CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
毎日の生活空間を楽しく豊かに過ごしながら、
地球環境についての“気づき”を綴り、
“環”が広がることを願う♪

« 2007年10月 | Main | 2007年12月 »

<< 2007年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
環境問題
京都の約束を守るために! (03/21)
環☆
秋桜日和 (01/11)
sono
秋桜日和 (01/09)
蜂蜜シュガー
11/23 もう一つの‘感謝の日’ (12/05)
カテゴリアーカイブ
プロフィール

さんの画像
環☆ (waiwai改め)
プロフィール
ブログ
リンク集
秋桜日和[2007年11月26日(Mon)]
2007年11月23日 15時40分

新宿区役所の宿直室に提出受理される。




まず、愛媛のお母様と彼とのご縁を頂いた方へ電話にてご報告。




そして、氏神様に花園神社へご報告。

なんと酉の市で大賑わい!そして七五三が大勢!!

混雑のため境内での御祓いは出来ず、一般の行列に並び、参拝へ

少し気持ち大目に千円を賽銭し(汗)。。。

二人揃って『二礼二拍手一礼』



エンゲージリング&マリッジリングの彼へのお返しに「トレンチコート」を・・・と思い、

伊勢丹men's館へ・・・がしかし、「ゴルフクラブ」となる。。。




    ちなみに、エンゲージリングは出来上がっておらず。
    (まだ用意されていない方へ、一ヶ月以上かかりますよー)
    12月5日出来上がる予定!

    マリッジリングは、12月15日に出来上がる予定!!



そして、私の両親に報告に行く。

手土産は、伊勢丹で購入した苺と花園神社の商売繁盛の熊手。



クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

■新宿区役所 地域文化部戸籍住民課 TEL:03-3209-1111
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/260300kumin/koseki.html
土曜日・日曜日・祝祭休日等
区役所本庁舎地下1階宿直窓口


■婚姻届 サンプル
http://www.moj.go.jp/ONLINE/FAMILYREGISTER/5-2-1.html



■婚約届けの書き方
http://www.tetuzuki.net/life/marriagereport.html#_02


■神社でのお参りの正しい方法
http://www.omairibiyori.com/OpenPage.php?openurl=SiteNews/know01.html&pagetype=SITENEWS&Id=


■花園神社 大酉祭
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/page/a3.html


■伊勢丹men's館
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/mens/index.jsp


■ゴルフ5
http://www.alpen-group.jp/shop/shop_list3.html?g5


■エンゲージリング&マリッジリング(ご参考までに)
http://www.engage-marriage.com/



■その他 エトワール海渡
http://www.etoile.co.jp/
   〃     マリエ館
http://www.etoile.co.jp/service/shop/showroom.html

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー



24日は、夕飯の支度(蓮根茶碗蒸し&海老芋揚げなど)
両親とのんびり過ごす


25日は、久しぶりに、のんびり一人自宅にて過ごす。


   この日は、ベランダの「秋桜(コスモス)」が
   穏やかで優しげな陽射しに照らされ輝くばかりに可憐で美しく。。。

   思わず、小さい頃に好きだった「山口百恵さんの歌」が耳元に揺れていた。


   本当に、小春日和の温かな一日をゆったりとした優しい気持ちに導いてくれた。


   あ〜、きっと、これが幸せの一瞬なのだろうなぁーと実感していました!



   そんな日を過ごせたのも、見守ってくれた両親や友人・・・

   「いつの日も一人でなかった」と心より有難い気持ちで一杯です☆


    ありがとうございます!!!



↓こちらに「山口百恵の名曲:秋桜」の歌詞があります!

   



続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:35 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(2)

11/23 もう一つの‘感謝の日’[2007年11月22日(Thu)]

1123日。

「国民が働くことを尊び

その生産祝い

感謝する日」。


クローバー


戦前の新嘗祭(にいなめさい; しんじょうさい)の日付を

そのまま「勤労感謝の日」に改めたものである。



新嘗祭(にいなめのまつり、にいなめさい、しんじょうさい)とは、

11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、

また、自らもこれを食して、その年の収穫感謝する祭儀。

宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。


新穀を供えてを祭る稲作儀礼である。


クローバー


つまり、成長して、

成熟した感謝するという

収穫祭」となるのでしょうか。




クローバー



そんな一年の節目の日に・・・



クローバー



キラキラキラキラキラキラ私たち“入籍”を致します!!!キラキラキラキラキラキラ




「お互い元気で働けることを尊び、

そのお陰で得る喜びや楽しみを感謝し、

これからも敬い、支えあえるように確かめあう日」

としましょう♪

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 23:33 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(18)

家族の「経営理念」[2007年11月07日(Wed)]


企業にとって、『企業理念』が必須であり、

それにより、会社カラー(=魅力)となり、経営方針に繋がり、

資産運用の指針、経営戦略により社員も活動し、資産を増やしていくのでしょう。





そして、大切な資産である「人的資産」である個々のお財布も潤うことにより、

自信へと繋がり、より自分を表現すべく、身なりも洗練されていくことでしょう。


そんな自分の欲求を満たすべく、「衣」「食」「住」に対しての対価を払い、

社会にも貢献していくことにより、社会全体が循環していくベストな縮図なのでしょう。




このような「win-winな関係」の構図こそ、理想的なのでしょうが、

なかなか上手く丸く循環しないところが、「人間社会の宿命」でもあるような気が致します。



今日は、いま、バイトしている会社が今年できたてホヤホウヤのため、

社員各自(50名ほど)6チームのタスクチームに分かれて社長の前でプレゼンをした。



私は、12月末までと短期であるため、ボーと聞いていて、

自分のことについて、重ね合わせてみた。



そう、今のこの会社も母体は大きいけど50名の出来たてホヤホヤ。

その前の会社は、もっともっと・・・小さかった(5人)。



バイト的な冷静な目でみているからでしょうが・・・

僭越ですが、両方ともHPに「経営理念」が書かれていない。

たぶん現時点では書けないと推測されますが・・・

とても、残念なことに在席していてもまったく「企業理念」が見えてこない!



「オーケストラ」でいうと、バイオリニスト・ピアニストうという技術的にも択一された

人的財産は溢れていると伺えるものの、

「指揮者」である経営側の指針が揺れてぶれて見えないため、

各「音色」が不安となり、いい「ハーモニー」が生まれてこないようです。



私は短期でのアルバイトであるため、何も発言する立場でもないし、

発言するつもりも、批判するつもりもなく・・・


ただただ、自分のことに置きかけみているだけです。




そして、自分自身のことを振り返り、何がピンときたかといくと・・・


家族も「一つの企業体」であると思うのです!



家族=会社

世帯主=社長:経営責任者

配偶者&子供=共同経営者&人的資産

家=物的資産

家族の方向性=経営方針

家族の目標=企業イメージ(カラー

貯蓄(老後資産)=資産運用

お小遣い=利益向上




そう、そして、企業とは利益&質の向上をしていくもの!

家族もそうなんじゃないのかなぁーと・・・。


だから、社長(お父さん)さん、共同体(家族)にわかりやすく、

「利益向上と家族環境向上を目指した経営戦略」を

プレゼンして、いいリーダーシップを円滑に図ってほしいです!



昔の日本のお父さんは偉かった!

座る席は、もちろん! お風呂も先! 



でも、現代では何故か、夫婦共働きしないと

食べられない(生活できない)世の中となってしまいました。


男性は、外で働き、女性は、内を守る。という縮図は崩れていく中ですが、

あえて、やはり男性は働き、家族を守ってほしいですね。


この時代に「いい歳の男性」が事件を起こすのは、

このKeyPointが崩れたせいだと思うのです。



リーダーの指揮なしでは、部下もアンバランスで動けないのでーす。




Posted by 環☆ (waiwai改め) at 13:24 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(0)

真心の伝え方[2007年11月01日(Thu)]
人は、誰かの支えがあってこそ、生かされる。



仕事や家族でも、パートナー、仲間があってこそ、

気遣ってくれる存在がいてこそ、輝けるのでしょう。




相手を思いやり、尊重すること。





それには、「距離」と「時間」も必要であるのでしょう。



相手のことを思って発するコトバ。






でも、あまりにも思い込み強く接することはマイナスな気がします。



それは、相手に自分の考えを押し付けることは、

「親切の押し売り」となり、「思いあがり」といなり、

「差し出がましいこと」という下品の極みとなってしまう。

本当に、難しいところですね。




自分のことばかり話す人限って、大して経験もないのに、知ったかぶりな感を受けます。

なんで、そんな自信をもって相手にぶつけるのだろうか。


ほんと・・・不思議です。




おそらく、自分に自信のない人は、

話したがりな気がするのは私だけでしょうか。






せっかく、相手を本気で思いやっての行動でも・・・(?!)

相手の状態を思いやる、「心の余裕」がないと

かえって、相手に不快感を抱かせてしまうし、負担になるのでしょう。



それは、残念なことに、「心配のふり」をしたいだけ・・・と誤解を受けることもあると思うのです。




相手のプライドや立場を「尊重しようとする配慮」や

誠意謙虚さ」という物差しを上手く持ち合わせた人は、

自分の話ばかりしない気が致しませんか。




そんな上品でいてい、気働きのきく、「相手を活かせる人」は、

目立たなくても、信頼される存在となり、他人を引き寄せる力がある!




とっても、「聞き上手」な印象を受けます!




そんな上品でいてい、気働きのきく、「相手を活かせる人」は、

目立たなくても、信頼される存在となり、他人を引き寄せる力がある!












上品な振る舞いは、


人を惹き付け、自分も活かす。





まさに、



(ヒト)



「ノ」&「\」



「支えあうこと」



「一人では生きていない」



自分は自分と思あがってしまっては、お終いですね。



私も、年をとるとガンコになるというので、気をつけます!





でも、パートナーへは、本音でぶつかります!

変な距離感は、すれ違いの原因となると思うのでねっ。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:29 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(5)