CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
『ブッダー大人になる道』〜キリスト教とイスラム教 [2015年07月31日(Fri)]
『ブッダー大人になる道』(アルボムッレ・スマナサーラ、千曲プリマー新書)

キリスト教やイスラム教という一神教は、「はじめに神ありき」で、神が世界と人間などの生き物をすべて作った、ということになっている。

これは、人間にとって無理な面と安心できる面がある。

安心できるのは、信じてしまえば簡単だ。神の言う通りすればよく、自分は極端なことをいえば何も自立的に考えなくともよい。

ところが神を信じられないとややこしいことになる。

仏教は、この点自然だ。釈迦は人間であって四苦(生老病死)をもつ生き方しかできない、ということをみとめるところから始まる。

中東の戦争もともとはキリスト教とイスラム教との闘いであり、それがイスラム教内部の分派同士の殺し合いになっている。

全世界が仏教に変われば、どれだけ戦闘が亡くなることか。

日本は第二次世界大戦の反省、仏教が中心という特異なポジションにいる。そこを最大限活用すべきではないか。

安倍は日本的特性を捨て去ろうとしている。
Posted by 田中尚輝 at 16:02
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/2031
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント