CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
毎日の生活空間を楽しく豊かに過ごしながら、
地球環境についての“気づき”を綴り、
“環”が広がることを願う♪

« 2007年02月 | Main | 2007年04月 »

<< 2007年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
環境問題
京都の約束を守るために! (03/21)
環☆
秋桜日和 (01/11)
sono
秋桜日和 (01/09)
蜂蜜シュガー
11/23 もう一つの‘感謝の日’ (12/05)
カテゴリアーカイブ
プロフィール

さんの画像
環☆ (waiwai改め)
プロフィール
ブログ
リンク集
恋の花も咲かせましょっ♪ 南平台×下北沢[2007年03月31日(Sat)]
華やかな色合いと晴れやかな気品のある花々たちの競演が美しい季節となりましたねっ花
女性が数名あつまれば、「恋」の話で盛り上がる時期でもありますねっハート矢 
ルンルン〜笑い スキップ・・スキップ〜いちご

この数日、そんな時間を過ごせました♪
一つは南平台の寛ぎのスペースで・・・
もう一つは下北沢のイタメシ屋さんにて・・・

@南平台にある「いこまゆきこさんのお料理教室へ始めて参加してきました音符

そこは、ホテルのような高級マンションの一室。
部屋は落ち着いて洗練された調度品や絵画がさり気なく飾られた心地いい室内。
ゆきこ先生もアットホームな出向かいに緊張気味の私もホッ
そして、今日は5人のクラスでしたが・・・
皆さん、始めてお逢いしたのに、気さくな方々で 直ぐに和やかな空気にゆったり
先生のお料理も美味しく、器も素敵んで うっとり

でも、19時に開始されたのですが・・・
皆さん、お酒がお強い方が多かったようで・・・結局、24時近くまで盛り上がってしまいました汗

それも、初顔合わせのメンバーなのに、『恋愛談義』に花開きハート
はたまた、『血液型談義』へ・・・参加者5人のうち3人が「O型」で、
残りの1人の方はA型でしたが旦那様が「O型」で、B型の私は一斉攻撃されちゃった笑い
「O型」は傷つきやすく、でも、その姿を誰にも見せたくないらしいです!

ほんと、癒された時間でしたよ!また参加しよっとラブ
























今回は沖縄風のメニュー
   ■そーきの煮物(豚スペアリブの煮物) 
    柔らかく煮込んだそーきは、ごはんにもお酒にもぴったり。

   ■あーさ汁(ヒトエグサのスープ)
    鰹と豚のおだしに海草のさっぱりしたスープ。

   ■明日葉のすーねー(白和え)
    ピーナツ風味の沖縄風の白和えです。
 
   ■烏賊と胡瓜のすーねー(豆腐よう和え)
    豆腐ようを使った和え物。お酒にあいます。

   ■くふぁじゅーしー(炊き込みご飯)
    豚肉や人参、ひじきなど具沢山のごはん。
    大勢のおもてなしにも。

乾杯つづきAの下北沢では・・・↓

続きを読む...

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 23:44 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(2)

オーガニック・ガーデナー 飯能にて[2007年03月30日(Fri)]
昨日は、一日がかりで埼玉県飯能市にある
お庭の掃除屋さん『ひきちガーデンサービス』という
無農薬で庭づくりをしている庭師のご夫婦を訪ねてきました。

飯能駅よりバスで30分奥深く入った「ギャラリーとうや」で
お食事を頂きました。
またまた、これが豪華で美味しかったことっ♪
このボフュームで1,250円なんて都会では考えられませんよね料理

そして、ひきちガーデンさんのご自宅へ向かいましたダッシュ

もうお二人のこだわりとセンスを感じるお家に感動ものでした☆
もちろん木造建築で、コンポストやバリアフリーな
「人に優しい」生活空間を提案されています。
家の中には暖炉や火鉢が配置され、生活しやすいDIY的な造りつけの家具たちが・・。
そして、渋くて耳心地のいいジャズが流れ・・・
テーブルの上には、沢山のロウソクたちが・・・
そこに旦那様のハルさんがお入れくださった美味しいコーヒーを頂く。。。
私は、ただただ・・・「スゴイ」「ステキ」「キャー」・・・としか言葉が出ず(汗)。。

それから、そこで・・・打ち合わせを2時間くらい。。。
もうもう・・・目からウロコのトシさんとハルさんのお話に聞き入り・・・
ただただ・・うなずいておりましたねぇ〜(汗)

私の写真がいまいちだったので・・・
こちらをご覧ください⇒ココ

なんとも、計算しつくされた家作りと庭造りでしたが、
何より、このご夫婦の息のあった空気感が羨ましく思いました☆

奥様のトシさんがイニシアチブをとりつつ、旦那様がフォローし、
最後は旦那様に閉めていただくという夫婦の見本を見させていただいた感があります!
常に旦那様を立てて尊敬する姿勢や
女としての身だしなみを崩さないという女性としての在るべき姿も勉強になりましたよっ♪

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 13:48 | 学ぶ | この記事のURL | コメント(2)

太陽エネルギー ひだまり〜な♪[2007年03月27日(Tue)]
太陽TOKYOソーラーシティプロジェクト」(TSCP)太陽

のシンボルとなる「ソーラー発電施設」が、
企業や個人の皆様からの協賛等を受けて完成し、
3月20日に晴天のもと完成記念イベントを開催致しました。

このソーラー施設は、
地球温暖化防止のための再生可能エネルギーの普及に向けたシンボルとして、
環境教育音楽イベントなどに有効活用していくと共に、
災害時の独立電源となります。

イベントでは、全国より応募頂いた中から決定した
ソーラー発電施設の愛称「ひだまり〜な」の発表と、
ソーラー発電の電力を利用したミニコンサート、
当プロジェクトの今後の展開やスケジュール等の発表や、
施設の概要説明を行いました。

太陽詳しくはココをクリック!太陽





東京都は平成19年1月26日にカーボンマイナス都市づくり推進本部を設置し、民間企業や都民の皆さんとともに大幅な二酸化炭素排出削減を目指す取組である「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」を開始することといたしました。
 先駆的な民間企業等との連携による温暖化対策プロジェクトの一環として、民間企業、電気・ガスのエネルギー事業者、学識経験者等とともに、戸建て住宅やマンションなどを主な対象に、都内への100万kW相当の太陽エネルギーの導入を目指す方策を検討する「太陽エネルギー利用拡大会議」を設置いたしました。

◆第一回 : 平成19年3月14日(水)開催 ◆

<議事次第>
・「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」(骨格)について
・太陽光発電及び太陽熱の市場
・家庭におけるエネルギー消費の動向
・太陽エネルギー利用拡大会議 今後の予定

上記の会議を傍聴して参りました。
第一回目ということもあり、学識研究者や企業の方々、都庁側の自己紹介と
会議の主旨と今後のスケジュールという内容でしたが・・・
今後も出席していくつもりです!

なんと、企業では東電さん、東ガスさん・・・等もいらっしゃていました。

全国より先駆けて・・・東京都から全国へ・・・
そして日本を変えるプロジェクトとなることを期待しています!

まずは、東京都立の潮風公園に完成させ・・・
都内の公園に広げるプロジェクトとなります!

太陽

「東京都再生可能エネルギー戦略」の目標は・・・

2020年までに
東京のエネルギー消費に占める
再生可能エネルギーの割合を
20%程度に
高めることをめざす!


太陽

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:47 | 学ぶ | この記事のURL | コメント(6)

お前を守りたい![2007年03月26日(Mon)]
ガツ〜ンダッシュ と、響いたっドキドキ大ドキドキ小ドキドキ大



この1年くらい・・・ずぅーーーと、父に「一人暮らし」をしたいと懇願していた!

でも、父はいつもNo!」
家を出る=結婚というのが、うちの父の考えなのだ!

父から「遠くにいたらお前を守れないじゃないか。」の一言。
何だか、ホッとしたと同時に、私は今まで両親に守られ続けていたことを痛感した。

わかっていたけれど・・・愛されているという事実を。

しか〜し、それと同時に「愛されている」「守られている」という父と母の実態が
失ったときに・・・私は「本当の一人ぼっち」となる現実が胸に突き刺さった!

恐怖〓といっていいであろう!


そして、あんなに反対していた「一人暮らし」をすることとなり、
どんどん話が進んできていると・・・果たして私は本当に一人となり、
あと40年をどう過ごしていけるのかが不安となって襲ってくる!

細〜い父の背中が大きく感じる瞬間であったびっくり

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 23:13 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(6)

“Ecoligy Package Design”[2007年03月25日(Sun)]
レジ袋の有料化について・・・どう思いますか?

気楽に手ぶらで行けるコンビニやスーパーで
頂ける「レジ袋」が有料になると聞くと何だか「ムッ〜」としますよねっ?!

サービスを売り物にするのかって・・・考えてしまいがちですよね。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

でも、思い返してみてください。
20年以上前のことを・・・
あの頃って、まだ商店街も活発で、
八百屋さんや魚屋さんででは、威勢のいいおじちゃんの掛け声につられて足を止め、
商売人の選んだ目利きを信じ、直に買って近くのジャリ銭の籠にチャリン♪とお金を入れ、

おじちゃんは手際よく、野菜や魚をを新聞紙で包んで私たちの母親の「買い物籠」に
入れてくれた記憶があります!

そんな風景は、見なくなりましたよね・・・!
あ〜、私の好きな「築地場外・場内」では、そんな風景は生きていますね!
でも、あそこも観光地化してしまっている現状となっているのですよねっ。。。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今更、そんな面倒な時代に戻りたくないでしょうね。
でも、今のその便利さって私たちにサービスという提供手段に見せて、
入らないものも買っているということでもあるのです。

そして、便利さが産んだ「レジ袋」は、大きなゴミ問題となり、
私たちに跳ね返って来ているのです!


レジ袋を再利用している人も多いことだと思います。
私もそうしています!!

一応、キレイにたたんで再利用BOXに入れて、生ゴミをまとめる道具として使っています!
でも、そのBOXに溜まり過ぎてはみ出してしまってます!

だから私は「マイバック」を持ち歩いています!
そうして、少しでも過剰包装をお断りしています。
近頃では、コンビニには立ち寄る回数がメッキリ減りました!!

・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・

先日、kurkkuにて
容器包装の使用削減
“Ecoligy Package Design”
トークショーに参加してきました。

【主旨】本トークショーは、経済産業省産業技術環境局リサイクル推進課からの委託調査の一環として行うものです。容器包装リサイクル法の改正を経て、容器包装の使用を減らしていくことが一層求められている現在、メーカー・小売業者・消費者それぞれの取組の現状をお伝えしあい、関係者間の連携のあり方や今後のライフスタイルを変えていくヒントをお示しします。

【講演者】
コーディネーター :萩原なつ子(立教大学社会学部助教授)
メ ー カ ー  :矢崎 雅俊(森永乳業株式会社)
小  売  業  :志茂 恒明(株式会社セブン&アイHLDGS.)
環 境 N G O:瀬口 亮子(国際環境NGO FoE Japan)

【主催】三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部

【レポ】メーカーとして、容器の軽量化したりという研究をし、小売業としてもレジ袋を薄型とし、
企業努力をしているということをわかりやすく紹介してくださいました。また、その努力を認められていなというか、
世論に知られていないという現実もよくご存知のようでした。特に、セブンイレブンさんも、いろいろと社内で議論が
多いようです。(私たちは本体の人間でして・・・と強調されているのが気になりましたが)セブンイレブンは
フランチャイズなので各店舗での各責任者の考え方があるということと、このレジ袋は各店舗での買い取り形式のため、
各店舗で大きな負担となる問題があるそうです。現実、軽量型のレジ袋は高価なため折れ線グラフ的には、
ゴミ量は減ったものの、各店舗の負担額は大きく膨らむ結果となったようです。
あと、社員教育、アルバイトへの徹底マニュアル化について・・・。
結局、このトークショーでも、日本人のモラルを戻すことが必然という話に収まりました。

【一言】ん〜、便利さを売り物にして、私たち庶民の消費意欲を刺激し儲けてきた
大企業としての責任もある。フランチャイズの弱い店長の肩に負担をかけず、
また、東京では多く見かけるコンビニのアルバイト店員のアジア人が多くなぅた現実を
もう少し考えてほしいと思いましたね。

・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・カバン・〜・〜・

私も、一人ヒトリが現実を受け入れて変わっていかないといけない時代に
足を踏み入れていると思いますが・・・
それをどうやって・・・他の人にわかってもらえるのでしょうか。
ん〜・・・自分のこと、家族を養いことで・・・いっぱいなのに無理ですよね。


中には、下記のような取り組みをされているお店があります。

スーパー稲毛屋
eolレジ袋からエコを考える

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 15:40 | イベント | この記事のURL | コメント(8)

THE BIG ISSUE -人生をあきらめない-[2007年03月24日(Sat)]
やっと、この雑誌を手に入れた!

coleさんのブログで紹介されているのを拝見し、
あまり品川では見かけず・・・何度か見かけたものの、買う時間なく・・・!

先々週、都庁での打ち合わせ後の新宿駅の西口でGet!!

雑誌の内容をこの目〓で拝読しないとご紹介できんと思い込んでたもんでっ汗

なかなか、内容もよく構成されていましたよっ!



ホームレスの仕事をつくり自立を応援する

"THE BIG ISSUE"

『ビッグイシュー』は英国で大成功し世界に広がっている、
ホームレスの人しか売り手になれない魅力的な雑誌のことです。
その使命はホームレスの人たちの救済(チャリティ)ではなく
彼らの仕事をつくることにあります。
1冊200円で販売。110円が販売者の収入になります。
詳細は→コチラ←


この雑誌の内容は、若い世代のオピニオン誌をめざし、
次のような考え方で魅力的な誌面をつくります。

日本と世界をクロスする国際雑誌―世界のビッグイシュー・ネットワークと国内記事をクロスする。
若い人が時代を踏み台にできる情報提供雑誌―世代間の不公平などを
若い世代の側からラディカルに取り上げる
多様な"普通"を表現する人間雑誌―特異なものを重視し、
その中にある世代をこえた人々の多様な"普通"を描く
意外性を極めるポストエンタテインメント雑誌―
アート、面白さ、意外性、美しさを楽しむ

アコーディオン

今、私めもお金なくては活動できないNPO団体の事務局員として、
協賛企業を募集するにあたり、協賛メニューを考えなくてはいけないので・・・
ついつい、ココに目がいく私なのですが・・・
なかなか面白い協賛メニューづくりなので
是非、みなさま ご一読してみてねっ
ビッグイシュー基金について
2000円の「垢抜けサポーター」なら参加できると思ったけど学生さん用でした汗


Posted by 環☆ (waiwai改め) at 16:08 | | この記事のURL | コメント(12)

タクシー・タクシー・・・[2007年03月23日(Fri)]
このところ、またもやタクシー乗りグセが復活してしまった困った
超〜貧乏だっつぅーのにっ(涙)。。。

だってさっ、毎日、24時過ぎの帰宅が続き、
うちの近所は・・・あんまり夜遅いと危ない地域なんざんすー。

毎日、錦糸町駅から安〜〜そうなフィリピンキャバクラとおり、
連れ込みお宿の前もとおり・・・とっても薄くら〜いシャッター通りの商店街をとおり、
帰宅しています。。本当に錦糸町は嫌いだっ!
品川勤務となってから致し方ないにしても・・・悲しい

だから、私は今週、毎日、深夜タクシーだっダメ

昨夜は、錦糸町からタクシーに乗ったら・・・
なんと、裸で二千円が足元に落ちていた。。。

ん〜と悩んだ。。。コレはラッキーと思い、私の財布に入れるべきか・・・
だがしかし、運転手さんにお渡ししました。
そしたら運転手さんが嬉しそうに、私の前に乗車した酔っ払い客の話を
楽しそうないベラベラしゃべり始めた。。。

ちょっと、ムッとした。。。「あー、きっと、運転手さんの財布の中に入るなっ」と。

そんな、意地汚い私にムッとした。。。


思えば、前職場では毎朝ちかく朝タクしてました!(秘書っぽいコトしてたので)
そんなんじゃ、お金たまらないよねっ〜。。。

と反省している今日の私でした汗

おわり

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 22:44 | ひとりごと | この記事のURL | コメント(9)

啓蟄 -二十四節気-[2007年03月20日(Tue)]
○「啓蟄」 けいちつ : 三月六日〜二十日

生き物が蠢き出す。
冬ごもりの虫たちが、穴から地上に這い出すころ。

そして、明日からは・・・

○「春分」 しゅんぶん : 三月二十一〜四月四日

昼夜の長さが等しくなり、
ここから昼が長くなる。
陽射しもうららかな花見のころ。

この「二十四節季」を知るにつれ、
日本の四季の変化の美しさや日本人ならではの表現法方に惹かれ、
日本の美意識を誇りに思っております。

自然という当たり前の存在も、
日本の文化や習慣も失われつつある今日この頃だから、
ノスタルジックになるのでしょうか。

もっともっと・・・知りたい日本の文化や習慣を
そして後世に伝えることができたらと思います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

何もかも、動き出す季節ですねっ♪

「人」は「動」く生き物です!
遊ぶにしろ、仕事をするにしろ、恋をするにしろ、引っ越すにしろ、掃除も洗濯も・・・

「人」とは、誰かを支えあい、補い合うこと。
「動」とは、刺激しあうこと。

毎日、「働」くことで学ぶことは、善きも悪きも自分を磨くことなのでしょう!
何も「行動」しないと・・・何も「生まれない」。

だから・・・私は前進あるのみびっくり

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 20:40 | 二十四節気こよみ | この記事のURL | コメント(2)

京都の約束を守るために![2007年03月17日(Sat)]
京都の約束プロジェクトは、
地球温暖化を止めたい
そのための国内対策の制度をつくって欲しいという
あなたの “ お願い ” を
国会議員に届けるプロジェクトです。


クローバー「京都の約束」プロジェクトクローバー
http://kyoto-yakusoku.jp/
上記のHPをご覧になり賛同したい方は、
「お願いフォーム」に是非、サインしてください!


地球温暖化は、私たちの未来を奪うものです。

そんな地球温暖化を止めようと世界 170 カ国が温室効果ガスの削減を約束をしました。
京都議定書、この約束を守ることは、私たちの未来 を守ることです

日本も 2008 〜 2012 年の排出量を 90 年比で− 6 %にすると約束しました。
しかし、 2005 年までに 90 年比 8.1 %も増えています
これまで、個人 や企業が自主的に温室効果ガスの削減に取り組んできましたが、
このままでは十分な削減ができず、約束が守れないでしょう。

個人や企業がもっと削減できるような制度が必要です。

でも、国会では地球温暖化対策の議論が全然されていません。
それは、私たちの問題意識が国会議員まで届いていないからです

そこで、京都議定書を守れるよう制度をつくってほしいという “ お願い ” を集め、
国会議員に届けることにしました。   

主催: 京都の約束プロジェクト実行委員会

問合せ先: info@kyoto-yakusoku.jp



「反対する勢力」は、政府の中にもいますが、
社会でも経済界など大きな力をもった勢力がいます。
経団連では、このようなパンフレットもあり、明確に反対しています。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/index07.html

もちろん、賛成の意見と反対の意見があるのは、
民主主義的には健全であると思います。

しかしながら、私達の未来が脅かされる現状を
無視できないので私も署名しました!

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 23:20 | CO2削減 | この記事のURL | コメント(7)

桜色の挑戦「家を建てるお花見」[2007年03月15日(Thu)]
3月21日、「家を建てるお花見」開催決定!
桜色の挑戦「家を建てるお花見」
〜桜の下に120名集めて、バングラデッシュに家を建てよう〜


ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパンと
ソーシャル・メディア・クリエイティブ「サステナ」が
共同企画して、家を建てるチャリティお花見を開催します!

.。.:* ・°::。.::・'゜ .。.:*・° .。.:* ・°.。.:*・° .。.:* ・°

日時: 3/21(水・春分の日)14:00-16:00
場所: 代々木公園
参加費: 3500円 (お花見弁当&迎え酒つき。学生は1500円、子供無料です。)

.。.:* ・°::。.::・'゜ .。.:*・°.。.:* ・°.。.:*・° .。.:* ・°

桜の樹の下で、おいしい手作り弁当に舌鼓を打ちながら、お花見の会費でバングラデシュの人々の自立を支える健全な家を建てよう、というこころみ。

ハビタットのハウスサポータープロジェクトでは、36万円集まるとバングラデッシュで家を一軒建てられるので、目標参加人数は大人なら120名!はたして、桜の声援を受けながら、家は建てられるのか??

このお花見で集まったお金で家が建てられたら、どこにどんな家が建ってどんな家族の自立につながったか、後日メール&ウェブでお知らせします。
ハビタットの活動を紹介するミニ写真展やゲーム、特典も準備中。イベント詳細は下記のとおり。
お友達、同僚、ご近所さんお誘いあわせのうえこの桜色の挑戦にご参加いただけますよう御願いします。

桜の下で、お待ちしております。


<イベント詳細>

※参加費のうち500円は、ソフトドリンクと心ばかりのお弁当の実費にあてさせていただき、残りをハビタットのハウスサポータープロジェクトで活用させていただきます。
※当日は公園内の特定の場所の確保が難しいため、原宿門でフライヤーを持ったスタッフがお待ちしております。
※お酒類は、各自お持ち込みでよろしくお願いします。
※ゴミ削減のため、お箸とお皿をお持ち込みいただけると助かります。
※雨天中止です。
※御出欠は事前に分かればメール:info@habitatjp.org もしくはTel:03-5330-5571 Fax:03-5330-5572まで御連絡ください。当日参加も可能です。


<お問い合わせ>

○ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン 
 URL: www.habitatjp.org
 担当: 中川 fnakagawa@habitatjp.org 

○サステナ 
 URL: www.sustena.org
 担当: 日埜(ヒノ) reiko_hino@hotmail.com


ちなみに、この後、ココに行きます↓
Kurruku「容器包装使用削減について」

※私は今まだ会社で「待ち」状態。

Posted by 環☆ (waiwai改め) at 19:09 | イベント | この記事のURL | コメント(4)

| 次へ