CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【サロン】8月 CILたすけっとカフェのお知らせ | Main | 【告知】(9/4.日) 暑気払いのお知らせ»
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
せ・みNPOセンター おがわ
動画『全身性障害者の疾病と障害の理解』 (06/12) 堺・自立をすすめる障害者連絡会
障がい者の地域生活を保障せよ (06/08) せ・みNPOセンター おがわ
障がいを持つ女性のためのメイクアップ&ティーパーティー (06/06) 加藤哲夫
障がいを持つ女性のためのメイクアップ&ティーパーティー (06/05)
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
【情報】(9/22.木)社会福祉法人 つどいの家 主催/ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法 声をあげる私たち 」上映会 [2016年08月22日(Mon)]
他団体のイベント情報

(9/22.木)社会福祉法人 つどいの家 主催
ドキュメンタリー映画
「不思議なクニの憲法 声をあげる私たち 」上映会

不思議なクニ.png



上映日時 2016年9月22日(木・祝) 18:45開場、19:15開演(21:20終演)
場  所 宮城野区文化センター(パトナホール)
チケット 一般(前売り1,000円)当日 1,200円


(※以下、HPより引用)
監督 松井久子
憲法には「私はどう生きるべきか」が書いてある。

この映画は、憲法論議が政治によって進められるのでなく、主権者である 私たち国民の間に広がることを願ってつくられたものです。
国のかたちをきめる憲法に、誰もが当たり前に関心を持ち、正しい知識を得、 そして理解を深めるために、歴史的事実を重んじながら 「意見」よりも日常に根ざした「人びとの声」に耳を傾けます。 怒りや憎しみから出発する議論は広がっていきません。
対立よりも冷静な選択を−。 私たち一人ひとりが個として大切にされる自由な社会を守りたい。
映画にメッセージがあるとすれば、その一点の「希い」のみです。

<映画の内容>
●立憲主義って何? ●歴史に学ぶ(敗戦から日本国憲法の成立まで) ●Peopleを主役に(国民主権) ●侵されてはならぬもの(基本的人権の尊重) ●封建的家族制度からの解放(男女平等)
●進む憲法の空文化(9条・戦争放棄をめぐって) ●戦後の日米外交史 ●沖縄は憲法を手にしているか ●未来に向けて−18歳選挙権と若者の政治参加 ●そしてあなたは何を選ぶのか?(自民党の改憲案・護憲派の主張・護憲的改憲派からの提案)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント