CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
難しい県の動き 改正介護保険 [2015年04月06日(Mon)]
改正介護保険:難しい県の動き

改正介護保険の施行へ向けて、各県とも苦悩しているようだ。

県は厚生労働省と違い、改の正介護保険の企画にくわわったわけではない。また、市町村のように現場に近い訳でもない。

現状で言えば、厚生労働省の見解を市町村につたえているだけである。

そこに、厚生労働省からは「生活支援コーディネーター」の中央(全国)研修テキストは「理念的なもの」であり、コーィネーターの実践編は県でサブテキストをつくるように、と言ってくる。

どうしたら良いか分らないところが多いのではないか?

こういう場合には、現場の意見を聴くことである。現場は市町村ではない。ボランティア団体やNPOが頑張っている現場である。そうすると先が見えてくる。県職員は現場を歩こう。それが最もよく改正介護保険を施行する方法である。
Posted by 田中尚輝 at 09:26
| 次へ