CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Google

たすけっとブログ内
虐待や差別の相談窓口(仙台市)
各種フォーム用紙
災害支援団体リンク集
最新記事
プロフィール・活動経歴

CILたすけっとさんの画像
お薦めリンク
寄付いただきました
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック

http://blog.canpan.info/tasuketto/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tasuketto/index2_0.xml

ジオターゲティング

メニュー・カテゴリ
検索
検索語句
QRコード
被災地支援活動
その他の全記事はこちら
【報告】活動経過報告書No.2 (活動開始〜9/30まで)
(12/12)これからの活動について思う事 及川智
石巻県北がツイッターで活動情報発信を開始!
被災地障がい者センター全県同時アンケート調査中(ご協力のお願い)
『講師派遣依頼 申込み書』を設けました
(9/1現在)活動経過(これまでの活動と現在…)
「永六輔さん・小室等さんと話そう会 in 長町仮設住宅」の報告
“石巻支部”“県北支部”“県南支部”が発足
(5/10現在)活動経過報告 1
被災した避難生活で困っていませんか?何でもご相談下さい
被災状況をお知らせください(地震津波の被災にあった障害者団体へ)
『被災地障がい者センターみやぎ』が発足 (ゆめ風基金と宮城県内の14の障がい者団体で構成)
ゆめ風基金にご協力お願い致します



[ CILたすけっと活動内容 ]



■CILたすけっとの活動
       ・ILP(自立生活プログラム)
           ILP(自立生活プログラム)とは?
           一人暮しする為の方法
           交通機関の乗りかた紹介
       ・ピアカウンセリング
           ピアカウンセリングとは?
       ・相談受付情報提供
           情報提供の内容
           地域出前講座
       ・有料介助者派遣サービス
       ・人権擁護・ピアサポート活動
           差別・虐待・プライバシー侵害などのご相談はこちら
       ・交渉
       サロン交流会

■協働・連携の活動
       ・障がい者差別禁止条例(通称 『条例の会 仙台』)
       ・みやぎアピール大行動実行委員会
       ・ゆめ風基金宮城支部
       ・タウンモビリティー事業
       ・イベント参加報告
       ・協力&共催イベント情報

■情  報
       ・障害者自立支援法の動き
       ・スタッフ日記
       ・他団体の情報
       ・バリアフリー福祉機器紹介

■募集内容
       ・ボランティア募集掲示板
      ・随時ヘルパー募集中


■介助者派遣事業
       ・介助者派遣事業「NPO法人 地域生活オウエン団せんだい」(電話1(プッシュホン)022-248-6016)

■移動サービス事業
     ・移動サービス事業「NPO法人 あくせすふらり」(電話1(プッシュホン)022-746-8037)

■寄付を頂いた報告
       ・CILたすけっと普段の活動に対する寄付のご報告
       ・被災障がい者支援活動に対する寄付のご報告

■アクセス・スタッフ紹介
     ・当事務所へのアクセス方法
     ・事務局スタッフ紹介
【熊本地震】被災障がい者の状況/新聞記事のご紹介 [2016年05月12日(Thu)]
熊本地震

被災障がい者の状況/新聞記事のご紹介



■障害者避難 東北が教訓
「熊本学園大、唯一受け入れ」
「一般避難所で対応する仕組みを」
※2016年4月30日(土) 河北新報
▼新聞記事はこちら
熊本 河北.pdf


■熊本学園大が独自に避難所
「教授、学生ボランティア60人態勢で」
「在宅の障害者ら続々」
「被災障害者の支援へ 県内20団体でセンター発足」
※2016年5月2日(月) 福祉新聞
▼新聞記事はこちら
熊本地震 福祉新聞.pdf
Posted by CIL たすけっと at 12:52 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【募金活動】第3回(5/19.木)&第4回(5/25.水) 熊本地震 街頭募金活動を実施します。ぜひご参加下さい!つながろう・支え合おう! [2016年05月12日(Thu)]
熊本地震

第3回(5/19.木)&第4回(5/25.水)
熊本地震 街頭募金活動を実施します

〜ぜひご参加下さい!つながろう・支え合おう!

kumamoto3.jpg


皆さん、こんにちは

さて
CILたすけっとでは、同じ被災経験者として、また被災経験のある当事者として、熊本地震の募金活動を継続的に行っております。
集まった募金は、被災障がい者支援団体の『ゆめ風基金』に全額を寄付することで、現場で困っている被災障がい者の皆さんへの支援になればと考えております。
※「ゆめ風基金」HPはこちら

先日おこなった
第1回目(4/28)と2回目(5/2)では、たすけっとメンバー、条例の会メンバー、その他のボランティアさんと共に実施し、2日間で約10万円の募金が集まり、ゆめ風基金に送金しました。当日の様子は、東北放送でも放送されました。

CILたすけっとでは、今後も継続的に、仲間である被災し困っている障がい者のために、募金活動を継続していきます。


次回は、以下の日程でおこないます
つきましては、ぜひ皆さんも、この機会にご参加下さい!
繋がりましょう!支え合いましょう!


《今後の熊本地震募金活動の日程》
●第3回(5/19.木) 13:00〜15:00
●第4回(5/25.水) 13:00〜15:00
※両日とも、前回と同じ、藤崎フォーストタワー前(GUCCI前)
※開始の20分前に、各自現地に集合して下さい
※25(水)は、インターンシップで長町中学生も一緒に活動に加わります

以上

皆さんも、ぜひご参加下さい
宜しくお願い致します

杉山
Posted by CIL たすけっと at 11:14 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【情報】河北新報 「<熊本地震>障害者対応 一般避難所でも」 [2016年05月12日(Thu)]
熊本地震

<熊本地震>障害者対応 一般避難所でも


東さん 熊本地震.png

ひがし・としひろ 53年熊本県生まれ。中央大法学部卒。弁護士。内閣府障がい者制度改革推進会議担当室長を経て12年7月〜14年3月、内閣府障害者制度改革担当室長。15年4月から現職。第16回ありのまま自立大賞(14年)受賞者。



河北新報 2016年04月30日

◎熊本学園大社会福祉学部・東教授

 災害時の障害者の避難にどう対応するべきか。自らも障害のある熊本学園大社会福祉学部の東俊裕教授に聞いた。
 −熊本学園大で障害者を受け入れた理由は。
 「東日本大震災の被災地で見た障害者の光景が脳裏にある。狭い避難所では車いすで動けず、トイレもままならない。発達障害の子どもがパニックになり、親が周囲から『連れ出してくれ』と言われた場面も。熊本でも同じだと思った」
 −障害者を受け入れる際に重要な点は。
 「スペースを確保すること。障害者は車いすで移動できないと暮らせない」
 −障害者施設などの福祉避難所だけでは対応できないのか。
 「熊本市内で障害者手帳を持つ人は約2万人。福祉避難所で全員を受け入れるのは無理。一般の避難所で対応する仕組みをつくらない限り、障害者が支援の網からこぼれる」
 −受け入れを広げるためには何が必要か。
 「避難所運営の課題をきちんと検討してマニュアルを作り、現場で訓練することが大事。行政が計画を立て、一般住民に伝えて認識してもらう必要がある。大震災後、熊本ではそれがほとんどできていなかった」
以上
Posted by CIL たすけっと at 11:03 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【情報】(7/2.土)第20回 仙台ダルク記念フォーラム [2016年05月12日(Thu)]
他団体情報

(7/2.土)
第20回 ダルク記念フォーラムのお知らせ

daruku.png


▼詳細・チラシはこちら
ダルク.pdf


ダルクさんは、CILたすけっとや、条例の会仙台でも共催イベントを開催したりと、お世話になっている団体なので、広報させて頂きます。参加して、共に学びましょう!

■第20回 仙台ダルク記念フォーラム
日時:2016年7月2日(土)
時間:10:00〜17:00(予定)
会場:仙台市シルバーセンター(交流ホール)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ダルクとは (以下、仙台ダルクHPより引用)

ダルク(DARC)とは、ドラッグ(drug=薬物)のD、アディクション(addiction=嗜癖、病的依存)のA、リハビリテーション(rihabilitation=回復)のR、センター(center=施設、建物)のCを組み合わせた造語で、覚醒剤、有機溶剤(シンナー等)、市販薬、その他の薬物から開放されるためのプログラムを持つ民間の薬物依存症リハビリ施設です。

 薬物依存症者に共同生活の場を提供し、薬物を使わない生き方のプログラムを実践することによって、薬物依存からの回復を支援します。

 依存者が、同じ悩み(病気)を持つ仲間とフェローシップ(仲間同士の助け合い)の中で回復するために、場所の提供をし、ナルコティクス アノニマス(NA)の12ステップによる今までとは違う生き方をする練習の場でもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上
「被災地障害者センターくまもと」が発足 [2016年05月12日(Thu)]
熊本地震 情報
「被災地障害者センターくまもと」が発足

2016年04月24日 14時09分

 熊本県内のさまざまな障害者関係団体が集まり、被災した障害者たちを支援する「被災地障害者センターくまもと」が発足した。

 物資が復旧しても、支援の網の目からこぼれがちな障害者たちを支援するため、日本障害フォーラム(東京)災害総合支援本部と連携。避難所の巡回から始め、最終的には全戸巡回を行い、被災障害者の掘り起こしを行って支援する方針。

 現在、20団体ほどが参加、今後さらに参加団体を増やす予定。25日午後1時から、熊本市東区長峯南2丁目の県身障者福祉センター2階会議室で、日本障害フォーラムと地元団体の初会合が開かれる。

=2016/04/24 西日本新聞=
http://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/for_earthquake_victim_useful/article/240952

以上
Posted by CIL たすけっと at 10:44 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
(5/8.日)映画「みんなの学校」上映会のお知らせ [2016年05月06日(Fri)]
たすけっと共催イベント

(5/8.日)映画「みんなの学校」上映会のお知らせ


みんなの学校.png


皆さんいつもありがとうございます♪
CILたすけっとサトウジュンコです車椅子光るハート

ご無沙汰の方々突然直前のお知らせゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)

5月8日(日)エルパーク仙台で「みんなの学校」上映会&シンポジウムをします。
ぜひ共育の可能性を観に来てください。

13:30みんなの学校(第1回上映)
15:30シンポジウム(北村小夜さん他)
18:00みんなの学校(第2回上映)
20:00討論会

前売800円(当日1,000円)
高校生以下、介助者無料
たすけっとで販売中!

是非お目にかかれたら嬉しいデス
\(^^)/(*^▽^*)\(^^)/(*^▽^*)\(^^)/
【報告】第2回 熊本地震 募金活動の報告 [2016年05月06日(Fri)]
報告・熊本地震報告

第2回 熊本地震 募金活動の報告


securedownload.jpg

皆さん、お疲れ様です
今日の募金活動に参加した皆さん、お疲れ様でした。

今日は、河北新報と東北放送が取材に来てくれました。ニュースや新聞で流れるかもしれません。
今回の取材で、より多くの方に、ゆめ風基金や被災地障がい者センター熊本の活動を知ってもらえたら嬉しく思います。


以下
今日の第2回 熊本地震 募金活動の報告です


日時 2016年5月2日(月) 11:00〜13:00
場所  藤崎GUCCI前
参加者 CILたすけっと、条例の会仙台のメンバー、計9名で実施しました。
集まった募金額 48,547円
※今回集まった金額は、全て「ゆめ風基金」に寄付し、ゆめ風を通して支援に活かしてもらいます。


今後も継続して実施致します
次回の日程が決まりましたら、またお知らせしますので、参加、宜しくお願い致します
Posted by CIL たすけっと at 12:45 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】募金活動の様子が「TBC東北放送のニュース番組 Nスタみやぎ」で放送されました [2016年05月06日(Fri)]
熊本募金活動報告

熊本地震の募金活動の様子が
「TBC東北放送のニュース番組 Nスタみやぎ」で放送されました


事務局スタッフ各位
皆さん、お疲れ様です

今日の募金活動の様子が「TBC東北放送のニュース番組 Nスタみやぎ」で放送されました。
CILたすけっとでは、引続き熊本募金活動を実施します。
また、開催する際は、お知らせしますので、ご参加下さい。



securedownload.jpg


▼以下、東北放送のインターネットニュースより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熊本の被災障害者支援で募金活動

2016 年 05 月 02 日 19:30

 被災した障害者を支援しようと仙台市の団体が募金活動を行いました。
 青葉区の中心部では市内の支援団体がチラシを配りながら熊本で被災した障害者への募金を呼びかけました。東日本大震災の際には障害者の人たちに支援物資や支援制度の情報が行き届かないケースが相次ぎました。この経験を踏まえ、支援団体では「一番困っている人にいち早く届ける」ことを目指し熊本で被災した障害者の支援を独自に呼びかけています。
 熊本県によりますと熊本市、益城町など8つの主な被災市町村では障害者が約5万3000人いて、このうち何人が被災しているのかの確認は困難を極めているということです。

http://skip.tbc-sendai.co.jp/01news_2/20160502_26019.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上
Posted by CIL たすけっと at 12:37 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】(4/28.木) 第1回 熊本地震 募金活動の報告 [2016年04月29日(Fri)]
熊本地震・募金活動

【報告】第1回 熊本地震 募金活動の報告


securedownload2.jpg


皆さん、お疲れ様です
今日の募金活動の報告です
今日の募金活動に参加したいの方々、寒い中、お疲れ様でした。


●第1回 熊本地震 募金活動の報告
実施日時 2016年4月28日(木)13:00〜15:00
場所 藤崎ファーストタワー館前
参加者 CILたすけっと、その他の団体、計10名
集まった募金額 50,051円
※全額、ゆめ風基金に寄付して、ゆめ風を通じて、支援に活かしてもらいます


お疲れ様でした
次回も、宜しくお願い致します!
Posted by CIL たすけっと at 13:26 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【街頭募金活動】(4/28.木)&(5/2.月)熊本地震 街頭募金活動を実施します。ぜひご参加下さい!つながろう・支え合おう! [2016年04月22日(Fri)]
【街頭募金活動】

(4/28.木)&(5/2.月)
熊本地震 街頭募金活動を実施します
〜ぜひご参加下さい!つながろう・支え合おう!〜





kumamoto3.jpg
▲熊本地震で被災した障がい者・高齢者など支援が必要な人たちの状況



kumamoto2.jpg
▲熊本地震で被災した障がい者・高齢者など支援が必要な人たちの状況



K_CO_L.jpg
▲熊本地震で被災した障がい者・高齢者などの状況が掲載された新聞






この度、CILたすけっとでは
熊本地震で被災した障がい者(高齢者、子ども、妊婦さん等も含む)に対して使われる、募金活動を実施します。

この募金活動で集まったお金は、「ゆめ風基金」に寄付します。ゆめ風基金を通して、被災障がい者支援に役立たれます。


つきましては、以下の通り日程が決まりましたので、お知らせ致します。
ぜひ、一緒に募金活動をおこないましょう!


■熊本地震 街頭募金活動!「つながろう・支え合おう」
〔1回目〕 4月28日(木)13:00〜15:00
〔2回目〕 5月2日(月)11:00〜13:00

場所:両日とも「藤崎ファーストタワー館(Gucci)」前の交差点
集合:上記の開始時間の20分前に、現地に集合して下さい


今後、毎月、継続的に募金活動を実施する予定です。
随時、お知らせ致します。宜しくお願い致します。

CILたすけっと代表 杉山
Posted by CIL たすけっと at 15:52 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【告知・強制不妊手術の人権侵害】(5/14.土)集会(東京都)のお知らせ/産むことを奪われた優生手術からの人権回復をめざして日弁連人権救済申し立てとCEDAW勧告を受けて/CILたすけっとも賛同団体の一員でこの活動を応援しています [2016年04月21日(Thu)]
優生手術・人権擁護活動

──────────────────────────────────
集会(東京都)のお知らせ
産むことを奪われた優生手術からの人権回復をめざして
日弁連人権救済申し立てとCEDAW勧告を受けて

──────────────────────────────────

CILたすけっとも賛同団体の一員で
この活動を応援しています


日時:5月14日(土)13:30〜16:30
会場:東京都 文京区民センター 2A
主催:優生手術に対する謝罪を求める会/DPI女性障害者ネットワーク/SOSHIREN 女(わたし)のからだから

飯塚淳子さん(仮名)は、16歳のとき何も知らされないまま優生手術の被害者となり、国に謝罪と補償を求めてきました。2015年6月23日には、日本弁護士連合会人権擁護委員会に「人権救済申し立て書」を提出しました。その結論は間もなく出ると思われます。


一方、この集会を共催する3団体の女性たちが、今年(2016)2月ジュネーブで開かれた国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)に参加し、70歳になる飯塚さんをふくめた、強制不妊手術の人権侵害を訴えてきました。その結果、CEDAWは日本政府に対して、優生保護法による強制不妊手術についての調査研究、被害者への法的救済、賠償、権利回復等を勧告したのです。

私たちは、これらの動きを、日本社会が優生保護法に向き合い、被害者の人権回復に取り組む機会にしたいと思います。また、飯塚さんとその背後に数多くいる被害者の救済が、障害がある人の性と生殖に関わる人権を高めること、そして産むか産まないかを個々人が選べる社会へと、つながることを願っています。
皆様のご参加を呼びかけます。


*参加の事前申し込みは不要です。当日直接、会場にお越し下さい。
*聴覚障害等でノートテイクが必要な方、視覚障害があり配布資料を事前にデータで受け取りたい方は、5月3日までにご連絡ください。
*文京区民センター http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html
〒113-0033 東京都文京区本郷4−15−14
JR水道橋駅A6出口から徒歩約7分
都営地下鉄 春日駅A2出口から徒歩約0分
地下鉄丸ノ内線 後楽園駅6出口から徒歩約3分

*この集会への賛同グループ・団体を募ります。趣旨にご賛同の上、宣伝が、お願いしたいことです。集会お知らせにお名前を掲載させていただきます。


◆賛同団体(2016年4月19日現在)
日本臨床心理学会/CILたすけっと/グループ生殖医療と差別/障害者生活支援センター・てごーす/ふぇみん婦人民主クラブ/リプロの視点から「女性の健康の包括的支援に関する法律案」を考える会/障害者問題を考える兵庫県連絡会議/NPO法人文福


●集会についてお問い合わせ・グループ賛同の連絡先
優生手術に対する謝罪を求める会 ccprc79@gmail.com
「グループ生殖医療と差別」気付fax:06-6646-3883
以上
【熊本地震支援】ゆめ風基金・DPI日本会議・自立生活支援センター協議会(JIL)の3団体は共同して障害者救援活動を行います [2016年04月21日(Thu)]
熊本地震 支援活動


熊本地震 支援活動

ゆめ風基金・DPI日本会議・自立生活支援センター協議会(JIL)の三団体は
共同して障害者救援活動を行います



──────────────────────────────────
被災者支援に募金をお願いします:郵便振替口座 00980-7-40043 ゆめかぜ基金
──────────────────────────────────

この度の熊本県・大分県の地震で被災された障害のある方々に必要な支援を届けるべく、
ゆめ風基金・DPI日本会議・自立生活支援センター協議会(JIL)の三団体は
共同して障害者救援活動を行います。
ぜひ皆さまのご協力をお寄せください。

下記口座に募金をお願いします。
障害者救援金:郵便振替口座00980-7-40043ゆめかぜ基金
※「くまもと」とお書きください。


▼ゆめ風基金のブログより「熊本地震:障害者情報」
http://yumekaze21.blog39.fc2.com/blog-entry-1199.html


▼現地で被災され困っている障害のある方は
Twitterアカウント @yumekazekikin
あるいは
電話 06-6324-7702
FAX 06-6321-5662
メール yumekaze@nifty.com
にご一報ください。
以上
Posted by CIL たすけっと at 10:13 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【募金】被災障害者支援「ゆめ風基金」を通して被災地支援をおこなおう! 〜つながろう・支え合おう〜 [2016年04月21日(Thu)]
熊本地震

被災障害者支援「ゆめ風基金」
を通して被災地支援をおこなおう!
〜つながろう・支え合おう〜


yume.png

この度は
4月14日より連続的に発生している熊本県・九州地方での地震でお亡くなりになった方々とご遺族に深く哀悼の意を表します。また被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧を
お祈りします。

CILたすけっとでも現在、被災地の皆さんに対して、何ができるか皆で考えているところです。
取り急ぎ、近日、街頭での募金活動を実施したいと考えておりますので、その際は改めてお知らせ致します。皆さんもぜひ活動にご参加下さい。

さて
今回ご紹介するのは、1995年の阪神淡路大震災の際に、障害者や高齢者、妊婦、子ども等…社会的弱者と言われている方々への支援が行き届かなかったことを機に発足した、被災障害者支援のための「ゆめ風基金」のご紹介です。

東日本大震災前から、ゆめ風ネットの一員だったCILたすけっとですが
東日本大震災の3日後には、当CILたすけっとにも、ゆめ風のスタッフが駆けつけてくれて、震災支援活動・地域の復興・場づくり・コミュニティーの創造・緊急的な介助者派遣などなど、物資提供にとどまらず、被災地全域(宮城・岩手・福島)の支援を継続していただいております。現在も尚、福祉型BCP学習会の開催など、地域支援を継続して下さっております。

東日本大震災後、CILたすけっとが事務局となり「被災地障がい者センターみやぎ」を発足し、全国からのべ2,000人のボランティアさんと共に、のべ1,500名の方々への支援をおこなってきました。この活動も、ゆめ風基金のバックアップによって成り立っていました。
●活動の様子はこちら→http://blog.canpan.info/tasuketto/category_36/1


今回、熊本で地震があり、情報では、障害者や高齢者が避難所で、十分な介助者も確保できない状況の中、自宅にも帰れずにいるということを聞いております。さっそく、ゆめ風基金スタッフは現地に入り支援活動を開始しています。


ゆめ風基金は、支援金を直接、物資や支援活動費に使う、信頼できる団体です。
私たち、CILたすけっとでも募金活動で集まったお金は、ゆめ風基金に送ります。
ぜひ、皆さんもゆめ風基金に寄付というかたちで、被災地支援をしましょう!!


●特定非営利活動法人 ゆめ風基金
〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106
TEL:06-6324-7702 / FAX:06-6321-5662
MAIL:yumekaze@nifty.com
HP:http://yumekaze.in.coocan.jp/

障害者救援金 送り先
郵便振替口座 00980-7-40043 ゆめ風基金
ゆうちょ銀行店番099/当座0040043 ユメ カゼ キキン
Posted by CIL たすけっと at 09:30 | 3・11東日本大地震 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【報告】(4/17.日)「みんなの学校」仙台上映会お誘い企画みんなで楽しむLIVEお絵かき!! [2016年04月20日(Wed)]
CILたすけっとサロン


「みんなの学校」仙台上映会お誘い企画
みんなで楽しむLIVEお絵かき!


S__13139973.jpg


4月17日(日)のサロンでは国際センター駅の2階で開催されていたみんなで楽しむLIVEお絵かきに参加しました。そこでは子供も大人も関係なく絵を描きながら一緒に楽しめる場でした。


S__13139980.jpg


皆さん、上手いとか下手とか関係なく絵を描いていたので個性豊かな絵が見れて良かったです。また、絵を書くことを通じてたくさん方と交流したり一緒に楽しむことが出来て良い体験ができたと思います。

S__13139994.jpg


これからもこういう経験を活かしながら色んな方々と交流を深められたらいいですねるんるん
【情報】条例の会仙台では『仙台市 障害者差別解消条例施行』を広報するチラシを作成しました/どんどん相談しよう! [2016年04月18日(Mon)]
【情報】条例の会仙台

条例の会仙台では
『仙台市 障害者差別解消条例』施行をお知らせする
チラシを作成しました

〜どんどん相談しよう!〜


チラシ画像.png


チラシデータはこちら
条例制定チラシ 修正版.pdf


条例の会仙台では
2016年4月1日に施行された『仙台市 障害を理由とする差別をなくし障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例』(通称:「仙台市 障害者差別解消条例」)を受けて、相談機関を掲載したチラシを作成しました。裏面には、差別事例も掲載しています。

1人で悩まず、どんどん相談しましょう!
お知り合いの方で困っている人がいたら、ぜひご紹介して下さい。
(※チラシデータを転送や印刷し、ご活用下さい)
(4/16.土) 差別解消条例施行記念!街頭広報活動をおこ​ないました/チラシデータデータと当日の様子が紹介された新聞記事の紹介 [2016年04月18日(Mon)]
【報告】条例の会仙台 仙台市障害者差別解消条例


報告(4/16.土)
差別解消条例施行記念!街頭広報活動をおこ​ないました
チラシデータ


街宣ビラまき.png

街宣ビラまき2.png

皆さん、こんにちは
先日の(4/16.土)に実施した、『仙台市 障害者差別解消条例施行記念!街頭広報活動』に参加して下さった皆様、お疲れ様でした!


当日は、約30名の条例の会仙台のメンバーが一緒になり、3時間程で1,500枚のビラを配りました。仮装したメンバーもおり、楽しい雰囲気の中、広報活動をおこないました。


ビラを受け取ってくれた方々の中には、はじめてこの条例が施行されたことを知った方や、興味津々にビラの内容を見て下さっている方や、差別事例を読み「こんなことが実際にあるのですねぇ」と驚いていた方もおりました。


当日の様子が、河北新報と毎日新聞に掲載されましたので、そのデータと、今回配布したチラシのデータを添付にて、送らせて頂きます。
ぜひ、チラシを拡散していただき、ご活用いただければと思います。


その他
今後も度々、同じような街頭での広報活動を実施していきたいと考えております。
開催する際は、事前に皆さまにご連絡致しますので、その際はぜひまたお集まり下さい。


■条例の会仙台が作成した
「仙台市 障害者差別解消条例施行」広報チラシ
チラシ55.pdf


■当日の様子が河北新報と毎日新聞で掲載していただきました
障害者:「差別なくして」 仙台市条例施行でビラ配布 /宮城 - 毎日新聞.pdf
河北新報平成28年4月17.pdf

街宣ビラまき3.png


--------------------------------------------------------------------------
誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会 (略称:条例の会 仙台)
---------------------------------------------------------------------------
  〒982-0011
  仙台市太白区長町1丁目6-1 (CILたすけっと内)
 電話 022-248-6054 FAX  022-738-9501
  メール jyoureisendai@gmail.com
ブログ http://blog.canpan.info/jyourei
  Twitter https://twitter.com/jyoureisendai
---------------------------------------------------------------------------
【告知】(5/8.日)みんなの学校仙台上映会を観に行こう! [2016年04月13日(Wed)]
CILたすけっとサロン

みんなの学校仙台上映会を観に行こう!


日 時 :平成28年5月8日(日)
※13:10・開場
13:30・第1回上映(106分)
15:30・シンポジウム
18:00・第2回上映(106分)
20:00・討論会
場 所 :エルパーク仙台(ギャラリーホール)
対 象 :障がいのある方も障がいのない方も(種別は問いません)
テーマ :みんなの学校仙台上映会を観に行こう!
入場料 :前売り800円(当日1000円)※高校生以下無料
締 切 :平成28年4月29日(金)

主催・問合せ・申込先
CILたすけっと サロン係
住所:〒982-0011 仙台市太白区長町1丁目6−1
TEL:022-248-6054/FAX022-738-9501
メール:ciltasukettosalon★ yahoo.co.jp (★⇒@)
(サロン係:佐藤順子 ・鎌田慎也・横山拓哉 )

【相談窓口】仙台市障害者差別にかんする相談窓口一覧 [2016年04月06日(Wed)]
障害者差別禁止条例

仙台市
障害者差別にかんする相談窓口一覧



●仙台市健康福祉局障害企画課
〒980 -86718
仙台市青葉区国分町3丁目7−1
電話 :022 -214 -8163
FA X:022 -223 -3573
メールアドレス: fuk005330@city.sendai.jp


●仙台市障害者虐待防止・差別解消 相談ダイヤル
(24 時間365 日受付)

電話022−214−8551
FAX022−214−8552


●青葉区障害高齢課
電話022− 225−7211
FAX022−225−7721


●宮城 総合支所保健福祉課

電話022− 392−2111
FAX022− 392− 2233


●宮城野区障害高齢課
電話022−291−2111
FAX022−298−0717


●若林区障害高齢課
電話022−282−1111
FAX022−282−1280


●太白区障害高齢課
電話022−247−1111
FAX022−247−3824


●秋保総合支所保健福祉課
電話022−399−2111
FAX022−399−2580


●泉区障害高齢課
電話022−372−3111
FAX022−372−8005


●障害者総合支援センター(ウェルポートせんだい)
電話022−711−6511
FAX022−371−7313


●北部発達相談支援センター(北部アーチル)
電話022−375−0110
FAX022−375−0142


●南部発達相談支援センター(南部アーチル)
電話022−247−3801
FAX022−247−3819


●精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)
電話022−265−2191
FAX022−265−2190

※仙台市の相談窓口(平日 8時 30 分 〜17 時 00 分 )
【記念パレード】(3/31.木)祝!障害者差別解消法施行記念パレードin東京に参加してきました!! [2016年04月06日(Wed)]
国の法律・障害者差別解消法


(3/31.木)祝!障害者差別解消法施行記念パレードin東京に参加してきました!!



image1.JPG

▲いざ、パレードスタート!!



 先日、3月31日(木)に東京でDPIとJIL主催で開催された「障害者差別解消法施行記念パレード」に杉山・高橋・成田の3名が参加してきました。

IMG_9558.JPG

▲たすけっと代表です^^



 このイベントは、2016年4月1日から日本で施行される「障害者差別解消法」を全国各地でお祝いし、広く市民の方々へ周知しようということで開催されました。
パレードは、東京のほかにも愛知・静岡・茨城・栃木・群馬・大阪・沖縄等、各地で開催されています^^


 今回のパレードには、全国各地から総勢700名くらいの方々が集まりました!!

IMG_9556.JPG

▲戦隊ヒーロー出陣!!


IMG_9572.JPG

▲アナと雪の女王


各地それぞれのCILのメンバーもコスプレをしながら、お祝いモード全開でした!!

そして・・・

IMG_9565.JPG


なんと、ぐんまちゃん発見!!
群馬から遥々と条例誕生を一緒にお祝いしてくれるために来てくれました>o<
ぐんまちゃん、ありがとう♪


 このようにユニークなメンバーもたくさん交わりながら、パレードスタート^o^

image2.JPG


 日比谷公園をスタートし、銀座を抜け、東京国際フォーラムまで全員で列を作り、コールをしながら歩きました。

IMG_9563.JPG


image1 2.JPG


IMG_9579.JPG


 こんな形で、銀座を歩くとは思っていますんでした(笑)
しかも、たすけっとメンバーは初の銀座!!(笑)

いろいろ、記念すべき一日でした^^


 全国各地の仲間たちと一緒にお祝いできたことは、すごく楽しい時間でした。
障がいを持ちながらでも、楽しいことを行いながら地域に出て行ければいいなと実感しました。

さぁ、みんなで障害者差別解消法を伝えていきましょう\^o^/

文:高橋


【障害者差別解消法施行記念パレードin東京 コール文】


だれでも入れるお店にしよう

みんな一緒に学ぼう

みんな一緒に働こう

みんなで語り合おう

誰も仲間はずれにしない!

みんな違ってみんな一緒

差別を知って差別をなくそう

歴史が動くのは今!

社会が変わる!

差別解消法誕生おめでとう
【情報】Happy birthday 障害者差別解消法!2016年4月1日に、障害者差別解消法が施行されました [2016年04月06日(Wed)]
国の法律・障害者差別解消法

Happy birthday 障害者差別解消法!
4月1日に、障害者差別解消法が施行されました


皆さん、こんにちは
4月1日(金)は、仙台市の『仙台市 障害を理由とする差別をなくし障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例』施行日でもありますが

同時に
国の法律である『障害者差別解消法』の施行日でもあります

※障害者差別解消法の詳細はこちら
内閣府HP http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.html

そこで
障害者差別解消法にかんする記事が掲載されている新聞記事を、皆さんにもご紹介いたします
ぜひ、内容をご確認下さい

毎日新聞 障害者差別解消法.pdf
福祉新聞 障害者差別解消法.pdf
朝日新聞 差別解消法.pdf
以上
| 次へ