CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

田中尚輝さんの画像
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Redwing
日本の貧困・格差を「なくす (02/16) 高橋潤
ホンダOBが行く (02/14) 江藤清巳
NPOを応援する人材 (02/06) 高橋潤
NPOリーダーの覚悟 (02/05) ふみみん
コミュニティカフェ2題 (02/02) 高橋潤
上野千鶴子の田中批判についての意見 その2 (01/08) 井上貴至
検察の弱さ その2 (01/04) 藤本泰宏
自己肯定 (12/16) さくら
「橋下」勝利をどう考えるか? (12/09) 高橋潤
人間関係学 (12/03)
リンク集
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/index2_0.xml
NPOの役割は社会を変えること [2012年12月17日(Mon)]
 私は最近の講演(主にNPO関連の講演が多い)で、まずいうのは「NPOを通じてわれわれがやらなければならないのは社会を変えることだ」ということです。

 NPO法ができて十数年たちマンネリ化してきているところがでてきたり、マネジメントのテクニックだけで満足する傾向がでてきている。NPOで事業をするのは、そもそも世の中を変えることだのに、組織を大事にしてしまうという堕落をしている団体を多く見受ける。NPOはもう一度、自らの原点に立たなければならない。

 私の言いたいことを立証する本がでた。『世界を変える偉大のNPOの条件』(レスリー・R・クラッチフィールド、へザー・マクラウド・グラント、ダイヤモンド社、422頁、2400円)

 本書の帯には「序章」の次の文章をいれている。

 「私たちには、ゆっくりと変革していく余裕はない。今日、世界が苦しんでいる地球規模の複雑な課題を解決するためには、劇的な変化が必要である。どの課題を見ても、人類は大きな賭けにさらされている。私たちは困難にうまく対処しなければならない。少しでもうまくいかなければ、より大きな効果を得る大切な機会を失うことになる。しかし幸いにも、これらの偉大なNPOとそこから得られる教訓は、私たちに新しい道をしめしてくれるのだ」。

 本書は、二人の女性がNPOをリサーチして、その中から「社会を変えている」ことをポイントにして12のNPOを選び、その特性を分析している。そして、6つの原則として整理している。

 @政策アドボカシーとサービスを提供する
 A市場の力を利用する
 B熱烈な支持者を育てる
 CNPOのネットワークを育てる
 D環境に適応する技術を身につける
 E権限を分担する

 本書が強調しているのは、社会をNPOが変えるためには
@変えるための強い意志をリーダーがもつこと
Aその目的のためにはあらゆるものを活用すること。市場も政治も
B人、とくに熱烈な支持者、そして、人を活用するための組織内分権

ということだ。

 NPOリーダーにとっては必読書だ。
Posted by 田中尚輝 at 07:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/1059
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント