CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年11月 | Main | 2016年01月»
ご協力ありがとうございました! [2015年12月28日(Mon)]
10月から始まった赤い羽根共同募金運動は、地域のみなさんのご支援により本年も間もなく終了となります。

自治会や町内会で、個人で、学校で、店頭で、駅前で、、、
様々な個人や団体の皆様にご協力をいただきながらの2か月でした。

赤い羽根共同募金運動の期間中は、社会福祉協議会の窓口にたくさんの方が見えて、募金を置いて行ってくださいます。中には空き缶などで手作りした募金箱をドン!とを置いて行って下さる方もいます。

無題.png

こちらの写真は、学校などで募金運動にご協力いただく際、お配りしている袋で、募金に協力してくれた生徒さんによるオリジナルのカラーリングバージョンです☆

なんだかハサミを入れて中身を出すのがオシイ!とおもい、そっと封を開けて、カラーコピーをとって保存させていただきました♪

なんだかやわらかいタッチと色使いに癒されたYでした。

今年度の赤い羽根共同募金運動も例年通りの12月31日まで。
残りわずかの日程ではありますが、皆様からの温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年内のブログは本日の投稿で最後です。皆様どうぞよいお年を!!

(わーいわーい)
Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマスですね〜 [2015年12月24日(Thu)]
るんるんるんるんラースト クリスマスるんるんふふふふふんふ(英語わからなーいふらふらワム〜〜exclamationexclamation
今宵はクリスマスイブですね〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)黒ハートわーい(嬉しい顔)
うん十年前の若かりし頃 わたしたちの世代のクリスマスといえば・・・exclamation
そうですexclamationバブリー全盛期グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)だったですね〜
ピンドンバーバーバー飲んで 赤プリ泊まってホテルホテルとか・・・ 新幹線新幹線新幹線最終ホームで繰り広げられる恋人たちの切ないシーン(まだ壁ドンはなかったですよ 部長〜手(パー)るんるんあンめは夜ふけすぎに〜るんるんJR東海すてきなCMありがとうわーい(嬉しい顔)(ところで牧瀬りほちゃんは今どこに???)
もっともっと 幼少の頃は・・・。我が家は城下町姫路、祖母の「うちは仏教徒!キリストさんは関係ない!」の一蹴のもと、クリスマスカラーまったくなしでしたもうやだ〜(悲しい顔)
それでも、鼻ひげつき黒縁プラスチックおとぼけめがね眼鏡をつけた ほろ酔い加減で「メリーくるしみます!!」な〜んて おやじギャグぶっ飛ばしながら 叔父がバタークリームのクリスマスケーキを買ってきてくれたり、朝 枕元にあった F仁家のパラソルチョコのプレゼントが もの凄く嬉しかったことを 今でも鮮明に覚えていますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
子どもができて、よし!!心に残るクリスマスをと思っていたのですが・・・
職場で思いっきりクリスマスをするので、そちらでクリスマス完全燃焼exclamation我が家のクリスマスは片づけ仕事になってしまい・・・。ごめんね わが子達がく〜(落胆した顔)
で、今年は素敵なクリスマスを演出するわよ!!と家族に予定を聞いたところ
「あっ 整骨院予約したわ」「冬季講習はいってる」「y君とデート」
るんるんひとりきりの クリスマス イブるんるん(達郎〜〜もうやだ〜(悲しい顔))になりそうですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
それでも クリスマスは やっぱりいいですね黒ハート
みなさまにとって 素敵なクリスマスでありますようにハートたち(複数ハート)揺れるハート揺れるハート黒ハート黒ハートぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
Posted by 垂水区 at 00:04 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
畑に冬が来た。何種の野菜があるでしょうか? [2015年12月21日(Mon)]
IMG_0705.JPG
上記写真は、相方が収穫した冬野菜の一部です。目
あと、菊菜・下仁田ネギとお正月には間に合うと思うブロッコリーがあります。
 今年は、大納言と黒まめも頑張って作っていました。ぴかぴか(新しい)大納言は、自家製あんこにして、30日に予定しているもちつき(器械ですが)に使う予定です。京人参、黒豆、かぶら、さつま芋は、我が家の「おせち」に使います。梅花人参、六角小芋、花レンコン、結びコンニャク等、いつもの煮物に気持ち手を加え、お正月らしさを出すようにしています。わーい(嬉しい顔)
 今は、おせちもいろんなものが出ていて、購入できるのですが、相方が野菜を作っていることもあり、せめて煮しめは「我が家の味」でと、思っていま〜す。るんるん
 夏に、知人から頂いた梅で作った梅酒も飲み頃。バー 年末の大掃除も、小掃除くらいは頑張り、風邪をこじらせないようにし、新年を迎えたいと思いま〜す。    MB
Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
奥が深い「泥だんご」 [2015年12月17日(Thu)]
皆さん、こんにちは〜。
あっという間に12月も半ばに入ってしまいましたふらふら
これまたあっという間に年末が来て、あっという間に新年を迎えるんでしょうね〜たらーっ(汗)おー怖がく〜(落胆した顔)

全く「年末」という実感がなかった私ですが、先日ルミナリエを子どもと一緒に見てきましたぴかぴか(新しい)

IMG_1080.JPGIMG_1083.JPG
このキラキラした電飾のアーチを歩くと、「あー今年も終わりだなぁ」としみじみ。
以前は三宮から元町までずーっと長いアーチが続いていましたが、年々距離が短くなり、今年久々に歩いてみると、「え!これだけ!?」という感じでしたもうやだ〜(悲しい顔)
でも、東遊園地に造られた会場に入ると、まるで宮殿に入っているかのようハートたち(複数ハート)グッド(上向き矢印)キラキラの光に包まれて、うっとりです黒ハート
子どもとキャーキャー言いながらたくさん写真を撮って帰ってきました。また来年も歩きたいと思いますexclamation

さて、本題はここから・・・。
先月の連休に姉の家に遊びに行ってきました手(チョキ)
姉の旦那さんは、建築士の資格を持っていて「モノ作り」が大の得意手(グー)

遊びに行った家も自身の設計で建てられていて、家の中は手作りの棚や物置や手すりなどがいっぱいです家
私たちが遊びに行くというので、その義兄が事前に用意してくれていたのが「泥だんご」。
もちろん、出来上がったものではなくて、その材料です。

さて。皆さん。泥だんごを作ったことはありますか?
実は私も初めてでした。
用意されていたのは、「泥のボール」「塗料(絵の具みたいなもの)」「筆」「ガラス瓶(牛乳瓶を少し小さくしたくらいのもの)」「ペットボトルのふた」の5つ。
dango1.jpgIMG_1108.JPG
IMG_1112.JPG
泥のボールは、事前にグラウンドの土を固めて、筒状のもので削ってボール状にし(ここでシーラーという目止め剤を吹き付けるらしい)、下塗り用の白い石灰クリームが塗られていました(ここまでは全て義兄が準備)。

義兄を先生に、姉と私と子どもたち3人の計6人が机を囲み、準備ができたところで開始でするんるん
まずは、赤、黄、緑、白の4色の塗料(石灰クリームに色をつけたもの)から自分の好きな色を選びます。
私は赤、子どもは黄を選びましたぴかぴか(新しい)
色を選んだら、筆でその塗料を泥のボールに塗っていきます。あまり塗りすぎてもダメ、薄すぎてもダメ。ボールは丸いので、半分塗れたらペットボトルのふたの上に置いて、塗った部分を乾かして、乾いたら残りの半分に色を塗ります。

この色塗りが結構難しかったかな〜ふらふら
手は塗料で汚れるし、どうしても塗り方にムラができてしまいバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

でも、大丈夫でしたexclamation×2塗料が足りない部分は、後からどんどん塗り足すことができるのです〜パンチ
ここまでで大体10分ほど。
ここからが泥だんご作りの一番大事なところ「磨き」ですぴかぴか(新しい)ガラス瓶のふたの部分をボールに当てながら、やさしくなでるように磨きます。
この「ガラス」で磨くところが、大事なんだそうです。ピカピカと泥が光るのは、ガラスで磨くことで泥の表面の粒子が均一になって滑らかになるんだそうです。
「へぇ〜。」目
この技術は、建築現場で活躍する「左官」の技術なんだそう。
「へぇ〜。」目

そんな話を聞きながら、全員一心不乱に磨きます。
が・・・。最初の5分ほどは全く光る気配がありません。「ゴリゴリ・・・」と固めた泥の表面をガラスで撫でる音だけが響きます・・・。
そして更に5分経過・・・。ここでも光る気配はありません。。。。「ゴリゴリゴリゴリ・・・・」
・・・。そう。子どもたちの集中力はそんなに長くもちませんバッド(下向き矢印)だんだん飽きてきて、「いつ光るの〜?」と文句が出始めます。
そこでタイミングよく義兄の励ましが(笑)。「光らない泥だんごはないよ。丁寧に磨けば必ずピカピカに光るから!絶対光るねん!」

いや、実は大人の私たちも、その頃頭の中で「これは本当に光るのか・・・?」と疑問に思うほど、先の見えない作業でしたたらーっ(汗)
この、「磨く」作業は、障がいを持った方たちの作業にも向いているそうです。手順はそれほど難しくないけど、とても根気のいる作業。。。なるほどひらめき

そうして、ガラスで磨くこと20分ほど(exclamation)。
ようやく光が見え始めましたわーい(嬉しい顔)
光り始めると断然やる気が出るものです!もう大人たちは必死(笑)。
子どもたちは「お母さんのボールきれい〜。・・・いいな〜。」・・・・。いやいや、皆同じモノだから(笑)。
人のモノは良く見えるんですよね。

この工程は子どもたちの教育現場でも応用できるそうです。
目的を持ってやり続ける。人のことが気になっても、自分を信じてやり遂げる。
目標を見失いそうになったときに、いかに自分を奮い立たせるか。
そして、がんばった先には光り輝く結果が待っているexclamation×2
ただの泥が光輝くボールに大変身ぴかぴか(新しい)
スゴ〜イ!!
実際に、授業の実習などで取り入れられたりしているそうですよるんるん

さてさて。そんな私たちが作った泥だんご。いかがでしょう〜?
dango.jpg
「こんなんできました〜手(チョキ)

今週もあと2日で土曜日です!ゆるっとがんばりますよ〜!(M)

Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
大切に使っていただいてありがとうございます。 [2015年12月14日(Mon)]
垂水区社会福祉協議会では区内にお住まいの
満70歳以上の方に1回限りで無料で歩行杖を
交付しています。揺れるハート
 善意銀行に寄付をいただいた大切な寄付金を
使わせて頂いています。プレゼント

平成25年の8月より木製杖から調節が出来る
アルミ製杖に変わり、好評を頂いております。わーい(嬉しい顔)

 財源が寄付金ですとご説明すると気持ちよく
「お互い様だもんね。」と募金箱に寄付してくださる
方が後を絶ちません。手(チョキ)

職員も心が温まる思いです。

 杖の先のゴムも窓口に来て頂きますと
職員が責任を持って交換いたします。

垂水区社会福祉協議会が交付した杖であれば
木製でもアルミ製でもゴムの交換は可能です。

年季の入った杖をお持ちいただきますと
大切に何年も使ってくださっているのだなと
感じます。ハートたち(複数ハート)

 先日、一人のご夫人がゴムの交換に来会されました。
その時に素敵な姿に変身した杖を見せて頂きました。

手編みでグリップ部分のカバーを自作されていたのです。
杖 全体.jpg
窓口では杖交付の際に「皆さん同じ杖をお持ちですので
お名前を書いたりシールを貼ったり工夫してくださいね。」揺れるハート
とお声掛けさせていただきますが
こんなに可愛く変身した杖を見て感動しました。
杖 拡大.jpg
職員一同「大切に使っていただいてありがとうございます。」
と心からお礼を申し上げました。ぴかぴか(新しい)

使い捨てが当たり前の時代ですがこのように
物を大切にする心を見習いたいと思った出来事でした。黒ハート

 Y・H
Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ばっつる会 [2015年12月10日(Thu)]
ばっつる会という会があります。
私が高校1年生の冬から、毎年1回欠かさずに、中学時代の親友3人と会う会のことを
こう呼びます。今年でなんと、27回目を迎えます。
ばっつる???なんでこんな名前をつけたんか考えてみたところ、当時「ばっちグ〜」=
ばっちりとグッドを掛け合わせた言葉が流行っていたのと、つるつるがかわいい〜という
どーでもよい理由だったかと思います。

 中学のブラスバンド部で一緒だった4人組で、顧問の先生のひどい似顔絵を黒板に書いては大笑いしたり、練習をさぼって校舎の階段下の隠れ場で、「こっくりさん」をして本当にえんぴつが勝手に動くことにビビりまくったり・・・。
 青春を共に過ごした親友たちです。
 そんな彼女たちと、12月の1日だけ約束をして食っちゃべることが恒例の行事となりました。独身時代は門司へふぐを食べに行ったり、泊りがけで行けたものですが、一人ずつ母となり、ここ数年は自宅での子連れの会が続きました。
 毎年くじで次年度の幹事を決めて、幹事が場所と日程調整をするのですが、今年は私が幹事になりました。
 三宮・元町界隈へはご無沙汰しているので、食べログで★★★★のお店をなんとか予約し、みんなへは、メールやラインを使わずに手紙で案内状をだしました。1000円のプレゼント交換は、当時と変わらず1000円のままです。

 毎年毎年、3人の顔を見ると年の暮れを実感します。また今年も会えることに感謝しつつ、昔の呼び名で会話できる気楽さは、この場だけやわ〜とも思います。

 ばっつる会、おばあちゃんになっても続けていたいなー。

気持ちは永遠の中学生M.Y
Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!たるみの事業所さん [2015年12月07日(Mon)]
(も)です。
すっかり冬になりましたね。
ふとんから抜け出すのがつらいです…。そろそろ冬眠したいな…と思っています眠い(睡眠)

わたしの担当する日は、「こんにちは!たるみの事業所さん」というタイトルで、
垂水区内の“障害福祉サービス事業所(就労継続移行B型)”(障害がある人に働く場所を提供し、支援を行っている)を訪問し、紹介してきいます目

第3回はNPO法人ゆとり「ゆとり作業所」さんです。
垂水駅前から車で10分、福田川沿いに事業所があります。

それでは、ゆとり作業所さんの作業・活動について、紹介していきます〜!

まずは、ガラス製品ぴかぴか(新しい)
大きなガラス板を、三角や四角に切り分けて、それぞれを組み合わせて作品にしていきます。

棚には色とりどりのガラス板。
職員さんが細かくカッターで切って、利用者さんがせんたくのりでくっつけていきます。
むむ?なんだかバランスがおかしいぞ、というのは水につけておくと簡単にばらけるそうです。(なるほど〜)
出来上がりは、焼きあがるまでのお楽しみ…

今あるデザインは、イルカ・さかな・ふくろう・お花・モザイク
それぞれ、アクセサリー、クリップ、マグネット、ストラップに変身します。
(わたしのお気に入りはイルカです♪)

製品は、毎月第2金曜日に垂水区役所1階で開催される「アンテナショップ」はもちろん、舞子ビラや須磨水族園、神戸どうぶつ王国で販売しているので、ぜひ見てみてください。
キャプチャ.JPG

もうひとつガラス製品は、サンドブラスト!
IMG_8218.JPG
↑いかつい機械が活躍します。
コップなどに、専用のシールをはり、デザインされた部分をはがして、砂をふきかけると、
すごくきれいなコップが出来上がります!
出来上がりは、アンテナショップに見に来てくださいね(写真がなくてごめんなさい!)
オーダーも受付中ですひらめき

そのほかには、フェリシモからの受注品製作や、新聞の贈答品の袋づめの作業に取り組んでいます。

さて、訪問した日は「創作の日」
普段の作業ではなく、ちぎり絵に取り組んでいました。
キャプチャ.JPG

みなさん真剣な面持ちで、下絵を描いたり、紙をはったり。
出身地のお祭りの様子をちぎり絵にされている方もおり、個性あふれる作品が出来上がっていました。
もう「すごい!」の連発でしたexclamation×2
ちぎり絵はいろいろな賞を受賞されており、創作の励みになっているそうです。

ほかにも「趣味の日」があり、家に帰ってからや事業所に来ない日も、なにか楽しみを持とう!と、パズルやぬりえ、パソコンに取り組んでいます。

毎日、15人ほどが通所されており、利用者さんは40代以上の方も多く、
年齢が上の方が多いと、やさしい雰囲気になるそうです。

最後に大事なお知らせexclamation×2
ゆとり作業所さんは1991年に誕生し、1997年から現在地で活動をしていましたが、
この度、城が山へ移転することになりました!来年1月からスタートです。
現在の建物は雨漏りに悩まされ… 念願のお引越し!
作業スペースも広くなり、利用者さんも募集中!とのことです。
ラジオをききながら、一緒に作業をしませんか?(暗〜い人生相談が流れだすと、職員さんがこっそりチャンネルを変えてくれます)
また新しくなったゆとり作業所さんも紹介しますね。

創作中、お邪魔しました!ゆとり作業所さんでした!

キャプチャ2.JPG

【NPO法人ゆとり「ゆとり作業所」】
本部:垂水区福田1丁目12−23
TEL:078-706-1990
※来年1月から城が山に移転します※

********************
○アンテナショップのおしらせ
1月8日(金)10時半〜13時半
垂水区役所1階ロビーにおいて、事業所製品の販売会を月1回行っています。
ゆとり作業所さんもガラス製品を販売予定です。
ぜひお越しください!
(応援ロビーコンサートも同時開催!)

○たるみっこギフトのご案内
垂水区内の事業所の製品を、お気軽に注文することができます。
詳しくは、垂水区社会福祉協議会のHPをご覧ください。↓
http://www.tarumi-csw.or.jp/02jigyo/handicap.html
Posted by 垂水区 at 09:40 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
話し方で世を救う [2015年12月03日(Thu)]

県民だよりひょうご12月号の特集にもあった『認知症』
一昨日その内容に関する講義に出席する機会があり、
認知症の方への対応のポイントを教えていただきました手(パー)

いくつかあるポイントの中で

 1 相手の目線にあわせ、やさしい口調で

 2 おだやかで、はっきりした話し方で

 3 相手の言葉に耳を傾け、ゆっくり対応する

と、いったことは認知症の方と接する時だけではなく
人としてコミニュケーションをとる上で
必要なことではないかなと感じています右斜め上

人は自分自身に余裕がないと
つい、ぶっきらぼうな言い方をしてしまいます。
その一言で傷ついた人は周囲と関係を絶ったり、
同じ様に厳しい言い方をしてしまいます右斜め下

支え合い・助け合いができない希薄な世の中を嘆く前に、
まずは自分自身の言動や行動を振り返ることが
必要な時代になってきたのではないでしょうか手(グー)

でわでわ、早速…
今、肩を並べている人やお隣さんへ
温かい言葉かけてみせんかexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

P1000344.JPG
       つぶやきCoからでした眼鏡
Posted by 垂水区 at 00:00 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)