CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
地域包括支援センターにコーディネーターを丸投げしてアならない!! [2015年04月04日(Sat)]
安易な自治体は、改正介護保険の生活支援コーディネーターを地域包括支援センターに丸投げしようとしています。これは原理を分っていない町がなのですが、厚生労働省のガイドラインやQ&Aにおいても次のように言っています。

生活支援コーディネーターに地域包括支援センターの職員をあててよいのか? 

ガイドラインにおける生活支援コーディネーターの規定は、次のようになっていっています。

・職種や配置場所については一律に限定せず、地域の実情に応じて多様な主体が活用できる仕組みとする予定であるが、市町村や地域包括支援センターと連携しながら活動することが重要
  
・地域における助け合いや生活支援サービスの提供実績のある者、または中間支援団体であって、地域でコーディネート機能を適切に担うことができる者

以上から、既存の職員が兼務をすることを否定するものでありませんが、地域包括支援センターの職員の業務量等の現状をふまえれば、基本的には地域の人材をコーディネーターとして新たに配置することを想定している、ととらえるほうが現実的です。新しく有能な人材を発掘しましょう。
Posted by 田中尚輝 at 13:40
| 次へ