CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
田中角栄アメリカに屈せず [2016年04月28日(Thu)]

『この国は俺が守る 田中角栄アメリカに屈せず』(仲 俊二郎、栄光出版社、2011


「田中角栄」本が大人気だ。石原慎太郎さえ『天才』と、言う名前の角栄賛辞論を書いた。よほどリーダーシップのない

政治家ばかりで、その反動なのだろう。


本書も角栄論だが、アメリカと角栄の関係論から述べた本だ。最終的に田中はアメリカから殺される。

それに呼応した日本の最高裁判所、検察、政治家、マスコミ、国民がいた。


角栄のアメリカとの対立は3つ。@繊維交渉、A日中国交回復、B資源外交だ。これにアメリカが、ことに

キッシンジャーの機嫌を損ねた。「日本ごときにかってにやられてたまるか」ということである。角栄は日本の

利益を考えるから、引かない。


こうして、意地悪をアメリカから受けるのだが、その最大のものはロッキード事件だ。


ポイントは、アメリカでの嘱託尋問だ。ロキード社副社長のコーチャンに有罪にしないという条件の上で、証言させたのである。

これを反論もできないなかで日本の証拠として採用し、かつ日本の最高裁判所がコーチャンに「不起訴宣明書」まで出すのである。

これを仕組んだのは、当時の三木首相、最高裁、検察庁だ。


つまりアメリカに対して自主派の角栄潰しに、司令塔のキッシンジャーで、それに三木首相、裁判所、検察、マスコミ、国民が相乗りして「田中悪し」の狂騒曲を奏でるのだ。こんなことでは、何時までもアメリカの尻を追いかけるだけになってしまうだろう。


本書は、その事情を詳しく書いている。

Posted by 田中尚輝 at 14:10
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/2269
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント