CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
Google

このブログ WWW


presented by 地球の名言


最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

点訳キーボード ブログパーツ
リンク集
月別アーカイブ
6/30(土)人工呼吸器を付けた子の親の会 <バクバクの会> 勉強会 尊厳死問題を知ろう [2012年06月30日(Sat)]
以下のイベントは終了しました。

こちらで動画をご覧になれます。→クリック


人工呼吸器を付けた子の親の会 <バクバクの会> 勉強会のお知らせ

「尊厳死問題を知ろう」

尊厳死ってどういうこと? 終末期ってどういうこと?

尊厳死を法制化するって、どういう意味があるの?


日時:2012 年6 月30 日(土) 14:00〜16:00

場所:みのお市民活動センター会議室

講師:八木晃介さん(花園大学教授・社会学)

現在、尊厳死法(「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案(仮称)」)を今国会に上程する動きがあります。適切な医療を受けても回復の可能性がなく、死期が間近と判断される状態を「終末期」と定義し、本人の「希望しない」という意思表示があれば、人工呼吸器の使用や人工栄養の補給などの治療をしなくても医師は責任を問われないとするものですが、現在すでに行われている治療の停止も含むという案も出されようとしています。

人工呼吸器をつけた子どもたち(バクバクっ子)は、長期に渡って人工呼吸器や経管栄養を使い
ながら生活しています。バクバクっ子のほとんどは、当初、医師から生命予後不良との宣告を受け
たものの、それらの予測を大きく覆して、それぞれの地域で様々な困難に直面しながらも、年齢に
応じた当たり前の社会生活を送りたいと願い、道を切り拓いて来ました。その生き抜く彼らの姿か
ら、生きても仕方のない命など一つもないことを私たちは教えられました。人の命は、専門家とい
えども簡単に推し量ることはできません。法制化により、高齢者や重度障害、難病をもつ人々の命
が縮められたり、命が軽視されたりすることにつながって行くのではないでしょうか?

バクバクの会では、どんな人もかけがえのない人間として最後まで生を尊重され、当たり前に暮
らしていける社会をめざす活動の一環として、「尊厳死」や「尊厳死法制化」について今一度学び直そうと勉強会を企画しました。

「尊厳死法制化」は、日本で生きるすべての人たちの「生きる」ということに関わることです。
どなたでもご参加いただけます。より多くの方のご参加をお待ちしております。

参加費:無料

お問い合わせ: バクバクの会事務局

〒562-0013 大阪府箕面市坊島4-5-20 みのお市民活動センター内

TEL/FAX: 072-724-2007

E-Mail: bakuinfo☆bakubaku.org (☆を@に変えてください)

チラシ↓
20120630songenshi-benkyoukai.pdf



「熱中症」「脱水症状」について勉強しました。 [2012年06月28日(Thu)]
20120628.JPG


 今月の「生活プログラム」は、通所者Sさんの希望で「熱中症」「脱水症状」の勉強をしました。
 数年前に、保健師さんにも来て頂いて勉強したこともあるのですが、今回はSさんのお世話になってる訪問看護師さんに資料をいただき、自主学習としました。

 たくさんの資料の目が回りそうになりましたが、Sさんがポイントを絞って、コンパクトにが解説。

 資料を元に「脱水チェック」もしたりして、盛り上がりました。

 「節電の夏」でもあり、皆さん日頃からのこまめな水分補給塩分補給の大切さに想いを新たにしていました。

 ご協力いただいた訪問関ステーションの皆さん、ありがとうございました。

ちなみに、以前おこなった「熱中症」についての学習会のまとめがこちらのページにあります。良かったらご一読ください。→クリック
「どこでもセミナー」で「介護保険」について学ぶ。 [2012年06月27日(Wed)]
 堺市が行っている「どこでもセミナー〜堺市生涯学習まちづくり出前講座」の「介護保険制度について」を受講しました。
 身近にも特定疾患で、65歳以下でも介護保険の対象者の方もいますし、障害福祉サービス利用者も、対象年齢になると「介護保険制度」が優先的に適応されます。

 また、この間「障害者制度改革」の中でも言われている事ですが、国は障害者施策と「介護保険」との統合を目指しているとの話もあります。
 そんなわけで、話題になる「介護保険」ですが、あまり正面から学んだ事はないので、今回の講座を受講して見る事になりました。

 当日は、市の「介護保険課」から3名のかたが来て下さいました。
 基本的には、制度の紹介パンフレットを元にした制度の概要の紹介でした。
 とても丁寧に、分かりやすくご説明いただいたのですが、なかなか複雑な制度だと感じました。

 「介護保険」は、加齢に伴う身体的な障害の状況によって「要介護度」が決められ、その程度ごとにサービスのメニュー・量も決まります。重複するサービスでは、障害福祉サービスよりも優先して「介護保険」を使わなければならず、長時間介護を使いながら、地域で自分らしい暮らしをしていこうとしている皆にとって、とても不安を感じる内容でした。

 講師の方のお話の中で、身体的な障害はほとんどない知的障害の方が65歳になる事で要介護認定を受けたところ、介護度が出ない=使えるサービスが無い状態になってしまった例が挙げられていました。障害者のサービスが使えていた人が、介護保険の対象年齢になった時に、サービスを使えなくなったかたが、実際にいるということでしょうか。

 このケースについて、現実にどういう手当がなされたのかはうかがえませんでしたが、「介護保険」と「障害福祉サービス」の統合、「介護保険優先」という仕組みの問題を、現場の職員の方も感じている例としてお話いただいたものです。
 
 「介護保険」の想定している暮らしって、一体どんなものなんでしょう。
 少なくとも、今回参加した皆さんが今実際に作っている暮らし、これから実現していきたい暮らしを支えるものとはとても考えられないな、と感じました。

 講師の皆さんも、地域で必要な支援を受けながら暮らす障害当事者にたいして「介護保険」の説明をする機会はこれまでお持ちではなかったようでした。

 私達が学ぶ機会ではありましたが、その事で逆に障害者の思いや現実をいろんな人に知っていただく機会にもなるという事ですね。

 「出前講座」には他にも色々なメニューがあるので、また受講したいと思います。

 どこでもセミナー 〜堺市生涯学習まちづくり出前講座〜 メニュー 一覧 
 
 
バラの赤 [2012年06月24日(Sun)]
DSC_0572.JPG
あじさい パリ [2012年06月24日(Sun)]
DSC_0570.JPG
伊奈かっぺい&伊藤君子ライブ トークとジャズ 伊奈かっぺい&伊藤君子ライブ トークとジャズ 6月24日(日)「ゆめ風基金」共催:津軽の詩・東北の風・魂の響き~津軽の詩・東北の風・魂の響き [2012年06月24日(Sun)]
以下のイベントは終了しました。


伊奈かっぺい&伊藤君子ライブ トークとジャズ

津軽の詩・東北の風・魂の響き


日時 2012年6月24日(日)

開場13:00 開演13:30



箕面市立メイプルホール大ホール

大人前売2800円 当日3300円 
小中学生前売1400円 当日1600円

全席自由席・手話通訳、要約筆記あり

主催 豊能障害者労働センター
TEL:072-724-0324/FAX:072-724-2395

共催 NPO法人ゆめ風基金

伊奈かっぺい&伊藤君子ライブのブログ
6/23(土)国障年豊中市民会議シンポジウム「障害者総合支援法ってなに?」 [2012年06月23日(Sat)]
以下の企画は終了しています。

企画紹介

障害者総合支援法ってなに?

〜国障年豊中市民会議シンポジウムのご案内〜



2010年に『障がい者制度改革推進会議 総合福祉部会』が設置され、障害者自立支援法に代わる『障害者総合福祉法』の制定に向けて、当事者を含むワーキングチームが検討を進めてきていましたが、この3月、厚生労働省からはこれまでの議論が反映されることなく、『障害者総合支援法』なるものが上程されました。
 障がい者制度改革推進会議室の室長として、これまでの議論を中心となってすすめてこられた東俊裕(ひがしとしひろ)さんから、総合福祉法では何を目指し、ワーキングチームではどんな議論がされていたのか?そして総合支援法とはどんなものなのか?をお聞きし、今後の課題、展望について考えます。

日時: 2012年6月23日(土) 14:15〜16:15

場所: 障害福祉センターひまわり3F体育室

参加費: 500円

前半: 東俊裕さん講演

『総合支援法って?これまでの議論はなんだったのか』

後半: パネルディスカッション

『これからどうなる?総合支援法が制定されたら』

パネリスト:東俊裕さん、西尾元秀さん(障大連事務局次長)、上田哲郎さん(CIL豊中)

※手話通訳あり



講師プロフィール

東俊裕さん

障がい者制度改革推進会議室・室長。
元熊本学園大学教授・弁護士・DPI日本会議条約担当委員。
国連障害者権利条約特別委員会の政府代表顧問として、障害当事者の立場、
そして障害者の権利擁護に尽力してきた立場から条約交渉に貢献。


主催 : 国障年豊中市民会議
後援 : 豊中市、豊中市教育委員会
問合せ : 06−6846−7781(サポートネットワーク内)
6/23(土)「東日本大震災を経験して」〜その時障害者は…  @京都 [2012年06月23日(Sat)]
以下の企画は終了しています。

「ゆめ風基金」さんからの情報です。

京都北部盲ろう者たんぽぽの会 設立5周年記念講演会

「東日本大震災を経験して」


〜その時障害者は…


日時 2012年6月23日(土)
 式典…午後1時〜1時20分
 講演…午後1時30分〜4時

場所 福知山市総合福祉会館
   3階 34・35号室
   (福知山市内記10-18)

講師 早坂 洋子 氏
   (みやぎ盲ろう児・者友の会)

参加協力費 1000円

早坂洋子氏 プロフィール
 1982年宮城県生まれ。弱視難聴。
 生まれつき、目と耳の両方が不自由。小・中・高と普通校に通い、高校卒業後三療の資格を取るため宮城県立盲学校(現・視覚支援学校)に進学。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師免許取得。現在みやぎ盲ろう児・者友の会で活動中。

お問い合わせ先
 京都北部盲ろう者たんぽぽの会設立5周年記念講演会実行委員会
 TEL・FAX 0772-66-0034

主催 京都北部盲ろう者たんぽぽの会

後援(予定)京都府、福知山市、福知山市社会福祉協議会、両丹聴覚障害者協会、福知山市聴覚障害者協会、京都新聞社会福祉事業団



チラシ(画像)
2012623kyouto.jpg
6月23日リバティセミナー「命の選択? −出生前診断にどう向きあうか−」講師 米津知子さん [2012年06月23日(Sat)]
以下の企画は終了しています。

20100623.JPG


◆リバティセミナー◆

命の選択?

−出生前診断にどう向きあうか−




1972年の「優生保護法改悪阻止運動」から 40年
中絶の許可条件から経済的理由を削除し、胎児の障害を新たな理由に加えた胎児条項を導入しようとした「優生保護法改悪」はもう過去の話なのか?
出生前診断の技術がますます進展する現在、命の選択の問題に私たちはどのように向きあうことができるのか?
1972年の運動以降、現在に至るまで優生思想の問題に関わり続けてきた米津知子さんのお話しから、これらの問題について考えていきます。

2012年6月23日(土)午後2時〜

講師 米津知子
[SOSHIREN 女(わたし)のからだから]
1948年生まれ。ポリオの障害をもち、リブ新宿センターの活動に参加。現在、「女SOSHIREN
(わたし)のからだから」「女性障害者DPIネットワーク」などのメンバーとして活動。女性と
障害者が互いに分断されがちな優生思想の問題に対して、多くの問題提起をおこなってきた。

■主催大阪人権博物館/NPO法人障害者自立生活センター・スクラム
■会場リバティホール(大阪人権博物館内)
■定員275名(申込み先着順)
■申込み下記の電話、FAXにてお申し込み下さい。
FAXの場合、講座名、住所、氏名、電話・FAX番号を明記して下さい。
TEL06-6561-7173 FAX06-6561-5995

■参加費入館料のみ
大人250円、高校・大学生150円
中学生以下・65歳以上・障害者(介助者含む)は無料

※手話通訳などの支援が必要な場合は、下記の電話・FAXまでお問い合わせ下さい。
TEL06-6561-7173 FAX06-6561-5995
大阪人権博物館
〒556-0026大阪市浪速区浪速西3-6-36
TEL06-6561-5891(代)FAX06-6561-5995
ホームページhttp://www.liberty.or.jp/


20120623.pdf

寄稿:雪音のひとりごと〜何故障害児の親は施設を選ぶのか? [2012年06月20日(Wed)]
寄稿

雪音(せつね)のひとりごと


何故障害児の親は施設を選ぶのか?

施設は障害者を駄目にするのか
それは自己決定とかはするのは無理だと

自己決定は経験をしなければいけなくて

自分の力で考えなければならない事
人と交わる事
地域で暮らさなければわからない事

何もかも人に管理されるしんどさ
そんな事ばかりで施設ということ

親は安心を取るだろう

でも子どもは違うと思う

自立して生活するという目標がある
そんな目標があるにもかかわらずに何故大半の親は反対する?

苦労してもいい
皆助けてくれるよ
一生懸命していれば
誰かが助けてくれる

そのために全国各地に仲間がいるから


雪音
Posted by たまごハウス at 18:13 | 寄稿 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ