CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
『テレビが政治をダメにした』(鈴木寛) [2013年11月01日(Fri)]
『テレビが政治をダメにした』(鈴木寛、双葉社、2013年)

政治家によくある「出しとけばいいだろう」という本ではなく、なかなか読ませる本だ。

私が興味を持ったのは、民主党政権のマスコミ・コントロールの失敗だ。官房機密費がマスコミにわたっていたのは公然の秘密であるが、これをなくしてしまった、また、記者会見をでいり自由にすることによって大マスコミの利権をはいでしまった、それも根回しなしに。

これによって、マスコミが反・民主党になったと指摘している。これは事実だろう。

このようになることについて、マスコミのレベルの低さを第一に挙げなければならないが、「政権をとることの重さ」を民主党は知らなかったのだ。

前部を追認すればよいということではないが、ポイントが民主党にはわかっていなかったのだろう。

それにしても官房機密費はオープンにすると公約しながら、結果としてはしなかったわけで政権を取るのが10年早かった、ということだろう。

その他、テレビ、ことに政治番組の変節、福島原発事故への対応など、政権内部(文科省副大臣)だからこそ見えるところがあり、興味深い本だ。
Posted by 田中尚輝 at 12:26
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1386
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/904460
 
コメントする
コメント