CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
別れの季節・・・いや、巣立ちの季節? [2016年03月31日(Thu)]
寒い冬がやっと終わり暖かい春がやってきましたね。グッド(上向き矢印)
春といえば異動の季節でもありますね。我が職場でも
数名の方の異動があります。もうやだ〜(悲しい顔)

この場を借りて誠に個人的な内容になってしまいますが
お礼を言わせてください。
 
 私がこの職場にきてはや5年、その5年間ずっと隣の席で
いろんな仕事を懇切丁寧に一から教えてくださり、見守り、
ご指導してくださった先輩が今日旅立たれます。ダッシュ(走り出すさま)

 右も左も分からない私に寄り添ってくれ、事務所全体にも
目を配り、あらゆるところに気を配る本当に素敵な先輩です。

 いつも私の憧れでした。あんな人になりたい!と思える人です。黒ハート

そんな頼りきっていた先輩が今日巣立ちます。

 「本当にありがとうございました。」という
感謝の言葉だけでは足りません。明日からは違う職場では
ありますが同じ志を持ち社会福祉の現場で刺激し合い,
成長したいと思います。パンチ

 自慢になってしまいますが職場は人間関係が一番だと思います。
垂水区社会福祉協議会は全員が一丸となれる本当に素敵な職場です。ぴかぴか(新しい)

 人があたたかいです。皆が思いやりを持っています。かわいい
当たり前のことですがこれがなかなか・・・ですよね。

 明日から皆さん、それぞれ新しいスタートを切ります。exclamation

気持ちを切り替えて前を向いて28年度も頑張りましょう!!パンチ

          Y・H
たらーっ(汗)
Posted by 垂水区 at 12:16 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ありがとう垂水区社協!! [2016年03月31日(Thu)]
 こんにちは。3月31日にこの記事を書いております。
当番の日に記入できなくて申し訳ないです。
この机に座って、仕事をするのが本日で最後になります。
何もわからないまま、区社協で仕事をさせていただく中で、気が付けば人生の半分をこの
区社協で過ごさせていただきました。
区社協の仕事は、子育て・障害・高齢分野と多岐にわたるお仕事です。幅広く浅く・・・と思っていた仕事の範囲が、今や幅広く奥深く、そして探せばいくらでも仕事が・・・・。
決まった仕事以外に、企画運営していく楽しさというのがあるのも区社協の仕事の1つであると思います。
 この場で、長くお仕事をさせていただきまして、本当に感謝してもしきれないくらいです。
垂水区社協は1人1人が200%の力を出しきる人たちの集まりです。
いろんな試練を乗り越えてきた人たちなので、2波も3波も今後越えて行けることと思います。

 今までお世話になりました方々へ、ご挨拶ができないこと心苦しく思いますが、この場を借りて
感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。
本当にありがとうございました。
垂水区社協をこれからも愛してくださいね〜ハート(トランプ)ハート(トランプ)ハート(トランプ)
Posted by 垂水区 at 11:03 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!たるみの事業所さん(4) [2016年03月24日(Thu)]
(も)です。
だんだん春らしい季節になってきましたね。
三寒四温といったところでしょうか。

わたしの担当する日は、「こんにちは!たるみの事業所さん」というタイトルで、
垂水区内の“障害福祉サービス事業所(就労継続移行B型)”(障害がある人に働く場所を提供し、支援を行っている)を訪問し、紹介してきいます目

第4回は「ホーム塩屋」さんです。
名前の由来は…、“ホーム”は利用者のみなさんのじぶんたちの家になるように、との思いから。
もともとは昭和58年に塩屋で始まり、平成17年に垂水に引っ越してきましたが、名前に愛着もあり“塩屋”のままです。
垂水駅前を中心に、さおり工房、クッキー工房、クラフト工房、フレンズ(すべて就労支援事業所B型)、地域の憩いの場として常設のお店である“くがの家”があります。

それぞれを職員さんに順番に案内していただきました!レッツゴー!ダッシュ(走り出すさま)

はじめは天ノ下の本部の建物へ。
お昼前だったので、台所にお邪魔しました。お味噌汁のいいにおい!
毎日、それぞれの工房で昼食を作ります。
この日は自分たちでお弁当を持ってきているので、お味噌汁だけ。
また、月に2回、地域のみなさんにお弁当を提供しています。
わたしたち社協職員も毎回楽しみにしています!るんるん
(ちなみにわたしのお気に入りは年1回のドライカレーです)

まずは、さおり工房へお邪魔しました。
まず目にはいるのが色とりどりの糸たち!
1.jpg
(これはほんの一部です)

事業所にこれだけそろえているのもめずらしいそうです。みなさん自分で色を選びます。
出来上がった生地は、いろいろな作品に変わっていきます。
ホーム塩屋のさおりを気に入ってくれた作家さんたちがデザインやパターンを考え、縫製を担います。
出来立てほやほやの生地を制作した利用者さんが見せてくれました!
2.jpg

次に、クラフト工房へ。
さしこや、押し花などの作品作りに取り組んでいます。
この日はさしこの大量注文があったので、みなさんちくちく…。
3.jpg

本部からすぐ向かいのクッキー工房へ。
もう、すっごくいいにおい!
おもわず「つまみぐいしたくならない?」と利用者さんに聞いてしまいましたが、
「ぜんぜん!」とのことわーい(嬉しい顔)
4.jpg

ここで焼いているクッキーは毎日くがの家に納品しています。
最近では関西学院の学生さんとのコラボで、ネパール支援のスパイスがきいたクッキーも発売しています。
(お酒のおつまみにもぴったり)

続いて、垂水商店街のなかへ。フレンズへお邪魔しました。
元は保育園の跡地。外には広場もあり、別の団体と一緒に利用しています。
この日はお弁当提供のお箸袋づくりに取り組んでいました。
5.jpg

ホーム塩屋さんには4つの事業所がありますが、利用者さんはそれぞれの事業所へ「出張」ができます。
普段はクッキーを焼いているけれど、さおり織りもやってみたい!そんな利用者さんの希望に沿って仕事ができます。
また、みんなで色々なプログラムにも取り組んでいます。
例えばスポーツ。体育の先生から指導は、最初はしんどくて泣きながら。でもみんなで取り組みます。
絵画教室は京都のプロの先生に教えてもらうようになると、いままでと表現が変わっていったそうです。
何ごとも経験・プロを巻き込む、利用者さんを思う職員さんの熱い思いが伝わってきました。

最後は、くがの家へ。
店内にはクッキーやさおりの作品、東北支援の商品が所狭しと並べてあり、その場で商品を購入できます。
6.jpg

こちらは喫茶店にもなっており、お茶をいただくこともできます。地域の方もよくお茶をしに訪れるそうです。
利用者さんが交代でウエイターをしています。
私たちも最後にクッキー付紅茶をいただきました。おいしかったです!

どの工房でも、利用者さん職員さんが笑顔でお出迎えをしてくださり、
そして楽しく仕事をしている様子を見せていただくことができました。
ここはみんなの“ホーム”であることを実感しました。

あっちこっちと案内してくださった鈴木さん、ありがとうございました!
7.jpg

【社会福祉法人 ホーム塩屋】
本部:垂水区天ノ下町6−11
TEL:078-705-1159
HP: http://homeshioya.jp/

********************
○アンテナショップのおしらせ
4月8日(金)10時半〜13時半
垂水区役所1階ロビーにおいて、事業所製品の販売会を月1回行っています。
ぜひお越しください!

○たるみっこギフトのご案内
垂水区内の事業所の製品を、お気軽に注文することができます。
詳しくは、垂水区社会福祉協議会のHPをご覧ください。↓
http://www.tarumi-csw.or.jp/02jigyo/handicap.html
Posted by 垂水区 at 14:41 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
逃避行動のススメ!? [2016年03月21日(Mon)]
最近お疲れ気味のCoですふらふら

社会人になってから早十○年…
年度末と年度初めは毎年泣いています。
(何故この世の中はこんなに…ブツブツもうやだ〜(悲しい顔)

マイナス思考に陥った時は
皆さんどうされますかexclamation&question

私は、青春時代の90年代歌謡曲CD
部屋で1人ガンガンに聴き
1人トランプハートスペードダイヤクラブ 遊びをしてみました。

学生時代はもっと
高いピラミッドを作れたのに…
と、気分転換のハズが
また落ち込んでしまいました。

逃避行動にも、何卒内容にご注意ください手(パー)

P1000368.JPG
Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
3/26(土)ボランティアまつり開催! [2016年03月17日(Thu)]
皆さん、こんにちは。
ボランティアコーディネーターのUです。

朝晩は寒いですが、だいぶ日差しが柔らかくなってきましたね。
日も長くなり、仕事場から出てまだ明るいと、ああ、春だな~と嬉しくなりますね。

さて、垂水区ボランティアセンターでは3月26日(土)に垂水区役所にてボランティアまつりを開催します!

子どもから大人まで誰でも楽しんでいただける内容となっていますので、是非垂水区役所へお越しください。
今年はボランティア実行委員会でTシャツを作ります。
また、ボランティアまつりの最後には垂水区社協のうた「満点!」の体操を踊る予定です。
皆様のご参加をお待ちしております!

maturi.jpg

ボランティアまつりTシャツ 初公開!
紺白裏.jpg
Posted by 垂水区 at 08:20 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
超芸術トマソン [2016年03月16日(Wed)]
 「超芸術トマソン」とはいったい何なのか?

 超芸術家 赤瀬川原平氏(2014年10月に残念ながらお亡くなりになりました。)によると、それは「街中の建造物や道路に付着する、無用の長物でありながら美しく保存された不可解な凹凸」だそうです。

 赤瀬川氏が最初に「トマソン」を発見したのは1972年。仕事のためカンズメにされていた旅館の外階段だったそうです。発見場所が東京の四谷であったために、「四谷純粋階段」(写真参照)と呼ばれたこの物件は、登ったところになぜか入口がなく、あとは降りるしかないという、まさしく純粋に階段としての機能しかもっていなかったのです。

 その後すぐ、ベニヤ板で几帳面に塞がれた駅の窓口「エコダ」や病院の通用門で看板や庇、門燈まであるが、入り口がセメントで丁寧に塞がれている「無用門」が赤瀬川氏らによって発見されました。

 そして、この3つの物件が揃ったところで、赤瀬川氏はこれらを「役立たずの度合いでは芸術作品とほとんど等しい存在でありながら、しかし芸術作品にまつわる文化的価値を超えたところの、超芸術的存在物件」だと認識したということです。

 では、なぜ、「超芸術」が「トマソン」なのか?

 今からさかのぼること約40年の1980年頃、それまで使っていた「超芸術」という言い方は堅すぎるのではないかという話になり、焼き鳥屋で飲みながら愛称を探していたところ、誰かが「無用の長物は英語でホワイト・エレファント」と話していたら、別の人物がその「ホワイト」に引っかかり、ホワイト→巨人の外国人選手→4番打者なのにまったく活躍していないゲーリー・トマソン、と連想して、「トマソンはどうだろう」となったようです。

 う〜ん。「なるほど」あるいは「ほどなる」。

 赤瀬川氏は、超芸術トマソンの最初の物件である「四谷純粋階段」を見つけたとき、その純粋性に驚いて歓喜したそうです。そして、その純粋性はどこから来ているかというと無用性から来ていると指摘しています。

 今日、ますます有用なもの、意味のあるものしか価値があるとされない傾向が強まっていますが、あえてまったく無用なもの、また、その無用さが純粋であればあるほどすばらしいという赤瀬川氏の見立ては、まさしく、それこそが芸術の存在理由の一つであり醍醐味でもあります。

 今回のブログで、私の長年の懸案事項の一つが解決された訳ですが、もう一つの懸案事項である、五月みどり氏の唄「一週間に十日来い」について、どうやって十日来るのかなどを含め、今後、調査していきたいと考えております。(露)

no-title
Posted by 垂水区 at 09:06 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お雛様のおじいちゃん [2016年03月11日(Fri)]
先日、実家の庭掃除をしていたら、家の前を通りかかった小学校低学年位の女の子2人に「お雛様のおじいちゃんいますか?」と尋ねられました。

「お雛様のおじいちゃんexclamation&question

一緒にいた女の子たちのお母さんに伺うと、姉妹がまだ小さい頃、時々ここを通りかかったときに私の父母から庭の花をもらったり、ひな祭りで綺麗なお雛様を見せてもらって、ケーキバースデーを食べて歌を歌ったことが忘れられず、その後もここを通るたびに「お雛様が見たい!」と言ってその場を動かなかったり、ひとり暮らしになった父を見かけると「お雛様のおじいちゃん」と慕ってよく声をかけてくださっていたとのこと・・・

何も知らなかった私はただただ驚くばかり。高齢の両親が地域の方々に支えられ、小さな子どもたちに見守られながら生活していたと思うと、感謝の気持ちがこみ上げてきましたもうやだ〜(悲しい顔)
そしてこれまでお世話になったお礼とおじいちゃんはおばあちゃんのところへいってしまったことを伝えました・・・

またお雛様見たいなわーい(嬉しい顔)・・・とニッコリ笑う姉妹をみて、私と妹は久しぶりに飾ることに・・・

hirose0310.jpg

実家のお雛様は姉の初節句のときのものなので、もう半世紀以上も前のかなりの年代物です。雛壇は祖父の手作り、御道具の布団や座布団は曾祖母が着物のはぎれで手作りしたもので、私も幼い頃は毎年この季節が楽しみで、綺麗に並べられたお雛様をずっと見ていたくてお雛様の前に座ったまま眠ってしまったことも眠い(睡眠)

妹と思い出話に花を咲かせながら飾ったお雛様は、半世紀の時を越えても色あせることなく綺麗ぴかぴか(新しい)・・・私たち三姉妹の成長を見守ってくれたお雛様・・・やっぱりいくつになってもワクワクして嬉しくなりますグッド(上向き矢印)あの小さな姉妹もきっと同じ気持ちかな?

でもお雛様って飾るときは楽しいのですが、片付けるのは本当に大変なんですふらふら
子どもの頃は3月3日を過ぎたら早く片付けないとお嫁に行き遅れる?と早々に片付けていましたが、もうそんな心配は要らないのでわーい(嬉しい顔)、しばらくこのまま飾っておこうと思っています手(チョキ)

ようやく寒さも緩み日に日に暖かく・・・通勤路の木々が芽吹き、桜のつぼみがふくらんでいくのを見ると新しい春の訪れを感じまするんるん(H)

Posted by 垂水区 at 07:28 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まさかのインフルエンザ [2016年03月10日(Thu)]
春のような気温が続いたと思えば、真冬の気温に逆もどり。この時期とても体がついていけません。ふらふら
私、先週まさかのインフルエンザ発症でございました。もうやだ〜(悲しい顔)
突然の体のだるさからはじまり、職場を早退。帰宅して、しばらくすると、38度5分まで熱が上がり、グッド(上向き矢印)夜になると39度を突破。がく〜(落胆した顔)
翌日朝病院へ。検査の結果、「インフルエンザA型ですね。」ドコモ提供
とにかく、熱が下がるまで、隔離部屋exclamation&questionで寝てるしかない。家族にうつさないよう気は使うし、誰も私のお世話はしてくれないので、もうやだ〜(悲しい顔)ひたすら我慢です。
一家の主婦が、倒れると大変ですよね。「ちょっと何か食べなきゃ」とやっと思えても、
準備する元気はないしで、水分はとっていたつもりが、ぜんぜん足らなかったのでしょう。たらーっ(汗)脱水症状で、倒れてしまい、またまた病院で点滴投与となってしまいました。
今はおかげさまで、回復し、職場復帰しております。
皆様、まだまだインフルエンザの季節・・・お気をつけくださいませ。手(パー)
Posted by 垂水区 at 16:34 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
季節の便り? [2016年03月09日(Wed)]
皆さん、インフルエンザ・花粉症・MP2.5・・・風邪のような、ちょっと
違うような症状に左右される毎日ですね。
気温の変化にも。

今年は、暖冬続きで雪は・・・と思えば、とてつもなく雪が降りました。
沖縄にも。雪神戸は積もるほど降りませんね。

寒さが続けば「インフルエンザ」が蔓延!
今年はA型・B型・A香港型 と同時並行に別々の種類が発生したようです。

職場でも、2月は窓口によく出る職員が2人ともB型、でも社協内では
蔓延せず。(みんな元気!)
ほとぼりが冷めた先週、他の職員2名がA型!
同じ日より、我が家の小学生の息子2人揃ってA型がく〜(落胆した顔)
「他の家族にうつさないで・・・・」と元気なものが、マスクをして
予防しました。
毎日びくびくしながらも、受験生の姪、保育園での発表会を控えた
子どもたちにもうつらず、無事、年度末のメインイベントは終了るんるんしました。
残るは卒業式のみです。

さすがに上の子は、高熱続きでねむりっぱなし。(4日間も!)
下の子は、びっくりするぐらい3食しっかり栄養補給していました。
出席できるころには、2人とも学級閉鎖あせあせ(飛び散る汗)おかげで、
暇を持て余していたようです。

予防には、「手洗い・うがい」とは言いますが、予防法が正しいのか
どうか、様々な意見が飛び交ってますね。
でも、我が家は @食事 A睡眠 B加湿器 で 多分、乗り切った
のではexclamation&questionと思ってますわーい(嬉しい顔)

インフルエンザも、まだまだ猛威を振るっているようです。
栄養のある食事で乗り切りましょう。加湿器も必需品です!
加湿器代わりに、洗濯物の室内干しも有効のようです。花粉対策にも!

今週末は、公立高校の一般入試ですね。
受験生 ファイト! あと少しの辛抱! 陰ながら応援してます。(K)モータースポーツ
Posted by 垂水区 at 15:25 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
リオ [2016年03月02日(Wed)]
月曜日担当でしたが、更新を忘れておりました。すみません。。。

2月29日は4年に一度一の閏日でしたね!
そしてオリンピックイヤーですね手(チョキ)

今年はブラジルのリオデジャネイロで開催ということですが、私の今一番行きたい国がブラジルです。
そう、私、ブラジルが大好きなんですグッド(上向き矢印)
小学校の時好きな国について調べ、発表するという授業があったのですがもちろんブラジルを選びました!
情熱的で陽気なイメージに惹かれたんですよね〜。

ブラジルが好きすぎて、ブラジル音楽もよく聞きまするんるん
「セルタネージョ」というジャンルがあり、アコーディオンが用いられているのが特徴です。
アコーディオンの音色が心地よく、気が付けば体が揺れているといった音楽ですexclamation×2
とてもおススメです!是非、聞いてみてください。手(チョキ)
Posted by 垂水区 at 23:07 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)