CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
『生活保障』(宮本太郎著) [2010年04月06日(Tue)]
 宮本太郎氏の『生活保障』(岩波新書)を読んだ。

 本書の副題は「排除しない社会へ」であり、ここでもまた「他者」にする社会構造が問題にされている(昨日のブログ参照)。

 「社会保障」ではなく、「生活保障」としているのは、制度を扱えばどうしても縦割りになり、総合的な存在である人間を扱うことに困難を生じるからであろう。

 著者は、「アクティベーション」という概念を提起し、すべての人間が排除されないで活躍できることを目指している。このために福祉政策として対象者を「排除」しスティグマ状態にしないために、「労働政策」の大胆な転換を提起している。簡単にいえば、生活保護世帯にしてしまわなくても働く場や職業研修という場を設定して一般の人々と生活を一緒にできるではないか、ということである。

 このためには男性中心の働きと生活費確保の社会ではなく、多くの人々が短い時間を働く社会をつくらなければならない。今後の社会を構想するときに重要な課題を提起している。
Posted by 田中尚輝 at 15:28
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/131
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント