作っていきましょう。

■このような運動に取組んでいるのは「条例の会 仙台」です。
  ※代表は、CILたすけっとの杉山です。
『無知・無理解・偏見・差別!』について [2010年06月08日(Tue)]
『無知・無理解・偏見・差別!』について

悲しい以下の事例は、実際によく起きている差別や無理解です。
これは、千葉県で差別禁止条例ができた際に使われた事例です。

みなさんも、このような辛い体験ありませんか??悲しい
逆に、無意識にこのような対応をしてしまっている事はありませんか??

もう一度、私達の生活の中での無理解に気づいてみましょう!!

*******************************
♦バス旅行ツアーに申し込もうとしたところ、ツアー業者に「付き添いがあっても障害者お断りします」と即答された

♦保育所の面接時、「腐った魚のような目をしている。障害児の母は働かないで自分の子供の面倒を見なさい」と言われた。

♦車椅子の方は赤ん坊を連れて、飛行機には、お乗りいただけません。

♦就学時健康診断で、親が、兄弟のいる学校に通わせたいと強く要望しているのに、教育委員会から養護学校に行けと言われた。

♦ある店で、障害のある子どもが先に入って、商品を見ていたら「入店しないで下さい」と言われ、どうしてかと聞いたら「何となく気持ち悪い」と言われた。

♦車椅子を用いている高等学校1年生の親。「校内の移動は親の責任で」という学校の要請で、私は入学式の日から毎日学校で待機している。

♦盲導犬を連れて飲屋に行ったら入店を断られた。

♦健康診断で、医師から大勢の人がいる中で、「なんだこの子はダウン症じゃないか。すぐ死ぬぞ。」と言われた。まともな医療すら受けられない。

♦いじめられる障害のある子をかばっていた私の娘が、担任教師から「普通の子と遊びなさい」といわれ、講義すると、クラス全員の前で、その子をさして「この子は病気で頭が回らないんだからみんなでカバーしなさい」と言ったそうです。傷ついたその子は翌年度から特殊学級に行きました。

♦映画館で邦画には字幕がなく、自由に好きなものが見られない。

♦強度行動障害の方が精神科を受診した際、医師が「こういう人は閉じ込めておくしか方法がない…」と保護者の前で言った。

♦耳が不自由なので夜間は玄関を閉めて、受付専用のインターホンしかない急患の夜間診療所は、利用しづらい。

♦医師から「耳が聞こえずコミュニケーションがとれないから出産のときは帝王切開で!」と言われた。

♦小学校普通学級入学後、数ヶ月経って行われた話し合いで好調を含む6名の先生から、「この子は意思の疎通ができない」「他の子に迷惑」「もう見るのは限界」等と言われ、心痛のため子供を登校させられなくなった。

♦知的障害のある方が一人でバスに乗ろうとしたとき、まだ何も誰にも迷惑をかけてないのに、運転手が「乗るな!降りろ!」と言い、何故だかわからないまま降りると、また運転手に「バカ!」と言われたそうです。

♦就職して9年、職場環境にも恵まれ重要な立場になったが、雇用形態は嘱託のまま、昇給もない。新入社員に仕事を教えている私と新入社員が同賃金では納得できない。入社時の説明では「当社では障害者の雇用は嘱託というシステムです」と言われたが、職場環境が良いだけに会社には直接訴えにくい。

♦授業にほとんど支障がないにもかかわらず、目が見えなくなったという理由で、教師を辞めさせられた。

♦総合失調症。ハローワークの紹介で就職した。翌日出勤したところ「採用はなかったことで帰ってほしい」と言われ、1日分の賃金と交通費を渡された。何がなんだか分からない。私のような病気は一般社会で働いていけないのか。

♦不動産の賃借契約を交わし、契約金を支払った後なのに、精神障害者であることが分かった途端、「奇声をあげたりするのですか?」「暴れたりするのですか?」と質問された。隣近所に迷惑をかけたり家賃を滞納したりしたこともないと説明したにもかかわらず、契約は無効とされた。

♦会社に会議に手話通訳をつけてほしいと言っても。「企業秘密があるから外部の人はだめ」と言われる。会議が分からず意見を言う場がない。
*******************************

こんな思いを、次の世代にさせたくない!!
自由にお出かけする方法!! [2010年02月16日(Tue)]
たすけっとILP(自立生活プログラム)事業

自由にお出かけする方法!!

・友達(ともだち)とカラオケ(からおけ)に行きたい(いきたい)
・街(まち)でウィンドショッピング(うぃんどしょっぴんぐ)がしたい
・コンサート(こんさーと)や遊園地(ゆうえんち)に行きたい(いきたい)
でも・・・

・親(おや)の都合(つごう)で出かけられない(でかけられない)
・出かけた(でかけた)先(さき)で介助(かいじょ)が必要(ひつよう)
・一人(ひとり)で電車(でんしゃ)やバス(ばす)に乗れない(のれない)

さて、そんな時(とき)はどうすれば・・・?

1 友だち(ともだち)に手伝って(てつだって)もらう
2 ボランティアさんとお出かけ(おでかけ)
3 有料(ゆうりょう)介助者(かいじょしゃ)とお出かけ(おでかけ)
4 障(しょう)がい者(しゃ)制度(せいど)を使って(つかって)お出かけ(おでかけ)

それぞれの特徴(とくちょう)は?

方法@ 友だち(ともだち)
・おだてたりしながらお願い(おねがい)する
メリット・・・友だち(ともだち)なので、気疲れ(きつかれ)しないし、何より(なにより)楽しい(たのしい)。
デメリット・・途中(とちゅう)でケンカするとほっておかれる場合(ばあい)があるし、とても気まずく(きまずく)なる。
対策(たいさく)・・日ごろ(ひごろ)から良い(よい)友人(ゆうじん)関係(かんけい)をつくりましょう

方法A ボランティア
・ボランティアセンターに相談(そうだん)する
メリット・・・ボランティア(ぼらんてぃあ)なのでお金(おかね)などはかからない。
デメリット・・責任感(せきにんかん)が薄い(うすい)方(かた)もいて、急(きゅう)なキャンセルでとても困る(こまる)こともある。
ボランティアはあくまで有志(ゆうし)なので見つからない(みつからない)場合(ばあい)もある。
対策(たいさく)・・相性(あいしょう)の良いボランティアさんと出会えたら(であえたら)、長続き(ながつづき)する関係(かんけい)を築きましょう(きずきましょう)

方法B 有料(ゆうりょう)介助者(かいじょしゃ)
・ボランティア団体(だんたい)やヘルパーステーションに相談(そうだん)する
メリット・・・制(せい)度(ど)では派遣(はけん)できない場合(ばあい)でも対応(たいおう)してくれる。
時(とき)には、海外(かいがい)旅行(りょこう)でも一緒(いっしょ)に同行(どうこう)する場合(ばあい)もある。
デメリット・・費用(ひよう)がすべて自己(じこ)負担(ふたん)なのでお金(おかね)がかかる。
対策(たいさく)・・いろんな団体(だんたい)がやっているが、それぞれ金額(きんがく)や対応(たいおう)できる内容(ないよう)が違う(ちがう)ので、情報(じょうほう)を集め(あつめ)ておく。

方法C 障がい者(しょうがいしゃ)制度(せいど)
・役所(やくしょ)に申請(しんせい)をして事(じ)業者(ぎょうしゃ)からヘルパーを派遣(はけん)してもらう
メリット・・・公的(こうてき)制度(せいど)なので利用(りよう)する際(さい)の費用(ひよう)が1割(1わり)以下(いか)ですむ。
契約(けいやく)するので、きっちり対応(たいおう)してくれる。
デメリット・・行き先(いきさき)や目的(もくてき)によっては、対応(たいおう)できない場合(ばあい)もある。
サービス時間(じかん)に制約(せいやく)がある。
対策(たいさく)・・制度(せいど)を上手(じょうず)に利用(りよう)できるよう勉強(べんきょう)するか相談(そうだん)支援(しえん)センターを利用(りよう)する。
情報(じょうほう)を収集(しゅうしゅう)し良い(よい)事(じ)業者(ぎょうしゃ)を探す(さがす)。


それでは、交通(こうつう)機関(きかん)を
利用(りよう)する場合(ばあい)はどのように?

1 バス・地下鉄(ちかてつ)
2 JR
3 タクシー・送迎(そうげい)サービス
4 飛行機(ひこうき)・船(ふね)

それぞれの特徴(とくちょう)は?


方法@ バス・地下鉄(ちかてつ)
・地下鉄(ちかてつ)・・・いつでも都合(つごう)の良い(よい)時(とき)に乗車(じょうしゃ)できる。(すべての駅(えき)がバリアフリー)
改札(かいさつ)で駅員(えきいん)に声(こえ)をかけるとスロープなど乗降(じょうこう)のサポートをしてくれる。
・バス・・・・3(3)日前(びまえ)までに予約(よやく)が必要(ひつよう)。(ノンステップバスを配車(はいしゃ)してくれる。)
運転手(うんてんしゅ)が介助(かいじょ)してくれる。
○制度(せいど)・・・交通費(こうつうひ)助成(じょせい)(市町村(しちょうそん)により違い(ちがい)あり)
障がい者(しょうがいしゃ)手帳(てちょう)で半額(はんがく)に(介助者(かいじょしゃ)も2名(めい)まで半額(はんがく))

方法A JR
・在来線(ざいらいせん)・・・いつでも利用(りよう)可能(かのう)ですが、無人(むじん)駅(えき)やバリアフリーではない駅(えき)の場合(ばあい)、事前(じぜん)に連絡(らく)が必要(ひつよう)。
・新幹線(しんかんせん)・・・基本的(きほんてき)にはいつでも利用(りよう)可能(かのう)。ただし、指定席(していせき)を利用(りよう)する場合(ばあい)は事前(じぜん)に予約(よやく)が必要(ひつよう)
○制度(せいど)・・・100qまでは介助者(かいじょしゃ)がいる場合(ばあい)は乗車券(じょうしゃけん)が半額(はんがく)、一人(ひとり)の場合(ばあい)は全額(ぜんがく)負担(ふたん)。
100q以上(いじょう)の場合(ばあい)は一人でも半額(はんがく)。ただし、1種(しゅ)と2種(しゅ)の違い(ちがい)あり。

方法B タクシー・送迎(そうげい)サービス(さーびす)
・タクシー・・車(くるま)いすで利用(りよう)できるタクシーも増えて(ふえて)います。予約(よやく)したほうが無難(ぶなん)。
○制度(せいど)・・・手帳(てちょう)を提示(ていじ)すると、運賃(うんちん)が1(1)割引き(わりびき)になります。
・送迎(そうげい)サービス・・会員(かいいん)になったうえで、利用(りよう)する際(さい)は予約(よやく)が必要(ひつよう)。利用(りよう)時間(じかん)や目的地(もくてきち)に制約(せいやく)あり。
○制度(せいど)・・・割引(わりびき)制度(せいど)はないが、料金(りょうきん)はタクシーの半額(はんがく)程度(ていど)。

方法C 飛行機(ひこうき)・船(ふね)
・飛行機(ひこうき)・船(ふね)・・どちらも予約(よやく)が必要(ひつよう)
○制度(せいど)・・・会社(かいしゃ)により割引(わりびき)内容(ないよう)が違う(ちがう)のでご確認(かくにん)ください。

※1種(しゅ)、2種(しゅ)の別(べつ)は、障(しょう)がい者(しゃ)手帳(てちょう)をご確認(ごかくにん)ください

出かける(でかける)予定(よてい)場所(ばしょ)で
調べて(しらべて)おくと便利(べんり)なもの

・多目的(たもくてき)トイレ
・段差(だんさ)解消(かいしょう)スロープ
・エレベーターの場所(ばしょ)
・コンサート会場(かいじょう)・映画館(えいがかん)などの車(くるま)いす席(せき)の有無(うむ)

この他(ほか)、障(しょう)がいの違い(ちがい)により必要(ひつよう)なことをインターネットなどで調べて(しらべて)おくと便利(べんり)です。

CILたすけっと事務局 
〒982-0011
宮城県仙台市太白区長町1丁目6−1
電話 022−248−6054
FAX 022−248−6016
メール cil-tasuketto★k6.dion.ne.jp (★を@に変えて送信)
一人暮らし(自立生活)をするための方法!! [2010年02月16日(Tue)]
たすけっと ILP(自立生活プログラム)事業

一人暮らし(自立生活)をするための方法!!
〜地域で自分らしい生活を送るために〜

【決意】
1 自立(じりつ)の決意(けつい)
・一人暮らし(ひとりぐらし)がしたい!!
・自分(じぶん)らしく生活(せいかつ)したい!!
・自由(じゆう)な暮らし(くらし)がしたい!!

【準備】
2 住みたい(すみたい)場所(ばしょ)を決めよう(きめよう)
・交通(こうつう)の便利(べんり)なところが
・買い物(かいもの)に便利(べんり)なところ
・自然(しぜん)環境(かんきょう)が豊か(ゆたか)なところ
・仕事場(しごとば)に近い(ちかい)ところ
・知り合い(しりあい)が近い(ちかい)ところ

3 お金(おかね)を考える(かんがえる)
○生活(せいかつ)するお金(おかね)
 ・年金(ねんきん)はいくら
 ・障(しょう)がい者(しゃ)手当(てあて)は
 ・仕事(しごと)の収入(しゅうにゅう)
 ・親(おや)の仕送り(しおくり)
 ・生活(せいかつ)保護(ほご)
 ・その他(そのた)の収入

○新しい(あたらしい)生活(せいかつ)を始める(はじめる)ためのお金(おかね)
 ・アパート(あぱーと)を借りる(かりる)ためのお金(おかね)
 ・必要(ひつよう)な家財(かざい)道具(どうぐ)を揃える(そろえる)お金(おかね)
 ・引っ越し(ひっこし)するためのお金(おかね)
 ・最初(さいしょ)の生活費(せいかつひ)

【実際の動き】
○住まい(すまい)探し(さがし)
・家賃(やちん)の目安(めやす)を決める(きめる)(自分(じぶん)の収入(しゅうにゅう)に見合った(みあった)家賃(やちん)。食費(しょくひ)やその他(そのた)の生活費(せいかつひ)を計画(けいかく)して考える(かんがえる))
・住まい(すまい)の種類(しゅるい)を決める(きめる)(アパート ・マンション ・一軒家(いっけんや))
・駐車場(ちゅうしゃじょう)の有無(うむ)(自分(じぶん)で車(くるま)を運転(うんてん)場合(ばあい)・ヘルパー(へるぱー)を使う(つかう)場合(ばあい))
・バリアフリーの状況(じょうきょう)(玄関(げんかん)、お風呂(おふろ)、トイレ、居間(いま)、廊下(ろうか)、台所(だいどころ))
・大家(おおや)さんの理解(りかい)の確認(かくにん)(住宅(じゅうたく)改造(かいぞう)の承諾(しょうだく)、ヘルパーの出入り(ではいり))
・契約(けいやく)(家賃(やちん)、駐車(ちゅうしゃ)料金(りょうきん)、敷金(しききん)、礼金(れいきん)、更新(こうしん)、保険料(ほけんりょう)、保証人(ほしょうにん)、その他(そのた))
※ポイント!
インターネットや住宅(じゅうたく)情報誌(じょうほうし)でリストアップし、不動(ふどう)産屋(さんや)に連絡(れんらく)を取り(とり)、現地(げんち)を案内(あんない)してもらいます。
即断(そくだん)せず、数多く(かずおおく)の物件(ぶっけん)を見学(けんがく)してから考えましょう(かんがえましょう)。気に入る(きにいる)物件(ぶっけん)がない場合(ばあい)は、どこまで妥協(だきょう)できるかじっくり考えて(かんがえて)ください。一度(いちど)契約(けいやく)してしまうと取り消す(とりけす)のは大変(たいへん)です。

○住宅(じゅうたく)改造(かいぞう)など
専門(せんもん)の福祉(ふくし)業者(ぎょうしゃ)を探し(さがし)、どんなものが必要(ひつよう)でどれぐらい自己(じこ)負担(ふたん)がかかるか相談(そうだん)する
・住宅(じゅうたく)改造(かいぞう)(スロープ、トイレ、お風呂(おふろ)、リフト、室内(しつない)段差(だんさ)解消(かいしょう)、鍵(かぎ)、扉(とびら)、手すり(てすり)、)
・福祉(ふくし)用具(ようぐ)(ベッド、簡易(かんい)トイレ、リモコン、シャワーキャリー、車(くるま)いす、緊急(きんきゅう)通報(つうほう)装置(そうち))
内容(ないよう)が決まったら(きまったら)役所(やくしょ)へ申請(しんせい)
・自己(じこ)負担(ふたん)額(がく)の決定(けってい)
工事(こうじ)開始(かいし)(スケジュールを確認(かくにん))
工事(こうじ)完了(かんりょう)(契約(けいやく)したものがきちんとできているか、物(もの)は届いて(とどいて)いるか確認(かくにん))

○引っ越し(ひっこし)の準備(じゅんび)
・引っ越す(ひっこす)日(ひ)を決める(きめる)(工事(こうじ)終了(しゅうりょう)日(び)などを目安(めやす)に)
・持って(もって)いくものを確認(かくにん)(業者(ぎょうしゃ)との契約(けいやく)の時(とき)、運ぶ(はこぶ)量(りょう)によって運賃(うんちん)が変わる(かわる))
・業者(ぎょうしゃ)を選ぶ(えらぶ)(3社(3しゃ)以上(いじょう)見積もり(みつもり)を取る(とる)。できるだけ安く(やすく)なるよう交渉(こうしょう)します。)
・契約(けいやく)(荷物(にもつ)の梱包(こんぽう)、積み込む(つみこむ)時間(じかん)、終了(しゅうりょう)時間(じかん)、支払い(しはらい)方法(ほうほう)の確認(かくにん))
・引っ越し(ひっこし)当日(とうじつ)の自分(じぶん)の移動(いどう)方法(ほうほう)を決める(きめる)(業者(ぎょうしゃ)が運ぶ(はこぶ)のは荷物(にもつ)だけ、自分(じぶん)は車(くるま)やバス、タクシーで移動(いどう)します。)
・手続き(てつづき)(役所(やくしょ)→住所(じゅうしょ)変更(へんこう)・保険(ほけん)・年金(ねんきん)、電話(でんわ)、インターネット、郵便(ゆうびん)、ガス(がす)、水道(すいどう)、電気(でんき)、NHK(NHK))
・荷物(にもつ)の梱包(こんぽう)(業者(ぎょうしゃ)に頼む(たのむ)物(もの)と自分(じぶん)で梱包(こんぽう)するものを分ける(わける)。貴重品(きちょうひん)や現金(げんきん)は自分(じぶん)で運ぶ(はこぶ))
・レイアウト(どのように家具(かぐ)を配置(はいち)するか、運んだ(はこんだ)荷物(にもつ)をどこに置く(おく)か考える(かんがえる))
※あとは当日(とうじつ)天気(てんき)が良い(よい)ことを祈りましょう(いのりましょう)。

○生活(せいかつ)必需品(ひつじゅひん)の購入(こうにゅう)
生活(せいかつ)に必要(ひつよう)なもの
・電化(でんか)製品(せいひん)(テレビ、冷蔵庫(れいぞうこ)、洗濯機(せんたっき)、炊飯器(すいはんき)、ガスレンジ、電子(でんし)レンジ、冷暖房(れいだんぼう)器具(きぐ)、電灯(でんとう)、電話(でんわ))
・耐久(たいきゅう)財(ざい)(タンス、テーブル、椅子(いす)、茶箪笥(ちゃだんす)、寝具(しんぐ)、カーテン、物干し(ものほし)、本棚(ほんだな)、カラーボックス)
・日常(にちじょう)生活品(せいかつひん)(食器(しょっき)、鍋(なべ)、包丁(ほうちょう)、台所(だいどころ)用品(ようひん)、洗剤(せんざい)、トイレ用品(ようひん)、お風呂用品(おふろようひん)、ゴミ箱(はこ))
※自分(じぶん)に必要(ひつよう)なものをはじめは最小限(さいしょうげん)だけ揃え(そろえ)、その後(そのご)必要(ひつよう)になってきたら買い(かい)そろえましょう。
運搬(うんぱん)する日(ひ)を決める(きめる)
・電気(でんき)製品(せいひん)や大型(おおがた)の家具(かぐ)は、工事(こうじ)終了後(しゅうりょうご)や引っ越し(ひっこし)日(び)を目安(めやす)に運搬(うんぱん)する日(ひ)を決めます(きめます)。
・日常(にちじょう)生活(せいかつ)用品(ようひん)は、引っ越し(ひっこし)後(ご)でもかまいませんがリストアップしておくと買い忘れ(かいわすれ)がなく便利(べんり)です。

○(まる)福祉(ふくし)制度(せいど)を使う(つかう)場合(ばあい)の手続き(てつづき)
・居宅(きょたく)介護(かいご)、重度(じゅうど)訪問(ほうもん)介護(かいご)、移動(いどう)介護(かいご)を使う(つかう)場合(ばあい)
役所(やくしょ)の福祉課(ふくしか)に 相談(そうだん)→申請(しんせい)→認定(にんてい)調査(ちょうさ)→サービス意向(いこう)調査(ちょうさ)→審査(しんさ)・判定(はんてい)→通知(つうち)(受給者証(じゅきゅうしゃしょう))→サービス利用(りよう)計画(けいかく)
の作成(さくせい)→事(じ)業者(ぎょうしゃ)と契約(けいやく)(事(じ)業者(ぎょうしゃ)は自分(じぶん)で選びます(えらびます))

○障(しょう)がい者(しゃ)手当(てあて)
・役所(やくしょ)の障(しょう)がい福祉課(ふくしか)へ申請(しんせい)
○交通費(こうつうひ)助成(じょせい)
・役所(やくしょ)の障(しょう)がい福祉課(ふくしか)へ申請(しんせい)
○生活(せいかつ)福祉(ふくし)資金(しきん)
(一時(いちじ)生活費(せいかつひ)、住宅(じゅうたく)改造(かいぞう)資金(しきん)、高額(こうがく)福祉(ふくし)機器(きき)購入(こうにゅう)資金(しきん))
・市町村(しちょうそん)の社会(しゃかい)福祉協(ふくしきょう)議会(ぎかい)へ申請(しんせい)
○補(ほ)装具(そうぐ)・日常(にちじょう)生活(せいかつ)用具(ようぐ)の給付(きゅうふ)
(車(くるま)いす、クラッチ 特殊(しゅ)寝台(しんだい)、住宅(じゅうたく)改造(かいぞう))
・役所(やくしょ)の障(しょう)がい福祉課(ふくしか)へ申請(しんせい)
○医療(いりょう)助成(じょせい)
・役所(やくしょ)の保険課(ほけんか)に申請(しんせい)
○年金(ねんきん)
・役所(やくしょ)の年金課(ねんきんか)へ申請(しんせい)
○生活(せいかつ)保護(ほご)
・役所(やくしょ)の保護課(ほごか)へ申請(しんせい)
※(こめ)他(ほか)にも沢山(たくさん)の制度(せいど)がありますので、CILたすけっとや専門(せんもん)の機関(きかん)にご相(ごそう)談(だん)ください。

5 生活(せいかつ)を始めて(はじめて)から
実際(じっさい)に生活(せいかつ)を始める(はじめる)と、それまでは思い(おもい)もよらなかった問題(もんだい)が発生(はっせい)する場合(ばあい)がありますので、その際(さい)は、役所(やくしょ)の相談(そうだん)窓口(まどぐち)、相談(そうだん)支援(しえん)センターを利用(りよう)して問題(もんだい)を解決(かいけつ)してください。
もちろん私(わたし)たちCILたすけっとでも障(しょう)がい当事者(とうじしゃ)の立場(たちば)で相談(そうだん)や支援(しえん)をしています。

CILたすけっとでの主(おも)な相談(そうだん)支援(しえん)
の内容(ないよう)は…

・人間(にんげん)関係(かんけい)、心(こころ)の悩み(なやみ)の解決(かいけつ)→ピアカウンセリング
・生活(せいかつ)スキルの向上(こうじょう)→ILP(自立(じりつ)生活(せいかつ)プログラム)
・制度(せいど)利用(りよう)→情報(じょうほう)提供(ていきょう)・計画(けいかく)のサポート・役所(やくしょ)との交渉(こうしょう)サポート
・人権(じんけん)問題(もんだい)(虐待(ぎゃくたい)・金銭(きんせん)トラブル・バリアフリー問題(もんだい)→専門(せんもん)機関(きかん)との連携(れんけい)による解決(かいけつ)

※他(ほか)にも様々(さまざま)なサポート活動(かつどう)を行って(おこなって)いますので、気軽(きがる)にお問い合わせ(おといあわせ)ください。


CILたすけっと事務局 
〒982-0011
宮城県仙台市太白区長町1丁目6−1
電話 022−248−6054
FAX 022−248−6016
メール cil-tasuketto★k6.dion.ne.jp (★を@に変えて送信)
NPOの「電話相談」窓口のご紹介(生活全般の各種相談) [2009年09月08日(Tue)]
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター様の記事から引用(2008年12月5日時点)


NPOの「電話相談」窓口のご紹介

 独りで困ったり悩んだりするのも時には悪いことではないのでしょうが、
 その道の専門家や先輩方に話してみるのも
 ひとつの方法ではないでしょうか。

 NPOの中には、そのような人々に向けて
 電話やメール、対面相談に応じているところが多々あります。
 今回はそのうちのいくつかをピックアップしてご紹介しましょう。


 ちょっとだけここで書きだしてみますと。。。

 
 ・過労死や働かされ過ぎ
 ・からだと性
 ・犯罪や事故被害者
 ・認知症介護
 ・HIVエイズ
 ・酒害
 ・職場不適応
 ・自殺

 などなど。。

 では早速ご紹介致しましょう。

(↓↓一部ではありますがPDF版もつけてございます。印刷用にどうぞ。)


 
「NPOの電話相談室」 

※どの団体も匿名でのご相談を受け付けています。

1)
タイトル/職場不適応・家族などに関する問題
団体名/(特活)東日本カウンセリングセンター
電話番号/022-211-9234
受付時間/13:00〜18:00
対象/職場などの人間関係や家族に関する問題点などあらゆる相談に応じます。
その他/完全予約制の面接カウンセリングを
    第2月曜日 18:00〜20:00、第3日曜日13:00-14:00、15:00-16:00に開催
連絡先/TEL:022-211-9234
FAX:022-211-9270

2)
タイトル/過労死・働かされすぎ110番
団体名/宮城県働く人と環境改善をすすめる会
電話番号/022-222-7997
受付時間/月〜金曜 8:30〜17:00
      土曜 8:30〜12:30
対象/過労死について心配な本人・家族など、どなたでも
その他/年2回「過労死110番」を特設しております。次回は11月22日(土)また、年間を通して錦町診療所内でも電話相談を行なっています。健康相談はもちろん、法的な相談も可能。
連絡先/〒980-0012
仙台市青葉区錦町1-8-32仙台錦町診療所・産業医学センター
    TEL:022-222-7997 FAX:022-225-8495
URL: http://www.on-top.net/karoshi110/


3)
タイトル/いのち・健康・労災問題電話相談
団体名/働くものの命と健康を守る 宮城県センタ−
電話番号/022−268-3684
受付時間/月・木曜 10:00〜15:00
対象/過労死・過労自殺や労働災害・公務災害の悩みや相談について、本人でもご家族でも、どなたでも
その他/学習会の講師も紹介します。必要に応じて専門の弁護士や医師の紹介もします。面接による相談も行なっています。
連絡先/〒980-0022
    仙台市青葉区五橋1-5-13 宮城県労連内
    TEL:022-268-3684
FAX:022-211-7004


4)
タイトル/仙台いのちの電話
団体名/(社福) 仙台いのちの電話
電話番号/@022−718-4343
       A0120-738-556    
受付時間/@毎日24時間
       A毎月10日8時〜翌朝8時「自殺予防いのちの電話」
対象/年齢問わず一般の方々
その他/自死遺族の方のわかち合いの場「すみれの会」
      毎月第3水曜開催
連絡先/〒980-8691
    仙台市北郵便局私書箱26号
    TEL:022-718-4401
FAX:022-718-4431
URL:http://www6.ocn.ne.jp/~sen/


5)
タイトル/女性のライフサイクルに関する相談
団体名/みやぎ子育て・女性健康支援センター
電話番号/022-297-1551
受付時間/月・水・金 10:00〜16:00
対象/女性のライフサイクル(思春期・妊娠・出産・母乳児・子育て・避妊・更年期など)やご夫婦のことを相談したい方
その他/面接による相談も行なっています。メール相談を開始しました。
連絡先/〒983-0851 
仙台市宮城野区榴ヶ岡5 みやぎNPOプラザ内
E-mail:siensenter@gmail.com
URL:http://woman-assist.sakura.ne.jp


6)
タイトル/@女性の悩みに関するホットライン
     A性暴力被害ホットライン

団体名/ハーティ仙台
電話番号/022-225-8801
受付時間/月〜金 13:30〜16:30
     @第1・2・3・4火曜 18:30〜21:00
対象/女性限定
離婚・性暴力・DV・セクハラ・職場での問題・児童虐待・人間関係など
その他/予約制で面接による相談も行なっています。離婚・DVの話し合いの場「しんこきゅうタイム」を第2土曜・第4木曜に開催しています。
連絡先/〒980-0014
TEL&FAX:022-213-3563


7)
タイトル/女性のからだと性の電話相談
団体名/グループMOMO
電話番号/022-225-8801
受付時間/第2・4火曜 18:30〜21:00 (祝祭日除く)
対象/思春期・妊娠・避妊・セックス・医療・更年期など
その他/相談は女性に限る
連絡先/TEL&FAX:022-274-5716


8)
タイトル/からだと性に関する相談
団体名/リプロルーム
受付時間/随時(返信には数日かかることがあります)
対象/リプロとはリプロダクティブ・ヘルス・ライツの略、自分のからだを知り、大切にしていくという生き方に深く関わった考え方です。
その他/からだと性の情報交換コーナー(リプロルームせんだい)開催。不定期の土曜日、14:30〜16:00。関連の講座も毎回開催。予定はホームページ参照。リプロルームせんだいで検索可能。
連絡先/TEL&FAX 022-274-5716
     e-mail:ripuro@ya2.so.net.ne.jp
URL:http://www014.upp.so-net.ne.jp/ripuroroom/
携帯用HP:http:/k.fc2.com/hp.cgi/ripuro-i/


9)
タイトル/子ども専用電話相談
団体名/(特活)チャイルドラインみやぎ
電話番号/0120-99-7777
受付時間/月〜金曜 16:00〜19:00
対象/子ども(18歳以下)限定
その他/「悩み相談」だけでなく、子どもが誰かと話したくなったときにもかけることができます。
連絡先/〒981-0954
    仙台市青葉区川平1-16-5 スカイハイツ102
    TEL/FAX:022-279-7210
    e-mail:c.l.miyagi@viola.ocn.ne.jp
    URL:http://www2.ocn.ne.jp/~clmiyagi/


10)
タイトル/児童虐待に関する電話相談
団体名/子ども虐待防止ネットワーク・みやぎ
    (キャプネット・みやぎ)
電話番号/022-265-8866
受付時間/月〜土曜  10:00〜16:00
対象/育児に不安な方、過去に暴力や虐待を受けて苦しんでいる方、身近にいる気がかりな親子に気づいた方、関係機関など
その他/母親グループの集まりを木曜 13:00〜15:00
連絡先/〒980-0812
    仙台市青葉区片平1-5-20 Ever-1片平丁ビル5F
TEL&FAX:022-265-8867
e-mail:capnet@m15.alpha-ne.jp


11)
タイトル/乳幼児の子育て相談
団体名/ママ・パパライン仙台
電話番号/022-773-9140
受付時間/毎週金曜 10:00〜16:00(年末年始除く)
対象/乳幼児を持つママ・パパの子育てを応援します。子育ての悩みや不安な気持ちを聴く専用電話です。
その他/子育て経験のある先輩ママたちがやさしくお聴きします。
連絡先/〒981-3133 
    仙台市泉区泉中央4-17-1
   TEL/FAX:022-375-3548
   E-mail:morinokodomo@s8.dion.ne.jp
   URL:http://www.hi-ho.ne.jp/terra/


12)
タイトル/酒害に関する電話相談
団体名/(特活)宮城県断酒会
電話番号/@022-214-1870   A022-267-6276
受付時間/@平日10:00-16:00 A平日9:00-17:00
対象/アルコールの問題を抱える本人とご家族など
その他/希望により、面接の相談もお受けします。
連絡先/〒980-0821
   仙台市青葉区春日町4-1
   TEL&FAX:022-214-1870


13)
タイトル/犯罪や事故被害者の電話相談
団体名/(社)みやぎ被害者支援センター
電話番号/022-301-7830
受付時間/火〜金曜 10:00〜16:00
     (年末年始・祝祭日を除く)
対象/犯罪や事故の被害に遇い、精神的ダメージを受けたご本人や家族の方
その他/予約制で医師・臨床心理士・社会福祉士などの専門家による面接相談も行なっています。
連絡先/〒981-0914
    仙台市青葉区堤通雨宮町4-17 宮城県仙台合同庁舎7階
    TEL&FAX:022-301-7840

    
14)
タイトル/認知症の介護に関する電話相談
団体名/(社)認知症の人と家族の会
電話番号/022-263-5091
受付時間/月曜・水曜・金曜 10:00〜15:00(祝祭日を除く)
対象/認知症の方の介護に関する悩みをお持ちの方
   認知症について不安をお持ちの方
その他/手紙や面接による相談も行っています。
連絡先/〒980-0014 
仙台市青葉区本町3-7-4 宮城県社会福祉会館2F
     TEL/FAX:022-263-5091


15)
タイトル/HIVエイズに関する電話相談
団体名/東北HIVコミュニケーションズ(THC)
電話番号/022-276-1960
受付時間/土曜 18:00〜21:00
    (年末年始・お盆を除く)
対象/エイズについて知りたい方、HIVに感染した方、HIV感染に不安のある方
その他/専門のトレーニングを積んだ相談員がお話をお聴きします。
連絡先/〒983-0836
    仙台市宮城野区幸町4-7-2 みやぎいのちと人権リソースセンター内
TEL&FAX:022-298-8532
アドレス:thc@silk.plala.or.jp
URL:http://www16.plala.or.jp/thc/


16)
タイトル/生活なんでも相談
団体名/ライフサポートセンターみやぎ
電話番号/0120-980-629
受付時間/ 平日10:00〜16:00
    (年末年始・お盆を除く)
対象/労働条件、金融、生活保障、介護、法律、クレジットカード、サラ金の相談をしたい方
その他/ご相談はメール、FAXでも受け付けています。(相談は無料)。
     ご来場頂いて、アドバイザーとの面接相談にも応じております。
連絡先/〒980-0014
    仙台市青葉区本町2-12-7 ハーネル仙台7F  
TEL:0120-980-629
     FAX:022-343-8846
E-mail:sapout-miyagi@nifty.com
URL: http://blogs.yahoo.co.jp/miyagi_lsc/


17)
タイトル/生きる支援の総合検索サイト
団体名/(特活)自殺対策支援センター ライフリンク
連絡先/〒102-0071
    東京都千代田区富士見2-3-1 信幸ビル302
TEL:03-3261-4934
     FAX:03-3261-4930
アドレス:info@lifelink.or.jp
URL: http://www.lifelink.or.jp/hp/top.html


※この記事は特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター様の記事の引用です

たすけっとでは常時、情報提供・相談受付をしています [2008年11月04日(Tue)]
CILたすけっとでは、常時、障がい者の方の相談を受けたり情報提供をおこなっております。
悩んでいる方がおりましたら、私たちに障がい者スタッフに相談してみませんか!?
どんな事でも良いです!!
世間話などをしながら、ゆっくりお話ししましょう!!笑顔




りんごりんごりんご 情報提供 りんごりんごりんご

例えば…
・制度情報
・地域資源
・各種支援団体の紹介
・バリアフリー情報
・移動に関する情報(仙台市街地や観光地)
・宿泊場所に関する情報(ホテルなど)
・セミナーや講演会の情報
・賃貸アパートなどの住居探し
などなど!!




サボテンサボテンサボテン 相談受付 サボテンサボテンサボテン

例えば…
・1人暮らしのための制度に関する相談
・賃貸アパートなどの住居探し
・ヘルパーとの関係で悩んでいる
・生活全般に関する相談
・交通機関利用に関する相談
・将来の進路について悩んでいる(障がいを持つ学生さん)
・虐待などの相談
などなど!!



笑顔障がい者スタッフが、知っていることは何でも相談にのります。
どんなことでも、まずは相談してみてください!!
連絡方法は、事務所訪問・電話・FAX・手紙・メールなんでも良いです。事務所までご連絡ください。

※相談は無料です。
宮城福祉オンブズネット『エール』のご紹介 [2008年07月15日(Tue)]
宮城福祉オンブズネット『エール』のご紹介

当団体の第三者機関(何かあったときの相談機関)となっている、
NPO法人 宮城福祉オンブズネット『エール』のご紹介を致します。

『エール』は2001年11月に設立発足されました。代表:赤松 弁護士。
相談・調査活動を行い、虐待や権利侵害を防ぐ地域ネットワークを築いています。
2002年10月石巻市での宅老所においての虐待事件を行政と共に解決に導いた実績を持ち、権利擁護の理念に立脚した活動の推進者です。


エールダイヤル:
022−722−7225



以下『エール』のパンフレットからの引用です。

「おなたの声」からはじまります。
勇気をもって、お知らせください。プライバシーは守ります。

こんなことをされた。こんなことを見た。



暴力
殴られた。原因不明の傷がある。

虐待
縛られた。言葉の暴力。無視される。

性的被害
性的暴力。性的いたずら。

金銭トラブル
お金を使われた。通帳を見せない。

プライバシー
監視。情報を漏らされた。手紙を開封された。

差別
障がいを利用に侮辱された。不利益を被った。

※相談は無料で受付けております。

具体的に『エール』はこんなことをしています。
●福祉サービス倫理・ルールを確立・公開します。
●福祉サービス利用者から苦情の訴えを聞きます。
●家族・職場からの苦情の訴えを聞きます。
●その苦情の調査をします。
●その苦情の調整・改善をします。
●その苦情の法的措置をもっても解決します。

『エール』の詳細、パンフレットはこちらから↓↓

scan0054_000.pdf

scan0055_000.pdf





≪エールの連絡先・事務局≫
電話:022−722−7225(※相談は無料です)
FAX:022−722−7199
ホームページはこちら
〒980−0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目3−12
大町マンション301号
CILたすけっと見学 [2008年06月12日(Thu)]
  6月11日、長町1丁目にあるCILたすけっとの事務所に、4人のお客さんが来てくれました音符
青森県立青森第一高等養護学校の3年生が1人とそのお母さん、そして、先生が2人。
今回、進路の参考にするために、はるばる青森からやって来たのです。
この学校は筆者の母校で、生徒さんも先生も顔なじみだったため、とても懐かしく、久しぶりに聞く青森独特のなまりが温かく感じました笑顔
 
再会を喜んだ後、我が事務局長の井上が、自立生活センターの理念(自分の生活を自分で選び、自分で決め、実行する)ことや自立生活の魅力、自立生活を始めた頃の失敗談などを熱く(?)語りましたびっくり

 「自分1人でできることは少なくても、思いをヘルパーや周囲の人々に伝えることで、自分のしたい生活ができるんですびっくり自分の意思をしっかりと表現することが大切。」
 
 2年前の7月、同じように話を聞いていた自分がいたなぁ…あの頃は、自立生活をできるということが信じられなくて、「わぁには、むずがしいんでねぇべが…。」なんて思ったなぁ…未だに指示を出すのが下手くそで、ヘルパーを困らせているけれど、何とか1年間やってこれたなぁ…。そんなことを考えていました。

 「自分らしい生活がしたい。」という当たり前の願いを叶える場所がある。そのことを知って、今後を考える上での参考にしてもらえれば…。強くそう思います。

 ブログをご覧のあなたも「自分らしい生活」してみませんかびっくりはてな (溝江)