CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日テレNNNドキュメントで放送されます 24日深夜 | Main | J-WAVEでオンエア»
CANPANブログ大賞 BBEDろう教育センター
明晴学園
手話・筆談さんせいブログ
カテゴリ
手話で学びたい movie
-
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
最新コメント
女心と秋の空さん
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ (02/22)
東京アイランドさん
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ (02/22)
Shop人にやさしく
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ (02/22)
月別アーカイブ
プロフィール

さんの画像
http://blog.canpan.info/tamatama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/tamatama/index2_0.xml
新刊「小指のおかあさん」のお知らせ [2011年02月15日(Tue)]
ようやく!
手話で学べる私立学校「明晴学園」を設立するまでの歩みを綴った著書「小指のおかあさん」をポプラ社より出版いたしました。

ろう学校と闘い、教育委員会と闘い、文科省と闘い、公開の場で石原都知事に直談判し、多くの方に応援して頂いてろう児の夢を叶えた、現実の世界の“冒険ストーリー”です(笑)

印税は、BBEDに寄付しろう児のための活動に使われます。
(さらに、こちらのブログパーツからアマゾンで購入いただけば、アフェリエイト分も寄付します)
http://blog.canpan.info/tamatama/archive/673
日本には、こんな理不尽な世界があるのだ!ということと、
大人が本気になれば、大抵のことは出来るのだ!ということを
お伝えしたくて、お知らせしました。

お時間のあるときに、ご覧になって頂ければ幸いです。

玉田雅己・玉田さとみ

よろしければ、ブログ、ツイッターにてご紹介ください。

*(ブログ紹介例)****************************

「あきらめなければ夢はかなう」― 子どもたちに、そう伝えたい ―

聞こえない子を授かった聞こえる親が、ろう者と出会い、日本手話を知り、
悲しみの底から立ち上がり私立学校を設立するまでのノンフィクション!
汗と涙と笑いの感動ストーリー

『小指のおかあさん』玉田さとみ著(ポプラ社)1300円(税別)

「生まれたときから聞こえないから、聞こえないことがフツー。
私たちは不自由でも不幸でもない」

凛としたろう者の言葉に胸を打たれ、わが子を日本手話で育てる決心をしました。
ところが、ろう学校で待っていたのは、昭和8年から手話を禁止し、
聞こえない子を聞こえる者に近づける訓練の日々だったのです。

「ろう学校では、なぜ手話を使ってはいけないの?」
素朴な疑問の数々は不信感へと変わり、手話による教育を望む活動へと発展します。
しかし70年以上続いた教育界の壁は厚く、やがて構造改革特区で学校設立を目指すことに。
その道のりは、果てしない壁の連続でした。
「ろう児が手話で学べる学校を創りたい」「ぼくたちの未来を応援してください」
ろう児と親たちの切実な呼びかけと行動が、多くの人の心に届き、
その支援の輪によって壁が次々に壊れて行きます。
集まった寄付金は総額約1億1千万円。

そしてついに、「手話を学び・手話で学ぶ」私立学校・明晴学園が誕生しました。
それは、ろう児とろう者と親、そして多くの支援者によって作られた日本一小さな夢の学校です。

詳しくは http://blog.canpan.info/tamatama/archive/673

*(ツイッター紹介例)****************************

【RT希望】書籍「小指のおかあさん」発売!日本のろう学校は手話を禁じています。ろう児を授かった聞こえる親が悲しみから立ち上がり、「手話で学べる」私立学校明晴学園を設立するまでの汗と涙と笑いの感動ストーリー。 http://ow.ly/3XlWv

***************

購入はこちらから  
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/75448

コメントする
コメント
女心と秋の空さんがブログに感想を書いていただきました。ありがとうございます。玉田雅己
http://blog.goo.ne.jp/imomai/e/df4b6a8ec083b19b83f064c1d8e33b82
Posted by: 女心と秋の空さん  at 2011年02月22日(Tue) 00:23

東京アイランドさんが感想をブログに書いてくれました。ありがとうございます。玉田雅己
http://ogamaru.blog.ocn.ne.jp/ogamaru/2011/02/post_0268.html
Posted by: 東京アイランドさん  at 2011年02月22日(Tue) 00:18

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)さんがブロクに紹介してくれました。玉田雅己

http://blog.canpan.info/p-shop/archive/3303
Posted by: Shop人にやさしく  at 2011年02月22日(Tue) 00:15

読んでいただき、ありがとうございます。多くのみなさんに読んでいただき、少しでも参考になれば幸いです。
Posted by: 玉田雅己  at 2011年02月21日(Mon) 12:54

海人君ならぬ、海士くんでしたね。ごめんなさい。 >> 海士くん
Posted by: 高島  at 2011年02月21日(Mon) 03:05

小指のおかあさん、読みました。
社会課題を解決するためのアプローチに共鳴すると同時に、
親としての子どもに対する接し方にも、うなずく点、学ぶ点、多くありました。
(これは試行錯誤の末かと思いますが)

「眼の人」宙くんとお兄ちゃん海人くん、
玉田さんご夫妻に、改めて感謝。
Posted by: 高島  at 2011年02月21日(Mon) 03:01