CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
柄谷行人の「哲学の起源」 [2015年04月12日(Sun)]
『哲学の起源』(柄谷行人、岩波書店、2012年)

西洋の哲学の起源は、アテネのアリストテレスあたりに求められることが多いが、柄谷はそれがイオニアにあったとする。イオには当時アテネからするとアジアの入り口にあった。後のペルシャあたり。

「ギリシャに特徴的であると思われているものは、ほとんどすべてイオニアに始まっている。」

・アルファベットの最初も
・価格区の決定を官僚ではなく、市場にまかせたこと
・通貨の鋳造など、

アリストテレスは本を残しておらず、すべて会話だけだった。プラトンがプラトン流に解釈して、アリストテレスを残した。その時に、イオニアも捨て去ったのだ。

そして、ドイツからの亡命者であるアメリカの政治学者ハンナ・アーレンㇳによれば、イオニアには「民主主義」がなく「イソノミア」という観念があったというのである。以下、アーレントからの引用。
 
「現象としての自由は、ギリシャの都市国家の出現と時を同じくして生まれた。ヘロドトス以来、っそれは、市民が支配者と被支配者に分化せず、無支配関係のもとに集団生活を送っているような政治組織の一形態を意味していた。この無支配と観念はイソノミアという言葉によって表現された。」

アテネの「民主主義」は支配の方式であり、奴隷制を必然とした。これとイソノミアは全く違う概念なのだ。

著者は、名著『世界史の構造』を発刊しているが、それは交換形態を基礎にして歴史を見たものであり、古代のイオニアを書き込めなかったので、新しく独立したものとして著述した。これによって、著者の言わんとするところが、より一層分りやすくなった。
Posted by 田中尚輝 at 18:49
| 次へ