CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
アマゾン書評『社会を変えるリーダーになる ~「超・利己主義」的社会参加のすすめ』 [2015年04月14日(Tue)]
私の著作『社会を変えるリーダーになる ~「超・利己主義」的社会参加のすすめ』にアマゾンにカスタマーレビューに書き込みがあった。5人の人が書き込んでいるが、その最新のもの。

私の言いたいことを書いてくれているので、紹介する。私は誰が書いてくれたのかはわからない。

自分が自分のリーダーになれる本

投稿者 kosumosu 投稿日 2014/9/25
タイトルにある「社会を変えるリーダー」とは、どこかの強いリーダーを指しているのではなく、読者一人ひとりが「自分が自分のリーダー」になることを指している。自分の心の中の変化が社会変革の第一歩であり、その後、実際どのように自分と社会を変革していくかを述べている。

具体的には、活動が進むにつれて、遭遇するであろう問題課題を、個人、組織、社会、国家の側面から、それらのもつ構造と現状とあるべき姿等について述べている。これらは著者の半世紀にわたる豊富な活動経験を踏まえた中から具体的に述べられているので理解しやすい。その中でも、事を起こしてから遭遇する最大の問題は人間の感情であるとし、その見えない感情を可視化し、とるべき方法を具体的に述べているのがこの本の特徴であるといえる。

帯紙にあるように「『自分のため』にはじめる社会変革」ができる時代になった。だからこそ、人生を楽しく生きたいと思う方におすすめしたい著書である
Posted by 田中尚輝 at 13:06
| 次へ