CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
コミュニティカフェ2題 [2012年02月01日(Wed)]
 コミュニティカフェについて、うれしいことが本日(2月1日)2つあった。

 朝10時に阿佐ヶ谷駅で牧野史子さんと待ち合わせ。市民協が受託した東京都の「地域支え合い体制作り」で杉並区、世田谷区、稲毛市の3箇所でコミュニティカフェをつくり、コモンズへ発展させる事業を進めている。

 阿佐ヶ谷駅は杉並区のど真ん中(区役所がある)、そこに徒歩2分のところに、閉店していた喫茶店を改修したコミュニティカフェがオープンする。中へ入ったら、6坪のこじんまりしたコミュニティカフェ。まだ、大工さんが入っていた。


 ここの運営はNPO法人アラジンがおこなうが、代表の牧野さんは14時からはカルチャーセンターにしたい。20人ほどははいれるでしょう、と言う?! まあ、考えてみれば、私の学生時代には私の4畳半の部屋に20人ほど集まって会議をやっていたことを思えば、12畳もあるのだから大丈夫か、と思う。

 改装費が260万円。助成金だけでは足りないので、自己負担を含めて実施。家賃は月額ねぎって9万円。地方では考えられない狭さと家賃の高さだが、東京では恵まれているほうだ。

 小さなコミュニティカフェだが、大きな役割を果たすことになるだろう。4月13日がグランドオープンの日。アラジンの活躍に期待したい。

 そして、事務所へ出勤したら、福島市でコミュニティカフェ(ふらーっと 茶の間)を行っている武田美恵子さんから宅急便が。

 中身はかわいい「負けない象」が3つ。タオル一本で作れるのだと言う。被災者が手作りをコミュニティカフェで実施しているという。


 これを市民協やコミュニティカフェで全国的に売る。

 コミュニティカフェの新しい動きが2つ重なった。気分のよい日だ。これだから、こういう活動を辞められない。
Posted by 田中尚輝 at 16:29
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/744
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/519954
 
コメントする
コメント
上京して3年弱、演奏活動を通じ都内あちらこちらを巡りましたが、中央線沿い阿佐ヶ谷駅近辺は、特に文化志向が高いところだと感じています。カルチャーセンターは当たりでしょう!アラジンさんのコミカフェ、オープンしたら早速に馳せ参じたいと思います♪(ノーギャラでOK、演奏させてください笑)ご紹介、よろしくお願い申し上げます。来月は、とっておきの音楽祭in熊本へ参加します。
Posted by:ふみみん  at 2012年02月02日(Thu) 16:43