CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年04月 | Main | 2013年06月»
Google

このブログ WWW


presented by 地球の名言


最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

点訳キーボード ブログパーツ
リンク集
月別アーカイブ
トケイソウ [2013年05月31日(Fri)]
DSC_0865.JPGDSC_0864.JPGDSC_0863.JPG


(写真をクリックすると、大きいサイズでご覧いただけます)

5/31(金)撮影。
行ってきました>TRY2013「今国会での成立を目指し、御堂筋を歩こう!5.31障害者差別解消法の成立を求める御堂筋大行進」 [2013年05月31日(Fri)]
 2013年5月31日(金)TRY2013「今国会での成立を目指し、御堂筋を歩こう!5.31障害者差別解消法の成立を求める御堂筋大行進」に参加してきました。

 少々曇りがちの蒸し暑い日でしたが、雨や猛暑にならず、参加する立場としては一安心。

 関西を中心に、1000人ほどの集結だったそうです。

 朝の9:00からのビラの配布からはじまり、午後からは扇町公園から難波までを行進しました。

 行進前の集会では、滋賀、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫、東京、愛知などから参加した団体の代表の皆さんからご挨拶やアピールがありました。

シュプレヒコールは以下の通り。

私たちは差別解消法の成立を求めています!

障害者差別解消法を、今国会で成立させてください!

差別する人、される人をなくそう!

だれもが共に生きる社会を実現しよう!

障害のある人もない人も一緒に生きるんやー!

差別解消法を全会一致で成立させてください!

みんなで作ろう、差別のないJapan!!

差別憎んで人を憎まず!

障害があってもみんなと同じれるとランに行きたいんや!

障害があってもなくても同じように生きていきたいいんや!



1.jpg


4.jpg


2.jpg


3.jpg


5.jpg
「災害支援にジェンダーの視点を!こんな支援が欲しかった!現場に学ぶ、女性と多様なニーズ に配慮した災害支援事例集」by東日本大震災女性支援ネットワーク [2013年05月26日(Sun)]
資料
ssjs.jpg

ウェブサイトはこちら→東日本大震災女性支援ネットワーク


災害支援にジェンダーの視点を!
こんな支援が欲しかった!
現場に学ぶ、女性 と 多様なニーズ に配慮した
災害支援事例集


はじめに」より抜粋

「災害にあった方々は「被災者」と一括されがちですが、性別、性別自認、年齢、障がいの有無、国籍や母語の違い、家族構成や就労状況によって必要とされる支援は異なります。」
 「『こんな支援が欲しかった!〜現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集〜』では、東日本大震災の支援活動にあたったさまざまな団体の経験から得られた支援事例を集めました。専門性をもたない人でも、
ある程度の配慮をすれば、被災した人たちひとりひとりを大切にし、支援者やボランティア自身も気持ちよく活動することができるように、ヒントを紹介したものです。」

PDF版1→ssjs1.pdf
PDF版2→ssjs2.pdf

2012 年5 月
東日本大震災女性支援ネットワーク
http://risetogetherjp.org
発行:東日本大震災女性支援ネットワーク
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8  TEL:03-3830-5285
E-mail:office@risetogetherjp.org 
twitter: @risetogetherjp

英語版

PDF版(英語)1→ssjse1.pdf
PDE版(英語)2→ssjse2.pdf




東日本大震災女性支援ネットワーク
http://risetogetherjp.org ウェブサイトよりダウンロードおよび冊子購入のお申し込みができます。
2013年6月22日(土)重度障害のある人も地域で一緒に暮らしたいねんっ! [2013年05月21日(Tue)]
以下の企画は終了しました。

企画のご案内
(チラシより転載)

jscik.jpg


チラシはこちら→oosaka1.pdf


重度障害のある人も

地域で一緒に

暮らしたいねんっ!


〜介護保障を考える弁護士と
障害者の会全国ネットの取組みから〜




 重度のALS患者に1日約21時間以上の公的介護を保障するよう命じた和歌山ALS訴訟判決(和歌山地裁平成24年4月25日)から約1年。現在、どんなに重度の障害のある人でも、障害のない人とともに地域社会で共に生きるために、弁護士とともに公的介護保障を求める取り組みが全国に広がっています。1人だけではできることが限られる障害のある人も、介護サービスを利用できるだけで社会参加への道が大きくひらけ、「自分らしい生活スタイル」の幅が一気に広がります。
 そこで、今あらためて関西から、障害者が地域で自由に自分らしく生きるために必要なことは何かを考えるシンポジウムを企画しました。
皆さまふるってご参加ください。   
※事前申込不要

日程 2013年6月22日(土)
午後1時〜午後4時
場所 大阪弁護士会館
2階ホール



基調報告
〈介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネットの全国の活動より〉
長岡健太郎(和歌山弁護士会)
芝野友樹(和歌山弁護士会)
青木志帆(兵庫県弁護士会)
〈裁判を経験して〉
石田雅俊(和歌山石田訴訟原告)

パネルディスカッション
〜関西から障害者の地域社会で共生する権利を考える〜
【コーディネーター】
藤岡毅(東京弁護士会・全国ネット共同代表)
【パネリスト】
佐藤聡(メインストリーム協会)
金川めぐみ(和歌山大学経済学部准教授)
石田義典(中部障害者解放センター事務局長)
川嶋雅恵(中部障害者解放センター副代表理事)
長岡健太郎(和歌山弁護士会)

■参加費:無料

■主催:介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット

■お問い合わせ:0120-979-197


シンポジウムの詳細についてはホームページもご覧ください。
http://kaigohoshou.utun.net/
今国会での成立を目指し、御堂筋を歩こう!TRY2013  5.31障害者差別解消法の成立を求める御堂筋大行進 #TRY2013 [2013年05月17日(Fri)]
以下の取り組みは終了しました。



TRY2013

今国会での成立を目指し、御堂筋を歩こう!

5.31障害者差別解消法の成立を求める

御堂筋大行進


try20130531.JPG


チラシPDF→try20130531.pdf


★TRY2013 が 8月4日→5月31日(金)に!!

●8月4日に予定していた「差別禁止法TRY〜全国大行進」は取りやめとなり
ました。実施目的であった障害者差別禁止法(現法案は「障害者差別解消法」)
の成立が、今国会で果たされる可能性が高くなったことが大きな理由です。

●閣議決定はされましたが、他法案検討もあって、可決には至っていません。
 今、可決を求める地域からの声が必要です。

●5月31日(金)今国会での成立を目指し、御堂筋を歩こう!
 このような情勢の中、5月31日(金)に御堂筋の行動が、1000人規模での実
施を目指し計画されています。
 タイムスケジュール等は、本文下の「呼びかけ文」に貼り付けていますのでご覧ください。

<ご注意ください>
 当初予定していた集合場所が「女神像前(中之島)」から「扇町公園」に変更
されています。お間違えのないようご参加ください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 今国会での成立を目指し、御堂筋を歩こう!
 TRY2013 5.31障害者差別解消法の成立を求める御堂筋大行進
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●実施理由
 2006年に国連で障害者の権利条約が制定されました。日本は条約の批准をめざ
し、2009年から障害者の制度改革に取り組んでいます。
 障害を理由とした差別をなくす法律は、すでに世界40ヵ国以上で制定されてい
ます。日本も2013年に差別禁止法を制定する目標を掲げ、2010年に内閣府に差別
禁止部会が設置され、25回の議論を経て、昨年9月に「差別禁止部会の意見」が
まとめられました。これを受けて法案がつくられ、4月26日に閣議決定し、国会
に上程されています。
 この法案は、障害に基づく差別をなくし、障害の有無によって分け隔てられる
ことなく、共に生きる社会をつくることを目的にしたものです。
 差別解消法は、私たち障害者の長年の悲願です。日本障害フォーラム(JDF)
をはじめ、ほとんどの障害者団体がこの法案の成立を求めています。
 関西地区の障害者もこの法律の制定を求めていることをアピールし、法案の成
立を応援するために、御堂筋を大行進します。

●なぜ、差別禁止法は必要なのか?
 日本には「何が差別か?」定義したものがありません。そのため、共通の物差
しがなく、日常的に差別が繰り返されている状況です。たとえば、アメリカには
ADAという差別を禁止する法律があります(1990年制定)。そのため、飛行機へ
の搭乗が拒否されたら、アメリカなら差別になりますが、日本では差別にならな
いという状況があります。
 差別禁止法は、差別した人を罰することを目的としたものではありません。何
が差別かという共通の物差しを示すことによって、差別を未然に防ぐことを目的
としています。

●目的
 国会に上程されている「障害者差別解消法案」の成立を多くの障害者が求めて
いることをアピールし、法案の成立を後押しする。

●日程 2013年5月31日(金)(デモ部分のみ)
 13:00 扇町公園集合・集会
 14:00 大行進スタート
 16:00 元町中公園 ゴール・流れ解散

○扇町公園→クリック
 
○アクセス:大阪市営地下鉄「扇町」駅より徒歩約2分
     JR環状線「天満」駅より徒歩約4分
○駐車場→クリック

●コース
・扇町公園 ⇒ 御堂筋を南下 ⇒ なんば ⇒ 元町中公園解散 約5km

●参加者
・障害種別を超えてさまざまな障害者、健常者が一緒に歩く 1,000人規模

●主催
TRY'2013障害者差別の解消を求める大行進実行委員会
※関西地区の障害者団体が協力して実行委員会を構成しています。

【連絡先】
TRY'2013事務局(メインストリーム協会内)
〒662-0844 兵庫県西宮市西福町9-3
TEL:0798-66-5122 FAX:0798-66-5133
E-mail:2013try600km☆gmail.com ☆を@に変えて下さい。(TRY'2013専用アドレス)
カーネーションをいただきました。 [2013年05月12日(Sun)]
DSC_0848.JPG

(写真をクリックすると大きくできます。)

ケアホームの庭先に、カーネーションが。
お世話になっている訪問看護ステーションのスタッフさんがご都合でお辞めになることになり、お別れに贈って下さいました。

ありがとうございます。

お世話になりました。

どうか、お元気で。


今日は母の日ですね。

わたしたちはこれから、新歓レクレーションです。
久しぶりにプランターの植え替え [2013年05月04日(Sat)]
久しぶりにプランターの植え替え。
さつま芋の思いがけない収穫以来、ほとんど野生状態を保ってきたプランターを、新人職員と学生アルバイトのフレッシュコンビにお願いして、植え替えしてもらいました。

きれいになりました。

これから「たまごハウス」にくる楽しみが増えました!

写真をクリックすると、少し大きくなります。


(写真1とまと、ニチニチソウ、じゅうにのまき、ゆり)
CIMG8256.jpg

(写真2寄せ植え)
5121.jpg

(写真3ペチュニア)
512.jpg

(写真4ニチニチソウのつぼみが開きかけています)
CIMG8258.jpg

(写真5オジギソウ、カナノナルキ、十二の巻き)
CIMG8257.jpg
あさかやま「つつじまつり」に行ってきました。 [2013年05月01日(Wed)]
「つつじまつり」に行ってきました。
太陽は輝いていましたが、風が強く冷たかったので、外出組と室内組に分かれたので人数は少なめ。

(写真1つつじの丘に向かって進む)
CIMG8225.jpg



(写真2ちょうど見ごろなつつじ)
CIMG8233.jpg


(写真3つつじのアップ)
CIMG8232.jpg


つつじは見ごろでしたが、公園が整備される前の「通り抜け」の頃の方が、つつじがたくさんあり、すぐ近くまで寄れたので迫力があったように思います。

あと、風が強くて少々寒かったのであまりゆっくりもできませんでした。


トイレは仮設の身障者トイレが置かれていました。

(写真4仮設トイレ概観)
CIMG8221.jpg


(写真5仮設トイレ中)
CIMG8224.jpg



このトイレでは使いにくい人もいそうです。

最寄りのJR「浅香」駅、南海高野線「浅香山」駅にはそれぞれエレベーター、多目的トイレがあります。