CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«障がいを持つ女性のためのメイクアップ&ティーパーティー | Main | 仙台フォーラスさんからイエローレシートキャンペーンで寄付をいただきました»
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
せ・みNPOセンター おがわ
動画『全身性障害者の疾病と障害の理解』 (06/12) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
障がい者の地域生活を保障せよ (06/08) せ・みNPOセンター おがわ
障がいを持つ女性のためのメイクアップ&ティーパーティー (06/06) 加藤哲夫
障がいを持つ女性のためのメイクアップ&ティーパーティー (06/05)
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
障がい者の地域生活を保障せよ [2008年06月07日(Sat)]
 6月5日、衆・参議員会館でのロビーイング、シンポジウムに参加しました。
障害者自立支援法の見直しを来年に控え、直接国会議員へ支援法・障がい者施策の問題点をわかってもらう為に、要望書を手に一人一人事務所周りをしました。

 障がい者の費用負担や事業所の収入減少が目立っていますが、それらと同じく、地域で暮らす為に必要なホームヘルプの事業単価が低いためにヘルパーが雇えず、派遣ができない状況も生まれています。

 支援法施行の議論の中で、「サービスは下げない」と当時の大臣は言いました。まんまとだまされた、という発言がシンポでありました。

 またシンポで印象深かったのは与党議員が「障がい関係予算は削れない」「重度障がい者のヘルパー事業費も上げなければならない」といったことです。議員にもわかってもらってきているんだなぁ、という印象を持ちました。

 社会保障費を年間2,000億円あまりも抑えようと国は目論んでいます。そんな国に未来はないと思います。
 
先日見た映画で「障がいを持ったことが不幸なのではない、この国にいるから不幸なのだ」という言葉がありました。今はそうかもしれませんが、変えていかねばなりません。 
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント