CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年06月 | Main | 2012年08月»
Google

このブログ WWW


presented by 地球の名言


最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

点訳キーボード ブログパーツ
リンク集
月別アーカイブ
今日は 大阪府 との話し合いです。 [2012年07月31日(Tue)]
DSC_0644.JPG
今月の始めに集会がありましたが、今日は本番の交渉です。

今日もたくさんの人かあつまって、思いや実態、提言など、積極的に発言されています。
7月28日(土)NPOリアライズ人権セミナー「精神障害者の自立生活ってなぁに?」 [2012年07月28日(Sat)]
20120728.JPG
障害はパワーだ!エネルギーだ!

NPO法人 リアライズ さんからのお知らせ


NPOリアライズ 第一回人権セミナー

「精神障害者の自立生活ってなぁに?」

障害当事者が自立生活を送るには、相談支援機関や支援団体、充実した福祉制度など様々な社会資源が必要です。これらの社会資源が充実すれば、どんな障害があってもどんな地域でも自分らしい生活を築いていくことができます。
私たちが暮らす泉州地域は、精神障害のある人が自立生活を送るために必要な社会資源がまだまだ充分であるとは言えません。一方、他の地域では、自立生活を送り、自ら社会を変えていく取り組み「自立生活運動」を実践されている方もいます。
そこで、今回の人権セミナーでは既に自立生活を送られ、自立生活運動を実践されている精神障害当事者の方と支援者の方をお招きし、自立生活を送るまでの経緯や現在の生活の様子、今後の希望について お話して頂きます。その中で、泉州地域で自立生活を送るにはどのような資源が必要か、自分らしい生活とは何かを障害当事者や家族のみなさんと意見を交わしながら一緒に考えていきましょう。

コーディネ―ター :梅屋 隆さん ((特非)ひまわりハウス

講師(パネラー) :森 実恵さん (高槻地域生活支援センター

:重野 勉さん ((社福)ポポロの会 里の風)

2012年7月28日(土)

13:30〜16:30 (13:00 受付開始)

場 所:市立勤労青少年ホーム(泉大津市立図書館前)

マップ→クリック

参加費:無 料 ※手話通訳あり

定 員:80名程度

※ 貼付の申込用紙にご記入の上、FAXでお申し込み下さい。

主催:特定非営利活動法人 リアライズ
大阪府泉大津市助松町1−3−33 エクセラート北助松 1階 店舗4

電話:0725−22−7716/FAX:0725−22−7746

チラシ&申込用紙(PDF)↓

20120728.pdf
7/18(水)みんな地域で暮らしたい!〜グループホーム(ケアホーム)での重度障害者の支援について考える〜 [2012年07月18日(Wed)]
以下の企画は終了しています。当日は猛暑の中、90名を超える皆さんのご参加をいただきました。パネラーの皆さまからの、大変素晴らしい報告とディスカッションをいただきました。ありがとうございました。これからの取組に、生かしていきたいと思います。
20120718.JPG


公開学習会
  
みんな地域で暮らしたい!


〜グループホーム(ケアホーム)での重度障害者の支援について考える〜


障害者の地域生活について考える公開学習会を年4回予定しています。

第1回は地域での暮らしの場として大きく広がっているグループホーム・ケアホーム(以下「グループホーム」)での重度障害者の暮らしについて考えます。

すべての障害者、そして家族の願いは、障害の種類や程度で分け隔てられることなく、「地域で安心して暮らしたい」ということにつきると思います。

しかし、障害が重度だったり、行動面や関係づくりなどの支援が難しいとされる障害者(家族)にとっては、「受け入れてくれるグループホームが少ない」、「障害にきちんと対応できるヘルパーが派遣されない」、「夜間に派遣してもらえるヘルパー事業所が少ない」など、地域で安心して暮らし続けられるしくみが、まだまだ目に見える形で広がらない状況があります。

今回の企画では、障害の重い人の地域での暮らしをグループホームを活用しながら、どのような理念やしくみで実現していくかというテーマで、パネラーからお話しいただき、当事者、関係者、事業所も交えて意見交換し、重度障害者の暮らしの展望を探りたいと思います。

多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

(日時)7月18日(水) 13:30〜16:30(受付13:15〜)

(場所)サンスクエア堺 第1会議室

(堺市堺区田出井町2-1:JR堺市駅下車すぐ)

アクセス→クリック

(資料代)1000円  ※事前のお申し込みは不要です


【パネルディスカッション パネラー】

○前田(まえだ)悟司(さとし)さん

出発(たびだち)のなかまの会 ケアホームスタッフ


大阪市生野区で6ヶ所のグループホームを実施。「重度知的障害者」とされる方々の地域生活を支援されています。「出発(たびたち)」のケアホームではホームヘルパー制度を利用することで、一人一人の希望や生活状況に応じた支援を実現されています。(主に知的障害者の支援)

○高野宮(たかのみや)さおりさん

:東浅香山グループホーム サービス管理責任者


 精神障害者の地域での暮らしをめざして活動されています。地域活動支援センターしののめハウスで地域で暮らす方々の支援や、グループホームでの支援を実施されています。(主に精神障害者の支援)

○身体障害者のグループホーム(調整中)

共催
 
南部障害者解放センター、堺・自立をすすめる障害者連絡会、自立生活センターマイロード、自立支援協会 

お問い合わせ⇒ (TEL/FAX)072−244−8161(堺・自立をすすめる障害者連絡会)


チラシはこちら→120718.pdf




七夕〜星に願いも掛けたくなるよ [2012年07月07日(Sat)]
CIMG7313.JPG

細々ながら、七夕の短冊を飾っている「たまごハウス」。

今年は、通所者のIさんから、立派な笹をいただきました。

飾りも短冊も、久々に凝っています。

風や雨の日が続いたので、飾れてのは7/7になってからでした。

みんなの願い、かないますように。


続きを読む・・・
生活支援グッズのお店「ぽっしぇ」に行って来ました。 [2012年07月07日(Sat)]
以前から一度行きたいと思っていた「生活支援グッズの店 ぽっしぇ」にやっと行く事が出来ました。

大阪府立大学中百舌鳥キャンパス近くにオープンした、障害者の支援グッズに直接触れる事が出来るお店、「ぽっしぇ」さん。

こちらの詳しい情報は、とても見やすい「ぽっしぇ」さんのウェブサイトがあるので、そちらをご覧ください(手抜き)

生活支援グッズのお店 ぽっしぇ 

当日は「おめめどう」のハルヤンネさんもいらっしゃっていて、いろいろお話を盗み聞き(笑)する事も出来ました。

「おめめどう」「ハルヤンネさん」については、「株)おめめどう」さんのサイトがありますので、こちらをご覧ください(手抜き×2)。

(株)おめめどう
とてもウェルカムな空間で、初めて訪れても自然に受け入れていただける雰囲気。支援グッズや書籍を実際に手にとって見る事が出来ますし、いろいろ具体的な説明やアドバイスもいただける、お得な時間を過ごさせて頂きました。

(写真「ぽっしぇ」外観 クリックすると大きくなります↓)

CIMG7316-1.JPG

CIMG7317-1.JPG


7/7(土)「ふだんの社会問題が、より明らかになる時・・・」自然災害と障害者 牧口一二さん #ゆめ風 基金 [2012年07月07日(Sat)]
以下のイベントは終了しています。

ゆめ風基金より

ohanashi2012.jpg




第22回 お話を聴く会

「ふだんの社会問題が、より明らかになる時・・・」

自然災害と障害者

牧口一二(ゆめ風基金代表)


▲子どものころに少し戦時中の空気を吸った障害者として▲災害に対するボクの姿勢を変えてくれた阪神大震災▲神戸・西宮の障害者の災害への対応に力をもらって▲被災した障害者支援 NPO「ゆめ風基金」運動のはじまり▲いま東北関東大地震、大津波、そして福島原発事故から


2012年7月7日(土) 11:00〜15:30(開場10:30)

参加費 500円(他に昼食代500円)昼食をともにします。

ゆめ風基金:阪神大震災を機に自然災害の被災障害者を支援し続けている団体。全国の障害者運動と永六輔さん、小室等さんをはじめ各界の方々が呼びかけ人として参加している。



日本聖公会東京教区・目白聖公会 http://www.nskk.org/tokyo/index.html
新宿区下落合3-19-4

主催 日本聖公会東京校区 障がい者関連活動連絡会(障関連) 

お問い合わせ、地図等は、主催団体様のウェブサイト,をご覧ください。

クリック



ポスター (PDFファイル)

ohanashi2012.pdf




障大連 総決起集会&デモ [2012年07月06日(Fri)]
DSC_0585.JPG
集会にきています。
今年もたくさんの参加者で会場は熱気で一杯です。
7/1(日)自立生活センター・いこらー設立集会のお知らせ [2012年07月01日(Sun)]
以下のイベントは終了しています。

「自立生活センター いこらー」 からのお知らせ演劇

自立生活センター・いこらー


ぴかぴか(新しい)設立集会のお知らせ!!


 この泉州地域障害者が自立し、自分らしい生活を獲得できるようになることを目指して、岸和田市に自立生活センター・いこらーを立ち上げました。
一人でも多くの障害者が多くの人の協力を得て、泉州地域で自立生活を獲得するためには、一人でも多くの人に、いこらーを知ってもらうことが必要と考え、設立集会を開催することになりました。是非ともご参加いただきますよう関係者一同お待ちしています。

日時:2012年7月1日(日)13:30〜16:30

場所:岸和田市立浪切ホール4階特別会議室
(〒596-0014 大阪府岸和田市港緑町1-1) ※ 手話通訳あります

プログラム:

13:30〜14:20 設立集会

14:20〜14:30 休憩

14:30〜15:15 記念講演

「自立生活センターがええねん」

平下耕三さん(自立生活夢宙センター代表)

15:20〜16:30 パネルディスカッション

「泉州を盛り上げるためには」

雨田信幸さん(きょうされん大阪支部事務局長)

三井孝夫さん(自立生活センター・リアライズ代表)

宮崎充弘さん(NPOサポートグループほわほわの会代表)

東谷 太 (自立生活センター・いこらー代表)

〜泉州地域を自立障害者溢れさせよう!〜


【お問い合わせ】

自立生活せいかつセンター・いこらー

〒596-0062 岸和田市中北町7番21号
Tel&Fax 072−488−7334
e-mail npo.ikora☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)

チラシ↓



20120701.JPG
7/1(日)CIL豊中「目の不自由な人たちからのメッセージ〜 白杖と盲導犬が語ります〜」 [2012年07月01日(Sun)]
以下のイベントは終了しています。

企画のご案内

「目の不自由な人たちからのメッセージ〜 白杖と盲導犬が語ります〜」

7月1日(日)13:30〜16:30(受付開始13:00)

※ 手話通訳・パソコン要約筆記あり。

 世の中で“ バリアフリー” が叫ばれてから、公共の交通機関や建物では、障害に配慮した様々な設備が導入されるようになりました。その一方で、目の不自由な人が、自分の“ 眼”で社会をみた時、どう映るでしょう? 見える人の目線と見えない人の“ 眼線”は、果たしていつも同じでしょうか? 今回は、視覚に障害のある人にスポットを当て、当事者から見た社会と、盲導犬を育成する立場からの思いを、聞いてみたいと思います。

●場所:豊中市立ルシオーレホール(阪急・モノレール蛍池駅隣接ビル4階)

●講師:

野々村智子さん(自立生活センターFlat・きた職員、視覚障害当事者)

田原恒二さん(日本ライトハウス盲導犬訓練所、盲導犬歩行指導員)

●参加費:無料

●申込み:不要(当日、直接会場にお越し下さい)

●定員:80名※ 点訳資料が必要な方は、事前にご連絡願います。

お問合せ:NPO法人CIL豊中     豊中市障害者自立支援センター

電 話:0 6 - 6 8 5 7 - 3 6 0 1

FAX:0 6 - 6 8 5 7 - 3 6 0 2

メール:info☆ciltoyonaka.com ※☆を@に変えて下さい。(担当: 根箭)

チラシはこちら↓

p1.pdf

p2.pdf