CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
その8 筆休め 国東社協に学べ [2017年08月29日(Tue)]
大分県国東市旭日   地区を訪問。これで5,6回目。先行箇所は、盛んにサロンや「ちょい加勢」(便利屋)をやっている。

それに続け、ということで人口が973人しかいない旭日地区に、参加者は110人。1割以上の人があつまり、地区にとっても珍しいこと。

そこで、私は改正介護保険と生活と題して話した。いつもと同じ話。どちらかというと、急速に住民を目覚めさす構成にしている。

全国を見渡していると改正介護保険対応では、ここが一番進んでいるのではないか。厚労省の「ガイドライン」通りにやっている。

ここがうまくいっているのは、市が社協を信用し、これに社協が答えているからだ。今回の改正の目玉は、ボランティアの制度サービスへの巻き込みにあり、これは自治体が前面にでてはありえない。社協やNPOの民間・中間支援団体が仕切らなくては、ならない。

形式論で言えば、自治体の8割が自治体に丸投げだが、新世して任せたのではなく、無責任に放り投げただけある。これでは、うまくいかない。

国東では、普通の社協マンの目が光り輝いている。国東に学ぼう。

Posted by 田中尚輝 at 13:50
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/2641
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント