CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
「権力」と人の生き方 [2011年08月16日(Tue)]
 世の中はお盆休みだというのに、私は結構バタバタしている。そうした中で主に移動時間に読むのだが、『権力を握る人の法則』(ジェリー・フェファー、村井章子訳、日本経済新聞社、1800円、303頁)を読んだ。

 本書で言う「権力」は国家権力のことではない。企業やNPOやグループでの出世、権力に近付く、あるいは確保するためにはどうすればよいかをテーマにしている。そのうえに、権力を取ればよいことだけではなく、その代償を求められる(@一挙手一投足を監視される、A時間の自由を失う、B多大な時間とエネルギーをとられる、C人を信じられらなくなる、D権力は中毒になる)と丁寧に教えてくれている。

 権力をとるには、7つの資質が必要だ、という。
 <困難に挑戦しようとする意志>
 @決意
 Aエネルギー
 B集中
 <その意志を目標達成に結びつけるスキル>
 C自己省察
 D自信
 E共感力
 F闘争心

 なるほど、なるほどである。私には思い当ることがたくさんある


 だが、私の知り合いの中には、こんな緊張感を持って権力などにアプローチしたくない、という人が意外に多くいる。こう言う人は私がけしかけても頑張らない。

 そういう人に贈る言葉が最後に書いてある。これが面白いし、頑張らない人へのメッセージにしたい。

 免疫学者マイケル・マーモットが地位と死亡率に関する研究成果を発表している。それは次のようなことだ。

 「イギリスの中央官庁に働く公務員1万8000人を対象にした長期的研究の結果、ヒエラルキーの底辺にいる人は、頂点にいる人に比べ、死亡率が四倍も高いことが判明している。」

 さて、貴方は権力を目指して長生きするか、そういうことを馬鹿馬鹿しいと冷淡に見て早く死ぬか? さて、どちらを選ぶ???
Posted by 田中尚輝 at 18:05
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/590
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/519805
 
コメントする
コメント