CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
村上海賊の娘  [2014年12月21日(Sun)]
『村上海賊の娘』(和田竜、新潮社、上下、2013年)

ここ数年は自分の新著である『社会を変えるリーダーになる 〜「超・利己主義」的社会参加のすすめ』のための社会科学系の本しか読んでいなかったので、本屋大賞をとった本書も≪禁書≫にしていた。

史実に基づいているとはいえ、作家の構想力による人間模様を描いているところが面白い。景(きょう)という海賊の娘が主人公、歴史的背景は織田信長の一向宗大阪本山攻めで、これを毛利方につく村上海賊が対抗する、という構図だ。

個人的には中学、高校を香川県で住んでおり、瀬戸内海が画像としてでてくることだ。

考えてみると、私たちが理解している坂本龍馬も司馬遼太郎の竜馬であって、本物とは違うだろう。しかし、歴史書より小説の面白さは個々人の人間の心理や人間関係を描いているところだろう。

楽しい数日だった。
Posted by 田中尚輝 at 07:19
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1803
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1047301
 
コメントする
コメント