CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
NPO中間支援団体に「優しい福祉」を寄贈 [2013年07月19日(Fri)]
NPO中間支援団体代表者各位
                          
        市民協会報「優しい福祉」の寄贈
        
        認定NPO法人市民福祉団体全国協議会
                専務理事  田中尚輝

前略
日頃の市民協へのご支援に感謝します。
私どもは介護系NPOの団体会員が1300団体を超える日本一の団体となりました。そこで、介護保険だけではなくNPO中間支援団体として、「新しい公共」の実践や「被災地支援」の活動を特集した市民協会報誌『やさしい福祉(bS)』を作成しましたので、寄贈します。
本号は、「新しい公共」をより発展させるために開催しました「ソーシャルアクション フォーラム」(2013年2月2日)と市民協の日常活動の報告、その中でも主に東日本大震災復興支援事業を掲載しました。ぜひご一読ください。
本号で特集しました「新しい公共」については民主党政権で大きく浮上したために、自民党政権になってからはつかわれない言葉になります。ただ、その精神は日本社会の構造からして、ますます重要なものになっていきます。
NPOの中間支援団体としての市民協としては、この重要性を記録し、NPO全般や行政と共有しておくために作成しました。
各地でご奮闘されているNPO中間支援団体にとっても参考になるのではないかと存じます。
追加注文につきましては@500円。送料は1冊200円、2冊400円、3冊500円。それ以上の場合には宅急便になるため実費。10部以上は送料無料となります。

目下、市民協は介護保険制度改定の動向への対処で大忙しです。次号は、この問題を特集することになります。ご支援をよろしくお願いいたします。

 なお、写真による個人史「人生百葉」のサービスをはじめました。また、毎年おこなっています海外研修は今年の訪問先はフランスです。そして、好評発売中のエンディングノート『ら・し・さノート』の申込書もいれてあります。つけくわえて長野県のご厚意により『長野県・新しい公共「成果報告書」』も同封さっせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
                                                 草々
Posted by 田中尚輝 at 10:28
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1280
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント