CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
「脳はバカ 腸はかしこい」 [2015年06月03日(Wed)]
『脳はバカ 腸はかしこい』(藤田紘一郎、(株)三五館、2012年)

挑発的な書名だが、当たり前のことを言っている。

腸は少なくとも5兆憶年以上前から存在し、活動している。腸をそのままに生物にしたのがミミズの類で、彼らは土を食べそれを有機質に変えるという生物が生きる基本条件をつくってくれている。

人間はたかだか、700万年前からの存在であり、その脳の歴史も700万年だ。

腸が持っていた機能の一部が脳へ分化していく。たとえば人間を元気にさせるアドレナミンは腸でつられ、脳に送られる。脳の電気回線を担うシナプスも腸でつくられた。

著者が言いたいのは、何でも脳で考えているように思わずに、腸に聞け、ということだ。

脳がタバコや麻薬を飲むのを辞められないのは脳が指令するからだ。脳の構造腸や爬虫類脳だから、その意向を心静かにして聞くように、というのが本書の趣旨だ。

たしかにそうだ。

Posted by 田中尚輝 at 13:26
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1968
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント