CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【告知】(3/28.火)「今こそ優生手術からの人権回復をめざして日弁連意見書を生かすために」開催のお知らせ@参議院議員会館 B103 | Main | 東日本大震災の体験/佐藤 順子»
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
【報告】(3/10.金) 岩沼市社協のVT講座で話をしました [2017年03月14日(Tue)]
CILたすけっと・地域出前講座


岩沼市社会福祉協議会の
平成28年度 岩沼市自発的活動支援事業
ボランティア講座の報告


oerij.jpg

日時 3月10日(金)13:30〜15:30
会場 岩沼市総合福祉センターiあいプラザ(2階 大会議室)
講 師 杉山 裕信氏(CILたすけっと代表)
   小椋 亘氏(CILたすけっと スタッフ)

■以下の内容をお話しました
・CILたすけっとの活動紹介(杉山)
・優生保護法、優生手術について(杉山)
・CILたすけっとにかかわるきっかけとなっと事と、そして今思うこと(小椋)
・繋がりは豊かさであり、繋がりで実現される安心な暮らし。福祉とは人と人を繋ぐこと。(小椋)
※その後、グループワークで事例検討

■当日の様子
あrふぃおj.jpg

当日は、30名以上の方々が参加してくださいました。
中には、福祉事業所の職員、ヘルパーさん、相談支援事業所の相談員や、既に普段から自分たちの地域でボランティア活動をおこなっている皆さんが参加してくださいました。

今回は、ボランティア活動はしているけれど、障がい者とは、あまりかかわることがないという方や、また障がい者が地域で生活するということは、どういうことかを知りたくて参加してくださった方が多くいたようでした。

こええらう.jpg

 質疑応答では、知り合いに障がいがある方がいるが、なかなか声がけしても、地域の輪に入ることが難しくて、どのように繋がりをつくったら良いか悩んでいる、CILたすけっとのイベントにも声がけしてみたいと思う。という体験談や、障がい者と健常者が一緒に活動している、CILたすけっとは、どういう風に運営や役割分担しているのか?といった団体のあり方についても、興味を持っていただいたようで、質問がありました。

これから、ボランティアに参加したいと考えている方は、是非たすけっとに一度起こし頂ければと思いますし、既に活動されている方は、今後、ぜひ一緒に活動ができれば嬉しく思います。
 また、知り合いに困っている障がいがある方がいる際には、遠慮なく相談頂ければと思います。

以上 小椋
Posted by CIL たすけっと at 11:50 | 地域出前講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1257095

コメントする
コメント