CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年09月 | Main | 2007年11月»
CANPANブログ大賞 BBEDろう教育センター
明晴学園
手話・筆談さんせいブログ
カテゴリ
手話で学びたい movie
-
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集
最新コメント
女心と秋の空さん
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ (02/22)
東京アイランドさん
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ (02/22)
Shop人にやさしく
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ (02/22)
月別アーカイブ
プロフィール

さんの画像
http://blog.canpan.info/tamatama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tamatama/index2_0.xml
ここだけの話 vol.6 [2007年10月26日(Fri)]
ここだけの話 vol.6

〜寄附金集めの救世主〜

現在の龍の子学園のスゴイところは、ありとあらゆる人たちが「NPOろう学校をいっしょに創ろう」と集まっていることです。

当初、学校法人の申請には、初年度経常経費の半分の現金が必要とされていました。ところが、特区申請後に「校地・校舎を借用する場合は、全額必要」ということがわかり、しばし呆然としてしまいました。貯金など無いに等しいNPOが、わずか半年で学校法人の初年度経費を全額用意できるはずがない・・・。かくして、明晴学園設立準備会は、寄附金集めに全力を投じることとなったのです。

そんな折、龍の子学園の試みを知って自ら手をあげてくれたのが、寄附金集めのエキスパート、鵜尾雅隆さんでした。鵜尾さんの本業は、新卒の就職先として高い人気を誇るJICA(通称・ジャイカ)の職員。その傍ら、NPOの資金調達を研究・支援する「NPOマネジメント・リソースセンター」を主宰しています。

鵜尾さんと、初めてお会いしたのは今年の2月。龍の子学園の試みに共鳴し、「共に明晴学園設立を実現したい」と寄附金集めのアイディアを次から次に提案して下さいました。おかげで、貧乏NPOが学校法人になれるまでに成長しました。鵜尾さんは、まさに寄附金集めの救世主です!本当にありがとうございました。そして、末永くよろしくお願い致します m(__)m

◆鵜尾雅隆(うおまさたか)氏
NPOの資金調達を研究、支援する情報発信サイト「NPOマネジメント・リソースセンター」を主宰。オンライン寄付サイト「ガンバNPOネット」ワーキングチームメンバー。91年以降、NPOに携り、今まで中小企業診断士取得、アメリカの大学院でNPOマネジメント修士号取得、そしてアメリカのファンドレイジング訓練機関では高い評価を受けているThe Fundraising SchoolでCertificateを取得。これまで日米インドネシアのNPOの運営に関わり、ファンドレイジングを実践。日本のNPOの資金調達などについて探求するブログ「ファンドレイジング道場」を公開中。 http://dojo.livedoor.biz/

| 次へ