CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
五木寛之の高齢者感 [2014年01月26日(Sun)]
『新老人の思想 もう甘えるわけにはいかない』(幻冬舎、五木寛之、2013年)

五木寛之の随想をまとめたものだ。副題には「自立と相互扶」。「新老人階級の理想と現実」とある。

五木は81歳。元気だが、年相応に老いてきており、それを自然に受け入れている。そして、無理をするな、といっている。

いま高齢者が社会の荷物にならないためには自分のことは自分でする、そして、高齢者同士が助け合う、ということだ。

歩いていて信号のところでは片足立ちをしている、地方講演の場合には前日に現地に入っている、など普通の生活中での工夫がみられる。年を取ったな、というかたにはおすすめ。
Posted by 田中尚輝 at 14:21
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1475
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント